福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

内部被ばく81人判明 福島・二本松市獨協医大分室 木村准教授「問題ない量」 開所1カ月
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

内部被ばく81人判明 福島・二本松市獨協医大分室 木村准教授「問題ない量」 開所1カ月 



内部被ばく81人判明 福島・二本松市獨協医大分室 木村准教授「問題ない量」 開所1カ月

12月11日


福島第1原発事故に伴う市民の健康調査を行うため、獨協医大が福島県二本松市に設置した同医大
国際疫学研究室福島分室は10日、開所から1カ月を迎えた。
これまで116世帯467人の内部被ばく量を測定し、81人から一定量の放射性セシウムが検出され内部
被ばくと判明した。

しかし室長の木村真三准教授(放射線衛生学)は「最高値の方でも健康に問題のないレベル」としている。
木村准教授は県境の那須塩原市から放射線講座開催の依頼を受けるなど、分室を拠点に活動の幅を広げる方針だ。 今月上旬、二本松市若宮2丁目の旧保健所を利用した分室。
2階の測定室には内部被ばく量を測定する「ホールボディーカウンター(全身測定装置)」が置かれ、
一日平均約25人が検査に訪れる。空間線量の高い地区の子どもがいる世帯から調査を始め、8日までに
81人の内部被ばくが判明したほか、33人にも被ばくした疑いがあったという。

「想定内の結果。問題がないことを説明し、まずは精神的なストレスを解消することが重要」と木村准教授が
説明する。最高値の市民は計3211ベクレル。人体の影響度合いで計算した場合、平常時の限度とされる
年間1ミリシーベルトに達することもないという。

内部被ばくした市民の大半は、事故後の3月15日や同21日の大量放出時に屋外にいたことも問診から
分かったという。外気からの大量吸入が主な要因と推定されている。
市内の空間線量は現在も高い地区で毎時1マイクロシーベルトを超え、コメからは暫定基準値を超える
セシウムが検出された。市民から「何を食べればいいのか」などと不安の声が寄せられている。
木村准教授は除染だけでなく、作付け可能な土壌の調査にも乗り出した。

木村准教授は「食べ物は個別に測定しないと答えが出ない。
多くは大丈夫だが、子どもには汚染の少ない地域の食べ物を選んだ方がいい」と指摘。
空間線量が年間1ミリシーベルト(毎時0・2マイクロシーベルト以上)に相当する地域もある本県も、
食べ物には同様の対応が必要だと訴えている。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20111210/675216

関連記事
スポンサーサイト
汚染の関連記事

category: 汚染

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/388-7b93ad32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。