福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

「帰還困難区域」指定へ 土地買い上げ検討
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

「帰還困難区域」指定へ 土地買い上げ検討 



「帰還困難区域」指定へ 土地買い上げ検討



PN2011042201000415.jpg


政府は東京電力福島第1原発事故に伴う避難区域について、年間の放射線量に応じて新たに3区分
に再編する方向で調整に入った。現行は原発から半径20キロ圏内の「警戒区域」と年間被ばく線量
が20ミリシーベルトを超える「計画的避難区域」に分類。
新たな区分では50ミリシーベルト以上の年間線量が高い地域について、長期間にわたり住民が居住
できない「帰還困難区域」に指定し、土地の買い上げなどの支援を検討する。

3区分は年間線量が20ミリシーベルト未満の「準備区域」
20ミリシーベルト以上50ミリシーベルト未満の「居住制限区域」
50ミリシーベルト以上の「帰還困難区域」--に分ける。

区域指定にあたっては、同じ市町村内でも場所によって放射線量が異なるため、集落単位で指定でき
るよう自治体と協議を進める。

政府は16日の原子力災害対策本部(本部長・野田佳彦首相)で、事故収束に向けた工程表のステッ
プ2終了を決定し、年内にも避難区域見直しに向けた考え方を公表する。

20ミリシーベルト未満の「準備区域」は住民の帰宅に備える地域。
現在は住民がいないため、生活空間の除染や上下水道、学校、病院などのインフラ整備を進める。
インフラの整備状況や自治体側の希望に合わせて、可能な地域から順次解除していく方針で、
早くても来春以降になる見通し。

「居住制限区域」は数年間、居住ができないとみられ、除染などで20ミリシーベルト未満を目指す
地域となる。「帰還困難区域」に該当しそうな線量が高い地域は、福島第1原発周辺から北西方向に
かけて広がっており、数十年間にわたって住民が住めないとみられる地域もある。

首相は11月25日の参院本会議で「相当な期間にわたり住民の帰還が困難な区域が出てくることも
考えられる。土地の買い上げなどを含め、国が責任を持って中長期的な対応策を検討していきたい」
と述べ、支援策を検討する考えを示した。
区域の名称に「長期」を入れる案もあるが、被災者の心情に配慮し見送るべきだとの意見もあり、
調整を進めている。


2011年12月13日 21時19分 更新:12月13日 23時51分
http://mainichi.jp/select/today/news/20111214k0000m040070000c.html?inb=tw

関連記事
スポンサーサイト
ニュースの関連記事

category: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/403-218130be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。