福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

文部科学省 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)を活用した試算結果
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

文部科学省 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)を活用した試算結果 



(財)原子力安全技術センター

SPEEDIとは?

※SPEEDI:System for Prediction of Environmental Emergency Dose Informationの頭文字です。

緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI:スピーディ※)は、原子力発電所などから大量
の放射性物質が放出されたり、そのおそれがあるという緊急事態に、周辺環境における放射性物質の大気
中濃度および被ばく線量など環境への影響を、放出源情報、気象条件および地形データを基に迅速に予測
するシステムで文部科学省によって運用されているものです。

※「SPEEDI」の運用は、文部科学省により原子力安全委員会事務局の執務室に派遣された
(財)原子力安全技術センターのオペレーターによって行われていた

このSPEEDIは、関係府省と関係道府県、オフサイトセンターおよび日本気象協会とが、原子力安全技術
センターに設置された中央情報処理計算機を中心にネットワークで結ばれていて、関係道府県からの気象
観測点データとモニタリングポストからの放射線データ、および日本気象協会からのGPVデータ、アメダス
データを常時収集し、緊急時に備えています。

万一、原子力発電所などで事故が発生した場合、収集したデータおよび通報された放出源情報を基に、
風速場、放射性物質の大気中濃度および被ばく線量などの予測計算を行います。
これらの結果は、ネットワークを介して文部科学省、経済産業省、原子力安全委員会、関係道府県および
オフサイトセンターに迅速に提供され、防災対策を講じるための重要な情報として活用されます。

speedi_nsystem.jpg




衆議院議員 河野太郎氏の公式サイトより転載

SPEEDI、公開できませんっ!?
2011年03月23日 14:03|影の行政刷新・公務員制度改革担当相
緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)というシステムがある。緊急事態が発生した
際に、気象観測情報、アメダス情報と放出核種、放出量等の情報を入れることにより、六時間先までの希ガ
スによる外部被曝線量や甲状腺等価線量などをシミュレーションすることができる。

事故発生後から、この情報の開示を自民党の対策本部として政府に求めてきたが、全く開示されない。
その一方で、ある海外メディアからSPEEDIによる計算結果の二次元表示を見せられて
(つまりリークか?)、なぜ、これが公表されないのかという質問を浴びる。

それが本物かどうかもわからないため、昨日22日は答えられず。
23日朝9時から、官邸、文科省、原子力安全委員会にそれぞれ電話するも、三者ともそれぞれ自分に公開
する権限はないと力説するだけ。

このシステムを持っているはずの文部科学省に、「原発の緊急事態のSPEEDIに関する情報の担当部署を
お願いします」と電話すると、「原発に関する情報はスピーディにお出しするようにしています」。
思わず、頭に上っていた血が降りてきた!

十数分後に事務次官室に電話が回され、何度目かの「SPEEDIの担当部署をお願いします。」
「少々お待ちください」と言われ、待たされていると、スピーディってどこの部署と電話の向こうで騒いでいる。
ようやく回されると、「3日前から原子力安全委員会に移りました。」

その原子力安全委員会も官邸も誰が開示できるのかまるで把握していない。
あげくのはてに、「事故で情報が取れないので正しい数値を入力できず、どれだけ意味のある情報になって
いるか」。本来、事故のための「迅速」影響予測システムのはずなのに。

その一方で、アメリカの大手新聞の取材に「東京電力はよくやっている。日本の原子力は本当に安全だ」と
能天気な受け答えをしている与党議員がいる。それで、また海外メディアの不信感が高まっている。
どっちが与党だ!?





文部科学省 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)を活用した試算結果


3月12日午前6時から3月24日午前0時までの積算線量
3月12日午前6時から4月6日午前0時までの積算線量
3月12日午前6時から4月24日午前0時までの積算線量

(1)SPEEDIによる積算線量の試算結果
(※「SPEEDI」の運用は、文部科学省により原子力安全委員会事務局の執務室に派遣された
(財)原子力安全技術センターのオペレーターによって行われていた。)

今回の事故では、原子炉施設における測定によって放出源情報を得ることができないことから、SPEEDIを
用いて発電所周辺の放射性物質の濃度や空間線量率の値を計算することができない状態が続いていまし
た。このため、原子力安全委員会では、SPEEDIを開発した(独)日本原子力研究開発機構の研究者の協力
を得て、原子炉施設での測定に代わる方法を検討し、試行錯誤を繰り返した結果、環境中の放射性物質濃
度の測定(ダストサンプリング)結果と発電所から測定点までのSPEEDIによる拡散シミュレーションを組み合
わせることによって、ダストサンプリングによってとらえられた放射性物質が放出された時刻における放出源
情報を一定の信頼性をもって逆推定することができるようになりました。
こうして推定した放出源情報をSPEEDIの入力とすることによって、過去にさかのぼって施設周辺での放射
性物質の濃度や空間線量率の分布を求め、これによる事故発生時点からの内部被ばくや外部被ばくの
線量を積算したもの(積算線量)の試算結果を以下の通り公表しています
(参考1:今回の事故における原子力安全委員会によるSPEEDIの利用概要)。

これらの試算結果は、放出源情報の推定におけるものを始めとして種々の不確かさを含んでおり、実際の
測定値と一致するものではありません。原子力安全委員会では、補助的な参考情報と位置づけ、原則とし
て、測定値の傾向を説明するためなどの限定的な目的で利用しています。
なお、SPEEDIによる積算線量の評価は、参考2に赤い線で示された被ばく経路を対象にしています。


1)一歳児甲状腺の内部被ばく等価線量
空気中のヨウ素131を呼吸によって取り込むことによる1歳児の甲状腺の内部被ばくについての積算線量
(等価線量)は、SPEEDIによる空気中のヨウ素131濃度分布の試算結果に基づいています。
この試算は、1歳児が1日あたり24時間屋外にいるというきびしい仮定の下に行ったものですが、幼児の内
部被ばくを予防するという観点から3月23日に第1回の公表を行いました。

この結果を踏まえ、3月26日から30日にかけて、上記の試算で線量が比較的高いと推定された地域で、
原子力災害現地対策本部において小児甲状腺被ばく調査が実施されました。
その結果、スクリーニングレベルを超える例はありませんでした
第31 回原子力安全委員会 資料第4-3 号)。
原子炉の状態が比較的安定となるのに従って大気中のヨウ素131濃度は低下しており、このために積算線
量は4月6日以後、あまり増加していません。
原子炉の状態が比較的安定となるのに従って大気中のヨウ素131濃度は低下しており、このために積算線
量は4月6日以後、あまり増加していません。
20120104154425.jpg


2)成人の外部被ばくによる実効線量
成人の外部被ばくについての積算線量(実効線量)は、外部被ばくは、参考2に示すように、主として、大気
中の放射性物質の濃度が高い部分(放射性プルーム)からのガンマ線と、地表に沈降・沈着した放射性物
質からのガンマ線によって起こります。SPEEDIでは、大気中の放射性物質濃度と地表沈着量を計算するこ
とによって、二つの経路による外部被ばくの積算線量を求めていますが、今回の事故では事故の比較的
初期に放出されて地表に沈着した放射性物質の寄与が大きいことがわかっています。
ここに示す外部被ばく積算線量の分布は、SPEEDIによって計算された放射性物質の地表濃度分布にほぼ
対応しています。

4月6日までの積算線量は、4月10日の原子力安全委員会において、計画的避難区域の設定と防護区域の
設定についての助言を取りまとめるに当たり、実測された積算線量分布と対比する形で活用しました。

3月12日午前6時から3月24日午前0時までの積算線量
3月12日午前6時から4月6日午前0時までの積算線量
3月12日午前6時から4月24日午前0時までの積算線量


上記の積算線量の試算にあたり、放出源情報を逆推定するのにSPEEDIを用いたものは、次のとおりです。

1)放出源情報の逆推定に用いるダストサンプルを採取するのに適切な場所と時刻を推測するため、
「単位量放出」を仮定して翌日の放射性プルームの拡散予測を行いました。この結果に基づき、文部科学省
に対して翌日のダストサンプリングの場所及び時刻を助言しました。

計算結果

2)ダストサンプリング結果に基づき、発電所からの放射性物質の放出率を推定するため、種々の放出率に
よる拡散計算を行う等により、放出率の精度向上を図りました。

計算結果


(2)SPEEDIによるさまざまな仮定をおいて行った試算例
「SPEEDI」の運用は、文部科学省により原子力安全委員会事務局の執務室に派遣された
(財)原子力安全技術センターのオペレーターによって行われていた


今回の事故で原子力安全委員会は、さまざまな仮定をおいてSPEEDIによる試算を行っております。
これらは、助言等の原子力安全委員会としての活動を行うにあたり、内部検討的に行ったものであります。
そのため、入力数値や計算条件等に現実とそぐわないものも含まれます。
このような試算ではありますが、SPEEDIにおいて計算したものはすべて公開するとの方針のもと、公表をい
たします。なお、公表につきましてはデータ整理が済み次第、順次公表してまいります。

   
避難区域等の継続的必要性の検討のための試算
計画的避難区域等の設定の検討を進める中で、避難区域、屋内退避区域が引き続き必要か検討するため
に、原子炉施設において、発生のリスクは小さいが否定できない放射性物質の放出の事象
(燃料の温度上昇による放出+溶融炉心・コンクリート反応による放出)について、放射性物質の拡散状況を
確認するため試算を行いました。この際、今後の当該地域における季節特有の気象状況を考慮するため、
昨年の4月から9月までの代表的な気象データを用いて試算を行いました。
なお、放出率を変えた2パターンについて試算を行いました。

パターン1(4月6日計算)  
内部被ばく  外部被ばく  風速場(地上高)

パターン2(4月8日計算)
内部被ばく  外部被ばく


天候状況を踏まえた長期影響予測

発電所周辺における今後半年程度の季節特有の拡散状況を把握するため、昨年の4月から9月までの代表
的な気象データを用いて、単位量放出を仮定した放射性物質の拡散状況について試算を行いました。

試算結果(4月10日計算)          
内部被ばく  外部被ばく

   
モニタリング結果の評価

文部科学省から情報提供を受けた環境モニタリング結果の評価にあたり、参考として放射性物質の定性的
拡散傾向を把握するため、モニタリング時点におけるさまざまな放出を仮定した試算を行いました。

試算結果
   
その他
1号機からの放射性物質の放出を仮定した試算を行いました。
算結果



(3)文部科学省におけるSPEEDIによる計算結果

緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)等の計算結果について
(※文部科学省ウェブサイトへリンク)

(4)原子力安全・保安院におけるSPEEDIによる計算結果

緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の計算結果について
(※原子力安全・保安院ウェブサイトへリンク)
関連記事
スポンサーサイト
汚染の関連記事

category: 汚染

thread: 放射能ニュース - janre: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/456-0a3eb335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。