福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

文字起こし 平成23年12月8日 11時 東京電力会見
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

文字起こし 平成23年12月8日 11時 東京電力会見 



平成23年12月8日 11時 東京電力会見



20111208105913.jpg 20111208105921.jpg 20111208105946.jpg 20111208110506.jpg 20111208110550.jpg 20111208111128.jpg 20111208111133.jpg 20111208111144.jpg 20111208111315.jpg 20111208111318.jpg 20111208111323.jpg 20111208111330.jpg 20111208111334.jpg 20111208111352.jpg 20111208111426.jpg 20111208111435.jpg


東電「格納容器ガス管理システム1号機で10:25から風量取り始め試運転。新説配管つな
いで格納容器ガスを直接吸いだす方式 システムそのものは2号機と同様 水蒸気とるた
めに除湿して電気ヒーターで乾燥させフィルタユニットで放射性物質取り除く ファン出
口でモニタおいて濃度測定 早ければ夕方会見で測定データお知らせする」

東電「2→雑固体廃棄物減容処理建屋 6号機タービン建屋→屋外仮設タンク10~明日夕方
予定。3号機復水貯蔵タンクへの処理水水張りホース接続部分交換してリークチェック 
プロセス主建屋水位3360 69↓ 雑固体廃棄物減容処理建屋1991 48↓ サイトバンカO
P4346 4↑トレンチ1-DS 2-2842 12↓ 3-3234 11↑ タービン建屋1-3635 21↑ 2
-28
60 13↓ 3-2999 11↑ 4-2985 8↑ 原子炉建屋1-4067 11↓ 2-2990 12↓ 3-3
221 14↑ 4-2990 11↑

3号機タービン建屋溜水移送止まっているので3,4号機建屋水位上昇傾向 キュリオ
ンサリー運転中 RO3系列目処理 蒸発濃縮装置漏洩発見されて以降運転停止 高濃度汚
染水累積処理量144780t ヴェッセル交換予定なし
福島第二 昨日実施した緊急安全対策の夜間訓練ご報告 昨日は緊急安全対策の中
でも夜間電源なく照明無い中で操作訓練 すべての号機で外部電源喪失、津波で交流電源
供給設備、海水系冷却設備機能喪失仮定、電源車設置して電源確保訓練、使用済み燃料プ
ール、原子炉への注水訓練

バックホー ホイールローダーなどの重機通路ルート確認。ほぼ目標通りの訓練で
きたと考えていて 電源車設置訓練であれば目標3時間のところ1プラントあたり1時間1
0分で作業終わっている。原子炉使用済み燃料プール注水目標8時間以内 実績約1時間で
終了。訓練を積んでより確実に実施出来るようにすることと問題ないか確認」



東電「柏崎刈羽の津波対策取り組み状況について、ほぼ各項目全て着手している状況 
今回は特に軽油地下タンク設置 空冷式ガスタービン発電機車も設けていますし、消防車
への燃料補給の問題あったので発電所の中に軽油地下タンク設置 二重殻タンク」

読売三井 全漁連から抗議あった汚染水放出可能性の関係 放出可能性打診した汚染水種
類と量について

東電「今回検討しているのは高濃度汚染水を処理したあとの水 原子炉注水に使
う予定の水 注水に必要な量以上の処理水生成されているので今後の処理の方法を検討し
ている内容を説明」






福島第一原発「汚染水」、海に放出計画


東京電力・福島第一原発の建屋に1日あたり400トンの地下水が流入し、貯水タンクの許容量を超える
可能性があることがわかりました。東京電力は、この汚染水を浄化した上で海に放出する計画を立てて
います。

東京電力の資料などによりますと、福島第一原発の敷地で1日あたり400トンの地下水があふれ出て、
1号機から4号機の建屋内に流入していることがわかりました。

この地下水は高レベルの汚染水と混ざり循環装置で浄化されていますが、地下水の流入で増えた分は
処理しきれずにタンクに貯水されています。東京電力は、今月中に2万トン分のタンクを増設しますが、
敷地面積の関係からそれ以上は困難で、早ければ来年の3月にはタンクの許容量を超えると試算して
います。
このため東京電力は、この汚染水を法律で定められた基準以下に浄化した上で海に放出する計画を立て
ていますが、漁業関係者は地下水の流入を止める対策が先決だとして強く反対。
漁業団体は8日、東京電力に対して抗議を予定しています。

(07日23:28)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4896851.html



以下に続く・・・

質疑応答


読売三井 昨日の水処理状況を見ると最中水に使う水は13739か?

東電「と濃縮廃液は廃液になるので濃縮塩水が対象 現在タンク容量そのものは年末時点

14万t確保されているので3月上旬頃までめど経っている 引き続きタンク増設計画続け
ているが
1,2年ずっと増設続けるわけにもいかないので施設運営計画検討の中で放出を検討」

読売三井 タンク建設費かさんでいるのか、スペースか

東電「この方式では将来限界があるということで敷地の中 経費等もさることながら先の
見通しない
中半永久的にタンク増設する訳にはいかないと現在考え方まとめているところ」

読売三井 5,4号機低濃度汚染水について

東電「散水しているので検討の対象には入ってないが水の性質としては同じなので将来
全くないという事ではないが今回検討に入っているものを全漁連さんの方に説明 
ご意見伺いながら実際の放出を取組む」

読売三井 処理水β核種とれてない意味合いでは放射性物質β核種相当量含んだものとな
るが

東電「それは違います 今の水を放出するつもりはなく 放出するにあたっては全ての核
種で
法令の告示濃度限度を下回るような水にした上で放出必要であればやる いまのままで
だすわけではない」

読売三井 ストロンチウムを下げる除去方法について

東電「様々核種あるのでイオン交換技術使って告示濃度十分下回るレベルまで下げたい 
今週月曜日にはこういった施設運営計画の話を少しさせていただいているが私どもの
取り組みは全漁連他漁協さんにはお伝えしたい」

読売三井 施設運営計画のその2提出予定について

東電「最終的取りまとめ行なっているところだが本日全漁連さんのご意見うけたまわって
いるので
最終的方向性決めた上で出したい」

読売三井 打診したが中期計画に盛り込むかどうかは再検討するということか

東電「本日頂いたご意見踏まえつつ決めたいと考えている、改めて全漁連さんにも報告し
たい」

テレビ朝日よしの 放水は恒常的なものとなるか

東電「量そのものは将来に渡っていくと、どんどん減ると思うが放出そのものが
無くなるわけではないので余剰水発生すればそういうことになるがまずは余剰水は構内で
出来るだけ保管することが前提 再使用できない分について海洋放出考えている」

テレ朝芳野 一部報道で1日400t地下水流入原因と見ていいのか

東電「現在の処理場の最大の課題は流入してくる地下水の処理していると当然そのぶんが
余剰になる 地下水の余剰水対策は検討進めている 特に地下水建屋の中に入ると余剰水

なるので建屋に入る前の地下水段階で汲み出す方法あるのではと考えている」

テレ朝芳野 地下水がどこから入ってきているかは特定されているのか

東電「場所そのものは特定されていないが電線管などから流入と 外でくみだして減らせ
ると」

テレ朝芳野 放出検討より地下水遮断先ではという考え方もあると思うが

東電「地下水についてはこれまでも遮水壁検討 環境への放出ルート遮断としては海側の
遮水壁を考えている 陸側遮水壁は大きな効果望めないと必要性小さいと判断 
建物周りの地下水はくみだすと」

テレ朝芳野 どうしてこの時期多くの地下水が流れこむのか

東電「地下水は降雨影響でかなりバラつきある 少ない時は200t 多い時で500t前後 
台風接近したときはもう少し多い 山側から海側へ地下地層に傾斜あるので 
西から東へ少し流れあるので発電所付近、周辺に降った雨も流れに沿ってやってくる」

東電「急いで検討は進めているが具体的計画が進んだら報告する」

テレ朝芳野 実際に放出すると周辺諸国の理解得られるかも気になるが

東電「実際に放出すると決めたわけではないが法令の濃度限度を下回る形での放出となる
ので
法律的問題はなかろうと思うが関係機関、諸外国にもきちんと説明したい」

テレ朝芳野 法令はどのようなものか?

東電「原子炉等規制法あり その下に線量限度定める告示ある 水中での放射性物質濃度

限度いかにと定められている」

テレ朝芳野 あくまでも我が国の法律で外国は関係ないのか

東電「はいそうです。実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則の規定に基づく線量
限度等を
定める告示」

朝日佐々木 これまでの検討、なぜこの時期に盛り込むのか

東電「プラントの維持、運営していく中での水の運用重要、再利用保管できなければ何ら
かの
方法必要、まずは水の分析進めていた 実際に濃度限度いかの水にするにはどんな設備が
必要でどんな能力持たせるかを現在検討中」

東電「施設運営計画そのものは発電所安全に運用するために必要な事項もりこむと 水処
理設備運用方針などかかさせていただいていて(2)は廃棄物管理メイン 液体廃棄物等
処理方法について書きぶり検討する中で将来の運用記載考えていた」

朝日佐々木 実際に全漁連に示されたのは、いつなのか

東電今回施設運営計画定めることになったことと、液体廃棄物処理の方針をお知らせした
 
構内で保管再利用していくが余剰水対応は告示濃度十分下回った形の海洋放出もあり得る

御説明した」

東電「月曜日突然説明に伺ったと言うよりも事前に説明を少ししていた 施設運営計画
(その2)がまとまったのでお知らせした 蒸発濃縮装置からの漏洩があったからよりも

設運営計画の取りまとめほぼ出来つつあるということで御説明に伺った 蒸発濃縮装置か
らの漏洩もご説明したが強い抗議を受けた」

朝日佐々木 イレギュラーな形での漏出について

東電「今回のトラブルを受けて改めて再発防止対策などはきちんとやっていきたい 
当該設備以外の水処理、タンク類監視、予防対策設けていきたい したがって改めて
保安院からも指示あった通り濃縮廃液装置からの漏洩は報告書という形でご報告したい」

朝日佐々木 そのへんの対策示されていない段階でを示されても反発されるのは当然では

東電「先般蒸発濃縮装置から漏洩、4,5月段階では設備から汚染水漏出あり以前から
放射性物質ふくむ水の海洋放出については漁協関係者の方からは強くそういうことないよ
うにと
抗議を受けていたので再発しないよう取り組みたい」

朝日佐々木 できる限り施設内での保管再利用なのか

東電「量としては循環注水冷却が多い 余剰水の発生源は地下水なので建屋の中にはいっ

汚染水になる前に地下水として処理したいと思っている そちらが順調に進めば再利用で
きない
水の量が減る 地下水は汚染水になる前に濃度等確認するがこちらも最終的には海への放
出も
対象にしたい」

朝日佐々木 告示の濃度限度は以前にもお知らせいただいているが数字としてあるか

東電「告示濃度限度はCs60Bq/リットルあるが 佐々木さんおっしゃっているのは保安規
定の
総量規制ではないかと思うがそちらは確認する」

産経そばたに 漁業関係者への説明 告示以下にすることはあわせて説明しているのか

東電「告示濃度限度を説明した上で海洋放出説明」

産経そばたに 余剰水一日どのくらい出ているか

東電「はっきりとした数字は地下水200~500t/日だと思う 今循環注水冷却システムが
出回っている水は原子炉に注水した水がタービン建屋に流れ出ているのと地下水側と合流
して
水処理設備に入っている」

東電「地下水流入増えないようにOP3mにしているが地下水側のほうが高いのでやはり流入
はある」

産経そばたに 外への流出について

東電「地下水側水位下げるときは水処理設備移送量増やしてタービン建屋水位もあわせて
いく 
地下水流入量減らすことで抗濃度汚染水地下水側への流入はないようにする」

産経そばたに いつまで経っても流入量は減らないのでは

東電「地下水流入箇所はトレンチ、開口部からの流入ではと考えている 以前3,4号機制
御建屋の
電線トレンチから建屋1階に入っている形と同じようにする」


毎日かんとう 放出の時期について

東電「未定 設備設計検討進めている段階」

毎日かんとう 3月上旬まではめどが経っている それ以降という事でもないのか

東電「時期という意味では見通しとしては3月上旬頃までに濃縮塩水タンク満杯となると
いう事だが
増設、濃縮塩水そのものを減容すれば時間が後ろ倒しとなる」

毎日かんとう 告示での放出量は

東電「量は定めていない濃度が何Bq/cm^3の規定」

毎日かんとう 大量の水放出は前提となっていない基準だと思うが濃度限度以下であって

量をだすことは問題となるのでは

東電「告示では濃度定めているが保安規定では総量規制という形で年間何Bq以下と決め
られているそういう関係整理必要」

毎日かんとう 検出限界未満までの処理は

東電「技術的な合理的線があるので検討課題 告示濃度十分下回る程度と思っているが程
度の
具合は未定 量を多くするとか測定時間長くすれば検出限界は小さくできるので合理的な
範囲があると思う」

読売佐藤 Srの告示濃度について

東電「全核種あり Sr90 30Bq/L 89が300Bq/L 3×10^-1Bq/cm3 と3×10^-2Bq/
cm^3 
Cs134 6×10^-2 137 9×10^-2」

読売佐藤 散水するものは

東電「すべてND5,6号機側は一度ゼオライト通してRO膜処理をする」

読売佐藤 10^5オーダーでβ核種さげることで良いのか

東電「Srなども含め他の核種も見つかっているので告示濃度以下に 実験室レベルだが
見通しとしてはある」

読売佐藤 14万tは濃縮塩水受けタンクだけか

東電「はいそうです」

読売佐藤 淡水受けタンクは

東電「現時点で2万5000t 年内増設で現在タンクの設置計画は一応終了 検討中の増設計
画を
具体化して設置することとなる」

読売佐藤 総貯蔵容量は

東電「確認する」

読売佐藤 4月低濃度汚染水海洋放出は

東電「約1万t」

共同荒井 全体として告示濃度限度以下で放出するケースは事故以外でも結構あるのか

東電「通常の原子力発電所でもプラントで発生した余剰水は濃度限度以下で下回っている
ことを
確認した上で放出は行われている」

共同荒井 年間どのくらいなのか

東電「確認する」

共同荒井 漁業関係者の方々復興に向かっていらっしゃるがこのような形で出されると風
評被害も
あると思うが補償の話は

東電「具体的話と言うよりも施設運営計画でどういう形で考えているかお話させて頂いて
いる 

補償、風評被害という話まではしていない」

東電「漁業関係者の皆様からは被害の補償の話はお話として承っている」

共同荒井 冷温停止のからみ 法令以下の物を出すなら問題ないという考え方か 
放射性物質抑制掲げているが

東電「こちらの方はどちらかと言うとプラント運用上水の処理処分必要という形の施設運
営計画 
冷温停止判断には直接リンクしない。今後発電所運用の保安院チェックは施設運営計画に
入るので適切性はご判断されると思う」

テレ朝よしの 海洋放出を避けることはあり得るか

東電「技術的に実現可能性を無視して申し上げればタンクをどんどん増設できればそうい
うことも
可能 あとは地下水側の流入をいかに早く止められるか 今後の課題」

テレ朝芳野 敷地的なものと予算的なものタンク増設見通しか

東電「タンクの話だとまだ実現可能性はある 無尽蔵に作るわけにはいかないので将来の
見通しない中で限りなく作ることは難しい。地下水低減は技術的に解決できる可能性を
探っていきたい。タンク増設計画がはっきりないという状況でもないので全体のバランス

見ながらやっていく
一日あたり480m3注水に必要 20m3/hでキュリオンサリー処理が43m3/hその差が余剰とい
う形で
溜まっている」

読売佐藤 処理済みの水の収支みると3500 4000t前後処理後の水増えていると)東電「
だいたいその程度ある タービン建屋水の水位下がっているので入っていく量より吸い出
している水の法が多いが全体概要はそういう理解で」(常務の話だと施設運営計画に記載
するかどうか含め再検討というトーンより記載前提で
書き方表現検討必要という理解だが 先ほどのお話だと盛り込むかどうか含め再検討とい
う趣旨に聞こえたが)東電「私どもの考え方としては全漁連さんから頂いたご意見踏まえ
記載方法詰めている」東電「1Fの総量規制 年間放出確定値2220億Bq」(朝日佐々木 全
体としての総量規制)
「本年度に関しては高濃度汚染水漏出あるので総量そのもの上回っているので少し考える
必要ある 濃度の規制だけだと濃度さえ守れば量はいくらでもいいという形になりかねな
いので整理して考えたい」

南 今日配布の柏崎刈羽の津波対策 軽油地下タンク5万リットルを3基か

東電「それで構わないと思いますがちょっと確認します」

南 これだけのタンク作ったとしてどれくらいの期間動かせるのか

東電「48時間 タンク容量は5万リットル3基」

東電会見終了


関連記事
スポンサーサイト
会見 文字起こしの関連記事

category: 会見 文字起こし

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/373-e02dc130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。