福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

柏崎刈羽原発 運転差し止め提訴へ
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

柏崎刈羽原発 運転差し止め提訴へ 



柏崎刈羽原発 運転差し止め提訴へ

県内弁護士が準備3月に原告募る説明会

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、県内の弁護士約20人が東電を相手取り、柏崎刈羽原発の
運転差し止めを求める訴訟を新潟地裁に起こす準備を進めていることが8日、わかった。
同原発は2007年の中越沖地震で被災し2~4号機は停止したままで、1、7号機は定期検査中。今月25日に
は5号機が、3月には6号機が定期検査に入る予定で、全7基が停止する3月をめどに提訴する。

全国各地で起きている原発の運転差し止めなどを求める動きを受けたもので、3月3日に原告を募る住民説明
会を新潟市内で開く予定。周辺住民のほか、福島県からの避難者や、同原発から半径100キロ圏に住む長野
県民にも原告に加わってほしいとしている。

中心メンバーの和田光弘弁護士は8日、読売新聞の取材に対し、昨年末にまとめられた福島第一原発の事故
調査・検証委員会の中間報告書で東電の対応の不手際が明らかになったとして、
「東電には原発の管理運営能力がないと言わざるを得ない」
と指摘。「全7基が停止しても東電管内の電力をまかなえ、
原発に頼る必要がない」と話した。


同原発を巡っては1979年、1号機の原子炉設置が許可されたことを不服とした周辺住民らが、国を相手取
り、設置許可の取り消しを求めて提訴した。1審、2審とも「国の安全審査に不合理な点はない」として原告側の
請求を棄却。最高裁が09年、上告を棄却して原告の敗訴が確定した。
原告として訴訟に参加した武本和幸・元刈羽村議(62)は取材に対し、「前回の相手は国だが、今回は福島で
事故を起こした東電が相手だから結果は違うはずだ」と話した。

原発を巡る訴訟では、昨年7月に弁護士らが中部電力浜岡原発の廃炉などを求めて提訴したほか、翌8月に
滋賀県で住民らが関西電力美浜原発などの再稼働差し止めを求める仮処分を申し立てた。
さらに昨年12月、佐賀県では九州電力玄海原発、愛媛県では四国電力伊方原発の運転差し止めを求める訴
訟がそれぞれ起こされている。


(2012年1月9日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20120109-OYT8T00086.htm

関連記事
スポンサーサイト
ニュースの関連記事

category: ニュース

thread: 放射能ニュース - janre: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/471-ee68b63e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。