福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

「国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告(Pub.103)の 国内制度等への取入れ(現存被ばく状況関連)に係る論点整理」
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

「国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告(Pub.103)の 国内制度等への取入れ(現存被ばく状況関連)に係る論点整理」 



「国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告(Pub.103)の
国内制度等への取入れ(現存被ばく状況関連)に係る論点整理」 

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/housha/002/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2011/09/05/1310658_1.pdf


20111210103400.jpg 20111210103426.jpg 20111210082613.jpg


1.放射性物質を含む食品の防護方策に用いられる参考レベルについて
・現存被ばく状況における食品を含む参考レベルの設定の考え方は、
「2.参考レベルの範囲(1~20 mSv/年)の設定の考え方について」が基本となる。
・食品等の防護方策を実施するための参考レベルの単位としては、直接測定でき
Bq/kg、Bq/Lで定めるべき。(Pub.111 para86)
・食品に関する参考レベルについては、国際貿易用のものとしてコーデックス委員会のガイドライ
ンレベルを用いることが考えられる。
同ガイドラインレベルは食生活のうち放射性物質を含む食品が最大10%を占めると想定した場合に、
線量レベルが1mSv/年になることを基準としている。

食品の10%が汚染されているという想定は地域社会によっては適切ではない可能性があるため、
食品の参考レベルは同ガイドラインより低い値に定めると良い。
逆に、汚染が影響する食品がごく少数の品目である場合には、汚染基準をもっと高い値に定めても
良い。
また、伝統の中に深く組み込まれているものや、
共同体全体の経済にとって必要不可欠な地域産物を
存続させるためにも、汚染基準を高めに定めてもよい。

(Pub.111 para86)
・同ガイドラインレベルは無期限に適用されるものである。コーデックス委員会によると、
食品は同ガイドラインレベルを上回らない限り、
人間が消費しても安全とみなすべきであるとしている。
(Pub.111 para89)

・汚染された食品の販売に対して制限を課すことによる地域経済の混乱、消費者の選択や汚染され
ていない食品の提供による市場占有率の喪失は、
線量低減に有益という観点から正当化されては
ならない。
(チェルノブイリ事故後のノルウェーにおけるラップ民族が生産するトナカイ肉に関する
参考レベルの事例参照)(Pub.111 para87、付属書A.7.)


20111210103400.jpg 20111210111627.jpg 20111210111715.jpg

20111210112358.jpg 20111210112342.jpg

『線量低減に有益でも、汚染食品の販売に制限をかけてはいけない、消費者が汚染されていない
食品を求めたり、それを提供することによって汚染食品の市場占有率が下がるようなことは、
許されない』、と(´・ω`・)エッ?

条件付き、あるいは無期限で消費者が汚染食品を買い続けて市場占有率を保てるようにしなくては
いけない、というのが審議会の考え方なのです。


コーデックス委員会(COC)が定めた放射能残留量の国際食品規格
http://www.codexalimentarius.net/web/standard_list.do?lang=en

上記リンクの193番 "General Standard for Contaminants and Toxins in Food and Feed"を参照。





平成23年8月31日(水曜日) 文科省放射線審議会基本部会第40回

議題
国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告(Pub.103)の国内制度等への取入れについて
(現存被ばく状況関連)
その他

配付資料

資料第40-1号 :放射線審議会第39回基本部会議事録
資料第40-2-1号 :国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告(Pub.103)の国内制度等への取入れ(現存被ばく状況関連)に係る論点整理 (PDF:234KB)
資料第40-2-2号 :除染推進に向けた基本的考え方(原子力災害対策本部、
平成23年8月26日付) (PDF:1492KB)

参考資料 :放射線審議会基本部会委員名簿
常備資料 :第39回基本部会配布資料
常備資料 :「国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告(Pub.103)」
常備資料 :「国際放射線防護委員会(ICRP)Pub.111(日本アイソトープ協会ドラフト版)」
常備資料 :「国際放射線防護委員会(ICRP)Pub.109(日本アイソトープ協会ドラフト版)」
常備資料 :「国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告(Pub.103)の国内制度等への取入れについて-第二次中間報告-(平成23年1月、放射線審議会基本部会)」




 
震災前

飲料水の放射能限度について。
日本には放射能に関する飲料水基準は無く世界保健機関(WHO)基準相当を守っていた。

飲料水中の放射性核種のガイダンスレベル(WHO)
ヨウ素-131  10Bq/L 
セシウム-137 10Bq/L

230ページ、表9-3 
http://whqlibdoc.who.int/publications/2004/9241546387_jpn.pdf

輸入食品の放射能限度について。

セシウム-134とセシウム-137の合計値が370Bq/kg。基準値を超える物は輸入させない。
愛知県衛生研究所 
http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/4f/chernobyl.html

放射能暫定限度を超える輸入食品の発見について(第34報)


震災後

「震災後」の数値は平成22年8月23日に既に定められている。
第52 回原子力安全委員会資料第5 - 3号p.23


厚生労働省医薬食品局食品安全部長通知 平成23年3月17日付「食安発0317第3号」
放射能汚染された食品の取り扱いについて



飲食物摂取制限に関する指標

放射性ヨウ素 (I-131)
飲料水 300 Bq/kg
牛乳・乳製品 300 Bq/kg
野菜類 (根菜、芋類を除く) 2,000 Bq/kg

放射性セシウム
飲料水 200 Bq/kg
牛乳・乳製品 200 Bq/kg
野菜類  500 Bq/kg
穀類   500 Bq/kg
肉・卵・魚・他 500 Bq/kg





スポンサーサイト

category: ICRP

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/381-a2e41ed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。