福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

海の汚染が思ってた以上に酷い
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

海の汚染が思ってた以上に酷い 



ASRによる海洋汚染のシミュレーション

3月23日
3-23.gif
3月30日
3-30.gif
4月13日
4-13.gif
4月28日
4-281.gif
5月18日
5-18.gif
6月18日
6-181.gif
7月18日
7-18.gif


6a6b90c2-s.jpg


マーシャル諸島(ビキニ水爆実験)
魚は食べれないんじゃなくて、そもそも取れなくなるかも?

4月30日までに1万5000兆ベクレル垂れ流し

東電が海に流した放射性物質が史上最悪汚染事故の約5倍
「日本人の平和ボケレベルはかなり高い」
史上最悪の汚染事故の5倍! 
海水なんと4700兆ベクレルの汚染


実はそのさらに3倍 
1万5000兆ベクレルが海に流出 東電発表(4700兆ベクレル)の約3倍




サンマ漁、福島第一100キロ海域を操業禁止 全さんま

全国さんま棒受網漁業協同組合(全さんま)は7日の理事会で、
操業自粛としていた 福島第一原発から半径100キロの海域を操業禁止にする、と決めた。
現在のサンマ漁は北海道東部が中心だが、群れが南下し、今月中旬にはこの海域に入る。
同組合は「水揚げされるサンマの安全性をより高めるため」としている。
さらに、同原発から100キロ以上離れている福島東方沖や、200キロ離れた銚子沖でも、
今月中旬から11月上旬にかけ、捕獲されたサンマの放射性物質を検査し、
結果が出るまで 操業を自粛することも決めた。 全さんまなどによると、
サンマの群れの南端が今月、岩手県宮古沖約90キロの海域に到達し、
三陸の一部漁業関係者から、安全性が確認され次第、
自粛範囲を縮小するよう求める声が出ていた。
一方で、風評被害を恐れる北海道東部の水産加工業者らは逆に規制強化を求めており、
「北海道サンマ産地流通協議会」は6日、同原発から100キロの宮城県金華山より
南の海域でとれたサンマの水揚げを拒否するよう道東部の市場に要望していた。
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201110070532.html

被災地のサンマ業者反発「新たな風評被害になりかねない」

北海道サンマ産地流通協議会は6日、道東地方の漁協などに対し、
宮城県・金華山以南での操業禁止と、対象海域で捕獲された
サンマの水揚げを拒否するよう求める要望書を提出することを明らかにした。
被災地の同業者などからは「新たな風評被害になりかねない」などと
反発や困惑の声が上がっている。 同協議会は、北海道東部の加工業者約130社で構成。
要望書は、根室、浜中、厚岸、釧路にある五つの市場を開設する漁協などに提出する。

全国さんま棒受網漁業協同組合(全さんま、東京都)は8月、東京電力
福島第一原子力発電所から 半径100キロの海域を操業自粛区域に設定しており、
同協議会が要望した操業禁止海域は、この海域も含んでいる。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111007-OYT1T00318.htm?from=main6




海江田が海水注入を指示していた
原発注水、海江田経産相が東電に指示していた

枝野官房長官は31日午前の衆院東日本大震災復興特別委員会で、
東京電力福島第一原子力発電所事故に関し、海江田経済産業相が
3月12日午後6時ごろ、東電に対し「準備が出来次第、海水注入をするよう
に」と指示していた事を明らかにした。

自民党の中川秀直氏の質問に答えた。

政府はこれまで、同日午後6時の段階では「海水注入の検討」を指示した
に過ぎず、注水指示は午後7時55分だったと説明していた。
枝野氏は「6時前くらいにまずは経産相が口頭で法令に基づく指示をした。
首相の下、あるいは経産相の所で、東電に対し(海水注入の)意思は明確
に出された」と述べた。

ただ、実際には注水は午後7時4分から始められ、その後も同原発の吉田
昌郎所長の判断で継続していた。
(2011年5月31日11時44分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110531-OYT1T00453.htm

15:21 注入準備faxが内閣官房に届けられた
武藤 「そのとおり」
中川 3.12 18:05 国から海水注入に関する指示をうけた (東電発表)

東電のテレビ会議システムの時系列記録で確認
小森副?? 18:05 国からの指示(海水)

東電「法令にもとづく注入実行指示をうけた」
5.21 18時頃 海水注入の準備をすすめるよう 指示
5.22 18時頃 海水注入の準備をすすめるよう 指示

海江田 指示文書の準備をするよう
武藤「18:05の指示 経産大臣 法令に基づき海水を注入せよ、と受け
取った。後日文書で受け取った。提出可能」
中川「3.12 18時の段階で再臨界を検討してること自体がズレている」
中川「3.12 18時の段階では再臨界を懸念する時期は過ぎていたので
は?総理は聞く耳を持っていたのか?」

班目「ハルカ前の時点で海水注入しかないとは言い続けていた。
18時の会議で再臨界の話をしていたか --- ラジオはニュースで中断 
---再臨界についての話があったか記憶にない、記録が残ってない」

武藤「再臨界の可能性は淡水→海水の段階ではなかった、真水を入れる
時には少しは検討した」
中川「保安員、何故記録がないのか」
寺坂「口頭連絡なので東電側には記録が残っているが、こちらにはない」

中川「東電の記録は?」
武藤「海水注入開始の連絡は 派遣者→その場の保安員 派遣者のノート
に記録がある」
中川「19:25、官邸の状況--首相から了解が得られてないので一旦中止
することにしたこの東電関係者って誰?武黒さん?」

武藤「武黒で間違いない。首相の技術的アドバイザーと認識。
オフサイトセンターのテレビ会議で見ていた。当時は海水注入の判断まで
も首相がすると言う感じになっていた」
中川「東電と政府の正式ルートは別、武黒さんは非正式ルートでしょ?
なんで混乱させたの?」

枝野「ホームページでの記載まで把握してないから」
枝野「東電に対して準備でき次第海水注入しろというメモは残ってるし、
そういう話だ」 
え?誤作成のメモだったていってなかったか?

枝野「東電海水注入を躊躇、というシナリオをつくったことはない」
枝野「ベントを指示したのにしなかったから海水注入はさっさと」
菅「とにかく冷却をしなければならない、しかし本来の機能が失われている
注入を止めていいと言う考えになったことは一貫して、ない」

菅「18時頃の議論は武黒さんら東電側が「準備に1時間半くらいかかる」
と海水の塩分の影響も考慮しなくてはメルトダウンのことは当時の認識で
はないので水素爆発、水蒸気爆発、再臨界の可能性、あらゆることを検討
するのは当然」

中川「メルトダウンの可能性を認識していたにもかかわらず、なかったことと
して対処していたのはなぜ?」

枝野「一方的にメルトダウンを隠していたように言うのは心外当時の新聞な
どでも会見を炉心溶融の可能性として報道してくれている」
菅「メルトダウンを隠すなどあり得ない、地方選挙絡みで伏せたなどない。
総理として発言する場合は確定してない事象に基づいて話すことはできな
い」

菅「最悪に備えて対策は打っていた。何よりも冷却が大事」
中川「国家財政破綻のリスクも、環境汚染のリスクも防げない足るを知るべ
きは総理、あなただ」

中川「薬害エイズで情報公開を、もんじゅ事故で説明責任を 共に頑張った
あなたと私なのに、あのころのあなたはどこへいったのか
ガレキの処理に国のお金が降りてないから、みんな自腹を切ってる。
総理は交代すべきだ」

菅「いまやらなければならない、という責任を放棄することはできない。
次の段階まできちんとつなぐことがわたしの役割、義務」
中川「あなたが止めた方がスムース」
西村「甘い見通しが対応ごてごての原因では?被災者再建支援、お金の
支給状況は?」

松本「24,000件中、いちまんなんぜん人」
西村「総理、避難民の数に対してこの申請数、どう思う?」
菅「順次支給開始してるから、急がせる」

関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/86-02c7b6a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

10月12日 北大・小城教授「放射性物質は海の生態系に絶望的な影響を与える」原発事故による海洋汚染・・・

10月12日 北大・小城教授「放射性物質は海の生態系に絶望的な影響を与える」原発事故による海洋汚染・・・

ぼちぼちいこか。。。

2011/10/13 09:37

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。