福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

6月28日、新橋SL広場集合 エテコン・メンバーとともに東電へ直撃デモ決行 東電「地球に最も悪い」企業として 認定 



独環境団体が選定 ブラックプラネット賞
賞品は「汚れた地球儀」
海外から…「日本企業に広がる不信」

6月28日、新橋SL広場集合 エテコン・メンバーとともに東電へ直撃デモ決行
去年の11月、ベルリンで、ブラックプラネット賞の授賞式が行われたが、東電が欠席したため、主催者のエテコンのメンバー6人が、今月(6月)27日(水)の東電株主総会に合わせて来日、ブラックプラネット賞のトロフィーを東電に手渡すことになった。

翌日の6月28日(木)18時30分から、新橋駅近くを出発して、有楽町の東電へ直撃デモ行進を行う。
http://www.ethecon.org/download/ethecon_in_Japan.pdf


2011年、地球に最も迷惑をかけた企業は
世界の人々が「東京電力」と名指しした。

「東電は原発事故に対し厳正な責任を取ることもなく、
自社の損害を減らすために破局的な状況を小さく見せかけている」

ブラックプラネット賞を主催するドイツの環境団体「エテコン」は
今月20日付の声明で、こう批判した

2006年に環境や人権に貢献した人などを表彰する「ブループラネット賞」と
逆に企業利益を優先して社会を顧みない企業や人を告発する
「ブラックプラネット賞」を創設

2011年のブルー賞には
米国の人権活動家アンジェラ・デービスさんが選ばれ、
不名誉なブラック賞は日本企業で初めて東電に与えられた
これまでのブラック賞には米国の傭兵会社や、
メキシコ湾で原油流出事故を起こした英国の石油会社などが名を連ねる

【東京新聞】 こちら特報部 ニュースの追跡(中山洋子記者) 2012/6/25 より


ブラックプラネット賞の公開状
(※PDF注意)

http://ethecon.org/download/Open_letter_to_TEPCO_Japanese.pdf

http://d.hatena.ne.jp/eisberg/20120321/1332361535




関連記事
未分類の関連記事

category: 未分類

【原発】 事故直後に米が詳細な「汚染地図」を 提供 したのに、日本政府は放置、データを公表せず 



東京電力福島第一原子力発電所の事故直後の昨年3月17~19日、 米エネルギー省が米軍機で空から放射線測定(モニタリング)を行って詳細な「汚染地図」を提供したのに、 日本政府はこのデータを公表せず、住民の避難に活用していなかったことがわかった。 放射性物質が大量に放出される中、北西方向に帯状に広がる高濃度地域が一目でわかるデータが死蔵され、 大勢の住民が汚染地域を避難先や避難経路に選んだ。

政府の初動対応では、汚染の広がりを予測する緊急時迅速放射能影響予測システム (SPEEDI)の試算結果の公表遅れが問題となった。 同システムの予測値と決定的に違うのは、米エネルギー省のデータが放射能の拡散方向を示す実測値だったことだ。
米エネルギー省は原発事故直後の昨年3月17~19日、米軍機2機に、 地上の放射線量の分布を電子地図に表示する空中測定システム(AMS)と呼ばれる機材を搭載して、 福島第一原発から半径約45キロの地域の線量を計測した。

http://www.asahi.com/politics/update/0618/TKY201206170453.html
関連記事
未分類の関連記事

category: 未分類

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。