福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

「子どもの甲状腺機能に異常」報道は行き過ぎ 専門医学会が「原発と結びつける理由なし」
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

「子どもの甲状腺機能に異常」報道は行き過ぎ 専門医学会が「原発と結びつける理由なし」 



「子どもの甲状腺機能に異常」報道は行き過ぎ 
専門医学会が「原発と結びつける理由なし」
2011/10/26 19:58

「福島から避難した子どもたちの甲状腺機能に変化があった」として、
福島第1原発の影響を疑う声が相次いでいる。ところが、子どもの甲状腺
の専門医などでつくる学会が、調査データを取り寄せて分析し、


「放射線被ばくと直接結びつけて考慮すべき積極的な理由はない」
との見解を発表した。 どうしてこうなったのか。

波紋が広がっていたのは、長野県松本市のNPO法人
「日本チェルノブイリ連帯基金」
(JCF、鎌田実理事長)と信州大学医学部付属病院が行った調査。

JCFがウェブサイト上に公表している資料によると、長野県茅野市などが
2011年7月から8月にかけて、福島の子ども達290組813人を招待。
事前アンケートで頭痛や腹痛、鼻血を訴える子どもがいたことから、
73家族130人が信大病院の診察を受けた。
検査項目は問診、尿検査、血液検査。それ以外にも、
甲状腺障害も懸念されていたことから、甲状腺ホルモン検査も行った。

この結果、(1)1人の甲状腺ホルモン(遊離サイロキシン)が基準値を
下回った(2)7人の甲状腺刺激ホルモンが基準値を上回った(3)2人は、
甲状腺ホルモンの合成に必要なタンパク質「サイログロブリン」が基準値を
上回った、ことが明らかになった。

JCFでは、10月初旬になって、この結果を公表。発表では、
「原発との関係は分からない」とされたが、
JCFの鎌田実理事長(諏訪中央病院名誉院長)が報道陣に、
「色々意見はあるが、被ばくの可能性は捨てきれないと思う」などと発言し
たこともあって、各紙は「甲状腺機能に変化」などと見出しに
付けて報じた。このことから、あたかも原発が原因で甲状腺に異常が生じ
たかのような不安が広がっていた。

「一般的な小児の検査値でもときにみられる範囲」

だが、甲状腺の病気を専門とする医師でつくる日本小児内分泌学会は、
10月11日になって、この報道内容に反論する声明を発表した。
学会では、信州大学から検査の実際のデータを受け取って検討。
その結果、今回の検査結果で基準値から外れた幅は、いずれもわずかな
ものであり、

「一般的な小児の検査値でもときにみられる範囲」
「これらの検査結果を放射線被ばくと結びつけて考慮すべき積極的な理由
はない」

と結論づけている。個別に見ていくと、甲状腺ホルモンについては
(1)基準範囲をわずかに下回っているに過ぎない
(2)甲状腺刺激ホルモンには異常
がないことから、「臨床的に問題すべき(基準値からの)逸脱として扱うこと
は適切でない」と判断。
甲状腺刺激ホルモンについては、甲状腺に病気を持たない子どもにも見ら
れる程度の逸脱なので「再検査し、他の検査とも合わせて総合的に判断」
すべきだとした。サイログロブリンについては、基準値から外れた数値が出
た2人は、甲状腺ホルモンと甲状腺刺激ホルモンについては基準値に収
まっていることから、「甲状腺機能異常とは言えない」と判断。
その上で、「時間をあけて再検査するなどをしないと病的なものかどうかの
判断はできない」とした。

「お母さん達が、パニックに陥っていると聞き、心を痛めています」
また、総論として、仮に被ばく後数ヶ月で甲状腺の病気が発症したとすれ
ば、相当量の放射性ヨウ素の被ばくが起きていることになる。
だが、これまでに行われた高放射線量の被ばくが疑われる子どもに対す
る調査でも、ひとりも甲状腺機能に変化を起こすような高線量の被ばくは
確認されていない。このことから、

「今回の場合は、検査値のわずかな逸脱と放射線被ばくとを結びつけて
考慮すべき積極的な理由は、ないものと考えます」と結論づけている。

調査を行ったJCFでも、10月13日に、
「一部のマスコミで、あたかも甲状腺機能異常があったかのような報道が
ありました。それによって、福島のお母さん達が、パニックに陥っていると
聞き、心を痛めています」

との見解をウェブサイトに発表。前出の日本小児内分泌学会の声明文に
もリンクを張っている。その上で、

「いつ健診を受けられるかもわからず不安を募らせているお母さん達の
気持ちに添いたいと思っています。
今回は、夏休み保養に来た子ども達が対象でしたが、より多くの子ども達
が地元でより早い時期に健診を受けられようにしていきたいと検討していま
す」と、今検診の範囲を広げていきたい考えだ。




関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/96-a46cec92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。