福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

マルクール爆発事故の死亡者は被曝していた、政府はデータ出さず
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

マルクール爆発事故の死亡者は被曝していた、政府はデータ出さず 



マルクール爆発事故の死亡者は被曝していた、政府はデータ出さず

http://houseoffoust.com/group/?p=3229 http://www.publico.es/ciencias/396936/paris-tapa-el-origen-radiactivo-del-accidente-de-marcoule

http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=353

twitterから得た情報です。
①マルクールの炉の放射線量はEDFの子会社が当初発表していたものの
500倍であったと仏原子力安全機関(ASN)が発表。
ASNによると事故当時、溶融炉には63キロBqではなく約30メガBqの金属約
4トンがあった。
②死体からは約100Bq/kgという微量の放射能が検出。
マルクールの爆発は、放射能の値が低いため、INESのレベル1と評価され
た。
4名の負傷者からは放射能は検出されなかったとASNは言う。
2010年、ASNはレベル1の事故140件を調査した。
補足:マルクールの炉の放射線量というのは「炉内」のことです。


http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=353
マルクール爆発事故の死亡者は被曝していた、政府はデータ出さず

プブリコ誌(スペインのニュースサイト、元記事②は写真つき)は、マルクー
ル核複合施設爆発事故の詳細を明らかにした。事故で死亡した作業員はか
なり強い被曝を受けており、家族は遺体に近づくことさえ許されなかった。
解剖も行われず、遺体は放射能を遮断する棺に密閉されて、葬儀場に運ば
れた。

現場に48時間置かれていた遺体には、放射性の砲弾が食い込んでいた。
この遺体を収容するために、政府のNRBCチーム(核-放射能-化学-細菌武
器の処理部隊のよう)が召集されたが、チームは遺体の解剖を省略すること
を求めている。

消防団員は、1300℃の砲弾を浴び、全身の85%以上のやけどを負ったも
う一人の作業員の救出に成功し、軍の病院に搬送した。
この作業員は初め民間病院に担ぎ込まれたが、後に軍の病院に移されたこ
とから、さまざまな憶測を呼んでいる。
 EDF(フランス電力公社、日本でいえばTEPCO)とフランス政府は事故によ
る放射能もれはなかったと主張し、クリラッド(CRIIRAD、放射能に関する調
査と情報提供を行う仏の環境NGO)もこの仮定を支持している。
 
政府は、(事故が起きた時)処理していた廃棄物はどの企業のものだったの
かについて公表を拒んでいる。処理対象物を特定する手がかりになるため、
フィルターやセンサーのデータ公表も拒否している。また、この事故の前に
焼却施設でも事故がおきているが、その問題を含め、作業員の安全問題、

また(現施設を)廃止のためにはより大規模な施設が必要だという発言の意
味など、さまざまな問題がある。(2011年9月23日)①

 ・・・ん? マルクールでは核兵器を処理していたの?
遺族が近づけないほど高濃度の放射能を浴びていたとしたら、この施設は
単なる「低レベル放射性廃棄物の溶融炉」などではありえません。
記事に使われている”sharpnel”(榴散弾)という用語は、何かしら「放射性
物質を装てんした弾頭」を意味します。

武器弾薬の類は、老朽化すると「処理」(破壊、焼却、溶融)しなければなり
ません。そのため、武器・戦争大国のアメリカなどでは、その処理をめぐりよ
く激しい反対運動が起き、軍を悩ませています。
日本人は、核兵器といえば、せいぜい原爆とか劣化ウラン弾くらいしか思い
浮かびませんが、実は核兵器は大から小までそのラインアップは大変なも
ので、世界には処理を待っている核兵器は相当多いはずです。
原発を作る、というのは、核兵器の生産と処理とも無関係ではありません。
「原子力の平和利用」なんてうそっぱちだって。2011.10.4
関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/87-6a5cf94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。