福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

放射線と人体への影響
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

放射線と人体への影響 



放射線と人体への影響まとめ

編集中( ・ω・)

 
主要な線量の比較
1mSv /year 国際放射線防護委員会が勧告する限度
(自然放射線、医療放射線を除く)
1.4 mSv /year自然界から受ける放射線量の日本平均
2.4 mSv /year自然界から受ける放射線量の世界平均
(1988年国連科学委員会報告)

6.9 mSv 1回の胸部CTスキャンで浴びる量
10-50 mSv 一回で浴びたとき
50-100 mSv 持続して浴びたときリスクの増加が統計的に検知できる
下限
100 mSv 国立がん研究センターの発表[5]で発ガンリスク0とされる
線量
200 mSv 短期間に浴びると一部の人にがんが発生する可能性があると
される値
260 mSv /year自然放射線量が多いとされるイラン・ラムサール地域の
線量最高値
(平均値は 10 mSv / year)1Sv血液・骨髄障害などが確実にでてく



100 mSv 以下の被曝は、健康に影響があるか科学的に示すことは難しい

持続的に 50-100 mSv 浴びるとリスクが増えるという研究がある
   100 mSv 以下の被曝に対する発ガンリスクは推定値
   100 mSv の被曝に比較すると、他のリスク
(受動喫煙や過度の飲酒)はずっと大きい
年間 1 mSv という国際基準は被曝量をできる限り減らすための指針で、
これを超えたら健康に影響があるという指針ではない

線量限度

(知恵蔵2011の要約)
個人が受ける放射線量をできるだけ抑えるために設定された値をいいま
す。
国際放射線防護委員会(ICRP)が、主として広島、長崎の原爆被爆者の
データを解析して勧告の形で発表している値は、一般人について
年間1mSv(ミリシーベルト)、放射線作業従事者には5年間の年平均
で20mSv(ただしどの年も50mSvを超えない)です。

ただし自然界から普通にうける放射線、レントゲン等の医療放射線は除外
します。
これは「合理的に達成できる限り(被曝の量を)制限する」という方針に
基づいて決められた値です。(知恵蔵ここまで) 

原爆被爆者データでも100mSvは健康被害が無い

原爆被爆者の健康調査では100mSv以下の被曝では発ガンリスク
が 0 (どの程度増えるのか、科学的に見積もれない)とされています。
放射線は一度に浴びるほうが影響がおおきいため、年間100mSv
という基準は余裕をもたせた見積もりです。

年間1mSvという基準は、80年間1mSvずつ被曝しても100mSvに満たない
値として設定されています。この値は実際には世界の各所で自然にあび
る放射線の相違よりも小さい値になります。

1mSvという線量の根拠など、詳しくは国際放射線防護委員会(ICRP)
の勧告をご覧ください。

ただし、最近の研究をみると、一回に浴びる量として10-50mSv,
持続的に50-100mSvを浴びていると少ないですがリスク上昇が認め
られます。
浴びないに越したことはないでしょう。

低いシーベルト数における発ガンリスクの計算法
4月12日の新聞各誌における報道では、20mSvを浴びるとがんになる
リスクが 0.1% 程度上昇とあります。
このリスクは、1Sv被曝した場合のガン発症率が5%上昇という統計データ
から、リスクを原点を通る直線と仮定して導き出した値です。

実際には、統計処理で1%のリスクを正確に見積もることは困難です。
被曝者のデータはそう多くなく、生活スタイル等、他の要因で発ガン率は
簡単に変わりうるからです。
年間20mSvに達する地域で避難勧告が出ましたが、これはその値だけを
もとに避難するわけではなく、身のまわりのあらゆるところに放射線が
遍在する状況の指針として出されている値と考えるべきでしょう。


主要な線量の比較
1 mSv / year 国際放射線防護委員会が勧告する限度
(自然放射線、医療放射線を除く)
1.4 mSv / year 自然界から受ける放射線量の日本平均
2.4 mSv / year 自然界から受ける放射線量の世界平均
(1988年国連科学委員会報告)

6.9 mSv 1回の胸部CTスキャンで浴びる量
10-50 mSv 一回で浴びたとき
50-100 mSv 持続して浴びたときリスクの増加が統計的に検知できる
下限
100 mSv 国立がん研究センターの発表[5]で発ガンリスク0とされる
線量

200 mSv 短期間に浴びると一部の人にがんが発生する可能性がある
とされる値

260 mSv / year 自然放射線量が多いとされるイラン・ラムサール地
域の線量最高値

(ただしウェブサイト[7]に記載された平均値は 10 mSv / year)
1 Sv 血液・骨髄障害などが確実にでてくる

学校活動基準年間 20 mSv は妥当か?

上記のように健康被害が見出されていない現在、年間20mSvという量が
高いか低いかという議論に科学的に十分な裏づけはできません。
データが無いため、妥当性を議論できないという状態です。

汚染地域における校庭では、毎時1µSv程度の放射線は普通に観測
されているようです。

これが年間どれくらいの量になるか考えてみましょう。
部活動に専念し、校庭にいる時間数を毎週40時間と計算します。
(建物内にいる場合、放射線の影響はありません。)
すると1年間で 2 mSv になります。

1 × 40 × 52 = 2080 µSv = 2.08 mSv

この値は、自然界から受ける放射線量の世界平均 (2.4 mSv)
より少し低い程度です。日本は世界平均より低い年間 1.4mSv程度で
すが、「校庭で毎時1µSv」を大雑把に言うと
(これまでの自然放射線量にプラスして)
自然界から受ける放射線量の世界平均値をさらに浴びる程度です。

この量から考えると、校庭で毎時3~4µSv程度までは仕方ないと思え
てきます。
例えばこれまでの新聞報道で、1回の胸部CTスキャンで浴びる量は
6.9mSvとされていました。
原発事故の後なので、通常生活を送るために1年間に胸部CTスキャンを
1回受ける程度は仕方ないという考え方です。


考えの目安
毎時 3~4 マイクロシーベルト ... 毎週40時間を1年間
(2000時間) いると、CTスキャン一回分
毎時 10 マイクロシーベルト ... 毎週40時間を1年間 (2000時間)
いると

学校活動基準年間 20 ミリシーベルト

20mSvという値は世の中では大きく反発されているようですが、
不適切な値では無いと思います。ただ基準値自体はあくまで基準にすぎ
ませんし、重要なのは基準を超えた場合の対処についての建設的な議論
でしょう。
登校停止を望むのか、体育や部活動禁止を基準値以下になるまで続ける
のか、各学校において合意形成をしておかなくてはなりません。

例えば、来年度以降20mSvから10,5と段階的に下げていくのも良い方法
ではないでしょうか。

放射線と妊娠、胎児、子供について

主に医療放射線を主眼としたICRPの勧告があります。
その情報、子供におけるセシウム蓄積量などをまとめたページを参考にし
てください。

チェルノブイリ事故における基準

チェルノブイリ事故がおきた1986年にロシアの保健省がとった線量制限は

初年度(26 April 1986–26 April 1987)100mSv
1987年 30mSv
1988, 1999年 25mSv

というものです。
また1990年1月までの総放射線量が173mSvを超えないことも決められ
ました。

主要な線量の比較

1mSv/year国際放射線防護委員会が勧告する限度
(自然放射線、医療放射線を除く)

1.4 mSv/year自然界から受ける放射線量の日本平均
2.4 mSv /year 自然界から受ける放射線量の世界平均
(1988年国連科学委員会報告)

6.9 mSv 1回の胸部CTスキャンで浴びる量
10-50 mSv 一回で浴びたとき
50-100 mSv 持続して浴びたときリスクの増加が統計的に検知できる
下限
100 mSv 国立がん研究センターの発表[5]で発ガンリスク0とされる
線量

200 mSv 短期間に浴びると一部の人にがんが発生する可能性があると
される値
260 mSv / year 自然放射線量が多いとされるイラン・ラムサール地域の線量最高値
(ただしウェブサイトに記載された平均値は 10 mSv / year)
1 Sv 血液・骨髄障害などが確実にでてくる


学校活動基準年間 20 mSv は妥当か?

上記のように健康被害が見出されていない現在、年間20mSvという量が
高いか低いかという議論に科学的に十分な裏づけはできません。
データが無いため、妥当性を議論できないという状態です。

汚染地域における校庭では、毎時1µSv程度の放射線は普通に観測され
ているようです。
これが年間どれくらいの量になるか考えてみましょう。
部活動に専念し、校庭にいる時間数を毎週40時間と計算します。
(建物内にいる場合、放射線の影響はありません。)すると1年間で
2mSvになります。

1 × 40 × 52 = 2080 µSv = 2.08 mSv

この値は、自然界から受ける放射線量の世界平均(2.4 mSv)
より少し低い程度です。
日本は世界平均より低い年間1.4mSv程度ですが、「校庭で毎時1µSv」を
大雑把に言うと(これまでの自然放射線量にプラスして)自然界から受け
る放射線量の世界平均値をさらに浴びる程度です。

この量から考えると、校庭で毎時 3~4µSv程度までは仕方ないと思え
てきます。
例えばこれまでの新聞報道で、1回の胸部CTスキャンで浴びる量は
6.9 mSvとされていました。
原発事故の後なので、通常生活を送るために1年間に胸部CTスキャンを
1回受ける程度は仕方ないという考え方です。

考えの目安

毎時 3~4 マイクロシーベルト ... 毎週40時間を1年間
(2000時間) いると、CTスキャン一回分

毎時 10 マイクロシーベルト ... 毎週40時間を1年間
(2000時間) いると、学校活動基準年間 20 ミリシーベルト

チェルノブイリ事故における基準

チェルノブイリ事故がおきた1986年にロシアの保健省がとった線量制限


初年度(26 April 1986–26 April 1987) 100 mSv
1987年 30 mSv
1988, 1999年 25 mSv

というものです。
また1990年1月までの総放射線量が173mSvを超えないことも決められ
ました。



関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/84-ed88a43a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。