福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

「脱原発運動巻き起こす」 生協が差し止め訴訟へ
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

「脱原発運動巻き起こす」 生協が差し止め訴訟へ 



ゆらめく原子の火:50年目の岐路/7 「脱原発運動巻き起こす」 生協が差し止め訴訟へ /茨城

「福島の事故は私たちにいろんなことを教えてくれた。私たちは東海第2原発中止の裁判にも臨みたい」。
昨年10月20日、東京電力福島第1原子力発電所から約60キロ離れた福島県郡山市立富田西地域公民
館。妊娠中や乳児を抱いた母親たちを前に、常総生協(本部・守谷市)の村井和美理事長があいさつした。

母親たちは、郡山の生協「あいコープふくしま」の組合員。原発事故の環境汚染の不安を抱きながらも郡山に
とどまって産み、育てる覚悟をした。常総生協は連帯の気持ちで、隣県のつくば市の綿畑から採れた綿花で
作った、ふかふかの子供布団20組を届けた。つくばの綿花栽培団体と共同の贈り物だった。
組合員約7000人を擁する常総生協は昨年6月、「原発は生命や自然、食の安全とは共存できない」として全
原発の廃炉を求める「脱原発」を決議。日本原子力発電(原電)を相手取り、東海第2原発の再稼働差し止め
訴訟を起こすことを同9月の理事会で決定した。同原発の定期検査が当初予定の同11月から今年8月に延
びたのに合わせ、提訴時期も3月に延ばした。大石光伸副理事長は「原告団を幅広く募って脱原発運動を巻
き起こす」と狙いを明かす。

訴状の文案を現在検討しており、前段で東海第2原発について「安全に運転する資格と能力が証明されてい
ない」とする方向だ。更に、同原発で炉心損傷などの過酷事故が起きた場合、(1)被ばくの危険性について住
民は合意していない(2)水戸を含む30キロ圏内の全住民が数時間で避難するのは非現実的--などの点
を論証する。

常総生協が、東海第2原発の再稼働差し止め訴訟に向けた準備と共に、力を入れているのが、組合員向けの
食品の放射能測定だ。
生産者から仕入れた食品を自前の放射能測定器で検査し、組合員向けの商品カタログに1キロあたり濃度
(ベクレル)を明示。通常の検出限界の30ベクレル未満になると、時間をかけて限界値を下げたり外注したり
する。
日本有機農業研究会副理事長の農家、魚住道郎さん(61)=石岡市嘉良寿理(からすり)=は、苗を育てる
温床や堆肥(たいひ)作りに、里山から集めた落ち葉を活用してきた。
「地力を高めて安全な作物を作ってきた」との自負がある。ところが、落ち葉や土壌を生協の測定器で測ると、
放射性セシウムの数値が出た。

魚住さんは落ち葉を懸命に土壌にすき込んだうえで解析。土壌内の細菌の働きで有機物が分解されて生成さ
れる「腐植」と呼ばれる物質にセシウムが吸収されるなどして、セシウムの作物への移行も大幅に低減される
との論考をまとめた。更に精密な測定を行って実証する予定だ。「作物に吸わせない努力を怠らずに、母なる
大地の力で生産したい」と、常総生協の取り組みに連動する。【安味伸一】=つづく


毎日新聞 2012年1月9日 地方版
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20120109ddlk08040048000c.html

関連記事
スポンサーサイト
汚染の関連記事

category: 汚染

thread: 放射能ニュース - janre: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/475-51dafb9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。