福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

【12/13・11:00開始】東京電力 記者会見
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

【12/13・11:00開始】東京電力 記者会見 



平成23年12月13日 11時 東電会見





東電「圧力容器温度は順調に低下中 格納容器圧力容器への窒素ガス封入順調 格納容器窒素
封入する隔離弁空気圧縮機2台の内一台トリップしたが再起動。
1~4号機使用済み燃料プール冷却中 11月漏洩大の事象踏まえた流量計点検2時間運転停止
イオン交換装置の樹脂交換予定運転停止」

東電「2号機→雑固体廃棄物減容処理建屋いそう行なっていたが7:14移送停止 6号機→屋外仮設
タンク10~16時予定 3号機タービン建屋復水貯蔵タンク→タービン建屋地下 プロセス主建2829
67mm低下 雑固体廃棄物減容処理建屋2256 274上昇 サイトバンカー建屋OP4381 4mm上昇
雑固体廃棄物減容処理建屋はサリーのベッセル交換で昨日停止したので上昇幅が、大きくなって
いる トレンチ2-2789 21mm低下 3-3320 11mm上昇 タービン建屋1-3099 22mm上昇 2-2810 20mm低下 3-3089 10mm上昇 4-3077 13mm上昇

雑固体廃棄物減容処理建屋はサリーのベッセル交換で昨日停止したので上昇幅大きくなっている 
トレンチ2-2789 21↓ 3-3320 11↑ タービン建屋1-3099 22↑ 2-2810 20↓ 3-3089 
10↑ 4-3077 13↑
ラインとしては2つ ①濃縮水受けタンクポンプ使って1A1Bへ送り込むライン 蒸発濃縮装置1A1B1C
起動 高濃度汚染水累積処理量189340t RO淡水化装置の累積生成量81020t ヴェッセル交換
キュリオン、サリーヴェッセル交換予定なし

蒸発濃縮装置3Cサンプリングラインからの漏水について 写真配布 16時サンプリング残水受ける
バケツから溢れていること確認 真ん中青いバケツあるが容量7リットル そこから溢れて半径1mで
漏洩 バケツの中に7リットル 外に3リットル
メールで連絡したが当初漏洩確認 20:30再度確認したところ漏洩範囲拡大 サンプリングライン
弁を20:30頃閉止 開いているところから漏れたのではと 当該ポンプ出入り口弁は上流側弁を占め
ている 23:40漏洩停止確認している 漏洩量16時段階で10リットル

12リットルバケツに交換 バケツイッパイと1.5mに漏洩範囲拡大バケツ外が7リットル 合計21リット
ル 装置の堰野中におさまっていて建屋外には出ていない バケツ、床に漏れた水は今後回収」

20111213111344.jpg 20111213111416.jpg 20111213111447.jpg


質疑応答

フジTV椿原 東電が原発由来の放射能無主物と表現したこと国民から非難の声があるが

東電「個別の案件についてはコメントしない」

(飯舘村などについても無主物となるのか)

「見解は裁判で申し上げているとおり」

(無主物と)

「二本松ゴルフ場係争中案件は裁判で申し上げているとおり」

(それ以外飯舘村のものについては)東電「無主物かどうかは裁判の中で申し上げている
とおり 裁判で二本松ゴルフ場からそういう訴えあり私どもの主張を申し上げている(都
内でもホットスポット見つかったときは無主物となるのか)個別の案件についてはコメン
トしない」

NHK花田 蒸発装置とRO再循環 蒸発濃縮装置3Cサンプリング漏洩

東電「タンクに溜まっている水を何Lかとる、核種分析、塩素イオン濃度測定のため 
2回目漏洩拡大確認した際にサンプリング弁増し締めする際10度ほど締めることできたので
若干開いていたのではと」

東電「最初の漏洩も微小な角度で弁が開いていたため漏洩発生したのではと」

NHK花田 漏れている場所は堰の中か

東電「写真で当該バケツ、床面 堰はHこうあるところ」

東電「3A3B3Cは東芝さんが設計製造 トラブル多いわけではない」

NHK花田 3A3B3Cは

東電「処理量210m3/hで容量大きい ボイラーが重油使っているが1A1Bは電気ヒーター 
RO膜通った濃縮塩水を加熱して気化したものと濃縮廃液に分けるのは同じ」

東電「設備の運用変更 準備は11月初旬から着手 塩素イオン濃度が1/10程度に下がっ
ていることもありROによる処理拡大したいと考えていた 濃縮塩水と淡水の分離が行われ
るが処理全体の水が減るわけではないので蒸発濃縮装置止まったからやると言うよりもタ
イミングがこういうタイミングに」

東電「RO膜通った水は濃縮塩水とか受けタンクにたまるが更にROを通らせて処理 淡水は
増える 濃縮塩水は減る」

NHK花田 こういう処理により水処理週報見込みは変わるか

東電「今後のシミュレーションはこういう処理反映 実績は本日しめるので変更ないが、
来週以降のシミュレーションの変更となる」

読売三井 蒸発濃縮装置とRO 蒸発濃縮装置の色が付いているのは

東電「白く見えるのは炭酸カルシウム 蒸発濃縮装置でラインが詰まるのを防止するため薬剤を
注入していてその薬剤の析出物 濃縮廃液はこういう色」

読売三井 最初は原因わからずにいると又漏れていて確認したら弁が原因と

東電「16時頃確認したときはバケツ一杯溜まっていることと半径1m床面溜まっていることを確認
サンプリングラインで漏洩確認されなかったのでバケツ新しいものおいておいた。
19:30新しいバケツで20:50再度溢れていること確認 弁に締め代あったのでこれが原因」

読売三井 バケツ取り替え中にヒタヒタしているわけではなかったと

東電「はい」

読売三井 RO一回通ると何割分離か

東電「6淡水:4濃縮塩水で」

東電「1日300m3程度濃縮塩水削減できると思っている」

読売三井 淡水得られにくいか

東電「圧力かけて水分子を膜の外側に追い出す 濃い塩水だとエネルギーかかるので同じエネル
ギーだとあまり出てこない」

読売三井 6:4は1/10に塩素濃度薄まった水に対してか

東電「はいそうです。詰まり防止は炭酸ソーダ 濃縮塩水と反応して炭酸カルシウム析出」

中日やすふく 濃縮廃液 放射線量としては計測されているか

東電「成分そのものは昨日お示しした測定値 Cs10^1Bq/cm^3 全β10^5Bq/cm^3程度濃度が
ある。ベータ核種主な量はSr支配的 線量は昨日は測ってないが空間線量は確認する。
β線支配的 直接見ずに触れたりしない限りはアノラックで防御可能」

中日やすふく 1~4号機原子炉、プールから放射性物質放出されていないということ見るものは
あるか

東電「出ていないということではなく量を抑制、管理することが冷温停止状態の条件 格納容器を
通じて放射性物質放出されていると考えていて毎月評価して道筋進捗状況確認に公表11/17 
0.6億Bq/h」

中日やすふく 1,2,3号機其々で評価か

東電「原子炉建屋からは其々で評価 建屋形状違うので評価方法やり方が違うが、1号機は建屋の
中と排気システム入り口で測定 2号機は建屋があって5階部分東側ブローアウトパネル開口部から
通過してくるダスト濃度測る。3号機原子炉建屋上部損壊しているのでクローラークレーンでサンプリ
ング装置下ろして一番大きい物を取るかたち」

共同荒井 法令濃度下がった水は年間どれくらい放出か

東電「1Fは保安規定に定める放射性液体廃棄物放出管理目標値2.2×10^11Bq トリチウム2.3×10^12 1Fから放射性液体廃棄物放出実績2009年度はND トリチウム2.0×10^12」

共同荒井 水の量は

東電「一基あたり3000m3/年 1Fは18000m3放出」

フジTV椿原 飯舘村、他の汚染地域放射能責任は東電さんとしては何処に

東電「個別裁判で見解述べさせていただいているので、その他についてはコメントできない」

東電「個別裁判で主張させて頂いている」

フジTV椿原 事業者についてどこに責任あるかあきらかにすること顧客への責任を果たすことになら
ないか

東電「事故収束全力果たしている 除染も協力させて頂いている個別の裁判についてはコメントするこ
とは無い。漏洩量訂正 26リットルと申し上げたが昨日16時段階で確認がバケツ一杯7リットルと 
半径1m程度の3リットル=10リットル 22時過ぎ確認がバケツ新しくした12リットル分 バケツの外の
7リットル 足し算すると29になるが数字丸めて30リットル 固形化した上に流れでたと考えて1.5m広
がり」

東電会見終了

関連記事
スポンサーサイト
会見 文字起こしの関連記事

category: 会見 文字起こし

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/398-d70f88d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。