福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

活断層上にある危険な原発
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

活断層上にある危険な原発 




DAYS6月号の「日本の原発」地図

E697A5E69CA.jpg



浜岡原子力発電所3,4号機「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」の
改訂に伴う耐震安全性評価について

平成20年7月 30日 中部電力株式会社
http://www.kokai-gen.org/html/data/20/2010357502/2010357502-1.pdf



20111219014308.jpg  20111219085139.jpg  20111219085303.jpg

20111219085312.jpg  20111219085626.jpg  20111219085746.jpg  20111219085815.jpg  20111219014200.jpg  20111219014332.jpg  

20111219014447.jpg  20111219014512.jpg  hamaoka.jpg






東海地震の提唱者、石橋克彦神戸大名誉教授の「原発震災 破滅を避けるために」
原発震災を浜岡を例にとって説明されていますので、浜岡を考える上で、必読です。
石橋克彦氏「原発震災」1997年発表より引用。

通産省は原発は建設から運転まで十分な地震対策が施されているとして、以下の項目を上げている。
1.活断層の上には作らない
2.岩盤上に直接建設
3.最大の地震を考慮した設計
4.大型コンピュータを用いた解析結果
5.自動停止機能
6.大型振動台による実証
7.津波に対する対策。


しかし本当に安全なのだろうか。


津波に関して中部電力は、最大の水位上昇がおこっても敷地の地盤高を越えることはないというが、
1605年東海・東南海巨大地震のような断層運動が併発すれば、それを超える大津波もありうる。

原発にとって大地震が恐ろしいのは(中略)無数の故障の可能性のいくつもが同時多発することだろう。
とくに、ある事故とそのバックアップ機能の事故の同時発生、たとえば外部電源が止まり、ディーゼル発電機が動か
ず、バッテリーが機能しないというような事態がおこりかねない。
建築技術者が強調する原子炉建屋の耐震性の高さは意味がない。

いちばんの問題は、配管・弁・ポンプ類や原子炉そのもの、制御棒とECCSなどだろう。
耐震設計の違いによる原子炉建屋とタービン建屋の揺れ方の違いが配管におよぼす影響、地盤の変形・破壊や津波
が運ぶ砂によって海水の取水・放水ができなくなる恐れも無視できない。

そこは切り抜けても、冷却水が失われる多くの可能性があり、炉心溶融が生ずる恐れは強い。
そうなると、さらに水蒸気爆発や水素爆発がおこって格納容器や原子炉建屋が破壊される。
原子炉が自動停止するというが、制御棒を下から押し込むBWRでは大地震時に挿入できないかもしれず、もし蒸気が
圧が上がって冷却水の気泡がつぶれたりすれば、核暴走がおこる。
老朽化している1,2号機が一番心配だが(注:1997年の文章です)、4基すべてが同時に事故をおこすこともありうる
し、どれか1基の大爆発がほかの原子炉の大事故を誘発することも考えられる。

その結果、膨大な放射能が外部に噴出される。さらに、爆発事故が使用済み燃料プールに波及すれば、ジルコニウ
ム火災などを通じて放出放射能がいっそう膨大になるという推測もある。
東海地震による「通常震災」は静岡県を中心に阪神大震災より一桁大きい巨大災害になると予想されるが、
原発災害が併発すれば被災地の救援・復旧は不可能になる。

つまり、大地震によって通常震災と原発震災が複合する「原発震災」が発生し、しかも地震動を感じなかった遠方に
まで何世代も深刻な被害を及ぼすのである。
正常な安全感覚があるならば、来世紀半ばまでには確実に発生する巨大地震の震源域の中心に位置する浜岡原発
は廃炉を目指すべきであり、まして増設を許すべきではない。

ということで、一部引用終わり。

活断層のあるなしに関わらず、直下型の地震は全国どこでも起こりうるようです。





20111219164857.jpg



第95回原子力安全問題ゼミ「原発震災」 京都大学原子炉実験所/03年12月12日
地震学からみた 日本の原子力発電所の 耐震安全性

2. 原子力発電所の耐震設計の問題点(地震と地震動)

原発専門家は,切れば血が滴るような生きた地震を知らない

●想定地震(設計用最強/限界地震) の致命的誤り
・プレート間と活断層の2種類しか考えていなかった
・スラブ内大地震を夢想だにしてこなかった
・活断層がなくても大地震が起こることを考慮していない
・活断層がある場合も取り扱いが極めて不適切


●基準地震動の策定手法が古めかしく,過小評価傾向が強い
・政府が使っている現在の標準的な強震動予測手法からみて非常に古い
地震規模,活動時期,一連の活断層を活断層帯・起震断層と見ない
・「松田式+金井式+大崎の方法」: 地震の本質が不明な時代の
虚構的・便宜的方法で, いまや全く時代遅れ
・「大地震空白域」こそ要注意であることを考えていない
大余震の影響(連続パンチ) を考慮していない
・多重震源/アスペリティや枝分かれ断層の活動を考えていない
・上下動を軽視しすぎではないか


20111219163932.jpg  20111219164006.jpg  20111219164512.jpg

20111219164526.jpg  20111219164559.jpg  20111219164611.jpg

スポンサーサイト

category: 石橋克彦神戸大名誉教授

thread: 地震・天災・自然災害 - janre: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/425-5b1ca70f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。