福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

原子力特別措置 10条 15条って何?
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

原子力特別措置 10条 15条って何? 



原子力災害対策特別措置法第15 条第1項の規定に基づく特定事象の発生について

http://www.tepco.co.jp/nu/f2-np/press_f2/2010/pdfdata/j110312g-j.pdf



放射線防護 第15条

http://www2.jnes.go.jp/atom-lib/online_doc/nscj/online/015.pdf


「原子力特別措置 10条 15条って何?」 原子力災害対策特別措置法
今回の東北関東大地震(東北巨大地震)で福島原子力発電所で事故が発生し、テレビ等で「第10条規定に従い・・・」とか、「第15条により・・・」と法律用語を聞かれると思います。
そこでこれらはどんな法律なのか、以下に当該法律を載せておきます。

原子力災害対策特別措置法(平成十一年十二月十七日法律第百五十六号)

この法律は、1999年9月30日に起きたJCO臨界事故の教訓等から、原子力災害対策の抜本的強化をはか
るために1999年12月17日に制定され、2000年6月16日に施行された法律である。
この法律では、臨界事故の教訓を踏まえ、
(1)迅速な初期動作の確保、
(2)国と地方公共団体の有機的な連携の確保、
(3)国の緊急時対応体制の強化、
(4)原子力事業者の責務の明確化をはかるとしている。
また、原子力災害の特殊性に配慮し、原子力災害の予防に関する原子力事業者の義務、内閣総理大臣の
原子力緊急事態宣言の発出及び原子力災害対策本部の設置並びに緊急事態応急対策の実施その他原子
力災害に関する事項について特別の措置を定めることにより、原子炉等規制法、災害対策基本法などの足り
ない部分を補い、原子力災害に対する対策の強化をはかる。
また、これにより原子力災害から国民の生命、身体または財産を保護する。

(構成)
 第一章 総則(第一条―第六条)
 第二章 原子力災害の予防に関する原子力事業者の義務等(第七条―第十四条)
 第三章 原子力緊急事態宣言の発出及び原子力災害対策本部の設置等(第十五条―第二十四条)
 第四章 緊急事態応急対策の実施等(第二十五条・第二十六条)
 第五章 原子力災害事後対策(第二十七条)
 第六章 雑則(第二十八条―第三十九条)
 第七章 罰則(第四十条―第四十二条)
 附則

(原子力防災管理者の通報義務等) 第十条  原子力防災管理者は、原子力事業所の区域の境界付近に
おいて政令で定める基準以上の放射線量が政令で定めるところにより検出されたことその他の政令で定める
事象の発生について通報を受け、又は自ら発見したときは、直ちに、主務省令及び原子力事業者防災業務
計画の定めるところにより、その旨を主務大臣、所在都道府県知事、所在市町村長及び関係隣接都道府県
知事(事業所外運搬に係る事象の発生の場合にあっては、主務大臣並びに当該事象が発生した場所を管轄
する都道府県知事及び市町村長)に通報しなければならない。
この場合において、所在都道府県知事及び関係隣接都道府県知事は、関係周辺市町村長にその旨を通報
するものとする。

2  前項前段の規定により通報を受けた都道府県知事又は市町村長は、政令で定めるところにより、主務大
臣に対し、その事態の把握のため専門的知識を有する職員の派遣を要請することができる。
この場合において、主務大臣は、適任と認める職員を派遣しなければならない。

(原子力緊急事態宣言等) 第十五条  主務大臣は、次のいずれかに該当する場合において、原子力緊急
事態が発生したと認めるときは、直ちに、内閣総理大臣に対し、その状況に関する必要な情報の報告を行うと
ともに、次項の規定による公示及び第三項の規定による指示の案を提出しなければならない。

一  第十条第一項前段の規定により主務大臣が受けた通報に係る検出された放射線量又は政令で定める
放射線測定設備及び測定方法により検出された放射線量が、異常な水準の放射線量の基準として政令で
定めるもの以上である場合

二  前号に掲げるもののほか、原子力緊急事態の発生を示す事象として政令で定めるものが生じた場合

2  内閣総理大臣は、前項の規定による報告及び提出があったときは、直ちに、原子力緊急事態が発生し
た旨及び次に掲げる事項の公示(以下「原子力緊急事態宣言」という。)をするものとする。

一  緊急事態応急対策を実施すべき区域
二  原子力緊急事態の概要
三  前二号に掲げるもののほか、第一号に掲げる区域内の居住者、滞在者その他の者及び公私の団体
(以下「居住者等」という。)に対し周知させるべき事項

3  内閣総理大臣は、第一項の規定による報告及び提出があったときは、直ちに、前項第一号に掲げる
区域を管轄する市町村長及び都道府県知事に対し、第二十八条第二項の規定により読み替えて適用される
災害対策基本法第六十条第一項及び第五項 の規定による避難のための立退き又は屋内への退避の勧告
又は指示を行うべきことその他の緊急事態応急対策に関する事項を指示するものとする。

4  内閣総理大臣は、原子力緊急事態宣言をした後、原子力災害の拡大の防止を図るための応急の対策
を実施する必要がなくなったと認めるときは、速やかに、原子力安全委員会の意見を聴いて、原子力緊急事
態の解除を行う旨の公示(以下「原子力緊急事態解除宣言」という。)をするものとする。

スポンサーサイト

category: 原子力特別措置

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/437-1e28a874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。