福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

「伝えられないチェルノブイリ、フクシマ、ドイツの放射能汚染の現実」
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

「伝えられないチェルノブイリ、フクシマ、ドイツの放射能汚染の現実」 



日 時:2011年10月2日(日) 16:00~18:00
「伝えられないチェルノブイリ、フクシマ、ドイツの放射能汚染の現実」

【講師】
○セバスチャン・プフルークバイル博士(Dr. Sebastian Pflugbeil)
 (物理学者、ドイツ放射線防護協会・会長)
○オイゲン・アイヒホルン教授(Prof. Eugen Eichhorn)
 (数学者、日独平和フォーラム会長)

2011年10月2日、
ドイツの放射線防護協会会長のセバスチャン・プフルークバイル博士と、
独日平和フォーラム会長のオイゲン・アイヒホルン教授をお招きして、
「伝えられないチェルノブイリ、フクシマ、ドイツの放射能汚染の現実」
と題した講演会を湯布院で開催しました。


<講師 プロフィール詳細>
セバスチアン・プフルークバイル博士(Dr. Sebastian Pflugbeil)
(物理学者・放射線防護協会会長)
物理学博士。1947年生まれ。ドイツ放射線防護協会会長。ボンにある
オット・フーク放射線研究所会員、欧州放射線リスク委員会(ECRR)
理事。1989年以前、旧東ドイツの学術アカデミーで医療関係物理学を仕
事分野に。
1989年以後、ドイツ統一の過程の中、暫定政府であった「円卓会議」で
大臣として入閣。
統一直後、ベルリン市議会議員となる。チェルノブイリ事故の諸結果につ
いての専門家。数年間にわたり現場調査。大部分において恥知らずの
公式報告の再検査。
放射線防護協会(GfS)会長。放射線防護協会は、社会批判に徹した独
立した協会として1986年末以来「放射線テレックス」
(Strahlen-Telex)を出版し、(今年4月の25周年のものを含めて)
数回のチェルノビリ会議を企画運営し、原子力発電所の周辺における子
どもの癌発病率の増加を集中的に調査してきた。ウクライナやベラルー
シ、ロシアなどの批判的科学者と長年の協力。
社会民主党・緑の党の連立政権に委託された、原子力発電所周辺にお
ける子どもの癌発病率増加についての研究調査(KiKK調査)における独
立した専門家。

オイゲン・アイヒホルン教授(Prof. Eugen Eichhorn)
(数学者、日独平和フォーラム会長)
学歴:1980 年代までソフトウェア・エンジニア、その後、当時のベルリン
工科専門大学(TFHBerlin)(現在、Beuth Hochschule für
Technik Berlin、略:BHT)でエンジニアや数学者の数学的基礎教育
の教授。数学・物理学・化学学部の学部長として(1997 年~2005 年)
「ボロニャ・プロセス」に携わる。2010年定年退職。


http://www.crms-jpn.com/doc/%E3%82%BB%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E8%A3%8F.pdf

<講演にあたっての2人の講師からのメッセージ>
私たちは、普通の市民の集まりの中で専門知識なしに自ら
の立場を見つける方法、チェルノブイリ事故以来考えてき
たことについて以下の視点からお話したい。

・専門家を信じるな。
・専門家に誰が資金を与えるのか。
・すぐに問題をすり替える専門家の立場は何か、
 彼らは新しい科学研究の結果を受け入れる用意があるのか、
 それとも古い見識を守るために戦うのか。
・前例になる事件のとき、彼らはどんな立場をとったか
 (例えば、チェルノブイリ原発事故)

セバスチャン・プフルークバイル博士(Dr. Sebastian Pflugbeil)
の今回の講演用パワーポイント資料
(「放射能の専門家」と呼ばれる人たちが、いかに事実をねじ曲げ、
放射能の危険性を軽視し、原発を容認する世論操作に協力してきたの
か、このPPT資料を使って博士は講演しました。湯布院では時間不足で
説明できなかった映像資料も含みます)

あらかじめ計算された放射線による死:EUと日本の食品放射能汚染制限
値フードウォッチ・レポート
(PDF)、
トーマス・デルゼー、セバスチャン・プフルークバイル(ドイツ放射線防護
協会)編IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部との共同作成 
2011年



「真実を知らない者は愚か者でしかない。だが、真実を知っているにもか
かわらず、それを嘘という奴、そういう奴は犯罪者だ」

ベルトルト・ビレヒト: ガリレイの生涯、第13幕
ブレヒト、1938/39年に亡命地デンマークで同劇を執筆
新聞各紙はドイツ人物理学者によるウラン原子の核分裂について報じた。










関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/80-31dfc341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。