福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

文字起こし 平成23年12月7日 18時 東京電力 会見
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

文字起こし 平成23年12月7日 18時 東京電力 会見 



東電「キュリオン、サリー水処理続けている。後ほど水処理設備運転実績報告 2→集中廃棄物処理建屋
3号機復水貯蔵タンク移送漏水のため停止。使用済み燃料プール1,3,4号実施中 
2号機早朝一次ポンプ流量差あり停止 11時18.9度 0.3度/h↑予想されている。
圧力容器窒素ガス封入量一部調整 10→15 1号機13:15 2号機14:16 3号機10:52上げている。
2号機格納容器窒素封入量は26→20へ低下させている。
1号機10:55~11:26流量計圧力計設置作業していたので窒素封入停止 2,3号機ダストサンプリング結果を
ご報告。原子炉建屋上部空気中放射性物質核種分析結果 2号機ブローアウトパネルで測定 中央部西向き 
建屋の方の向きはCs134 137それぞれ5.4×10^-6  8.2×10^-6 北向はND 3号機原子炉建屋上部
②番10^-2レベル サンプリング時風が強まりサンプリング装置そのものが瓦礫に当たったようだ
監視カメラで見ながらサンプリングしていたが瓦礫の放射性物質こすれて吸い込んだのではと 上空だいたい10^-3~10^-4レベルと判断

福島第一敷地内空気中放射性物質核種分析結果西門、2FMP1ダスト分析昨日はいずれもND 
沖合2~3kmダスト分析結果。これまで南防波堤とメガフロートで測定していたが、天候悪化すると
13番14番凍結し非常に危険だということで新たに15番1~4号機近傍海側測定
海水部沿岸部4カ所 測定できた所サンプリング結果 大きな変動見られていない 
引き続き経過観察。海底土沖合 恵那沖3km小名浜沖3km セシウム134、137 210~500Bq/kgが
見つかっている 大きな変動は見られていない

累積処理量182660m3今週処理量7520 サリー寄与は内4810 キュリオン32.3% サリー57.3%
想定稼働率上回っている サリー稼働率予定よりも高めになっているが作業の際止める予定あったが止めずに
作業できて稼働率上がっている

東電「濃縮廃液5192 注水23360使っている ろ過水からの補給は受けていない 
来週キュリオン35 サリー45%で運転計画 来週シミュレーション 移送先、運転停止繰り返し
ているがOP3mでコントロールしていきたい 」東電「濃縮塩水容量と貯蔵量3月上旬濃縮塩水タンク容量が
交わるところあるが現在の設置工事での評価で今後タンク増設工事も予定しているので交わることが、
ないようにしていきたい。 第二原発夜間訓練 夜間に大規模な地震が発生して全号機で外部電源喪失、
津波来襲して交流電源供給設備海水系冷却設備機能喪失想定して暗い環境下で復旧訓練 
本日実施中

施設運営計画改訂2出したが格納容器窒素封入装置複数同時に壊れた場合 単一は報告 
窒素ガス分離装置復旧に2時間 供給ライン損傷時8時間 複数同時に故障しても最大8時間以内に
平行して作業行うことで回復可能と考えている」東電「4,5月こう濃度汚染水海に放出した際の
放出放射能量当時4号機タビン建屋溜まっていた分析結果から推定すると4月2号機から520m3 
5月3号機から250Sr89 90 2号機4.4×10^14 3号機2.5×10^14と推定されるがセシウムの
量からするとだいたい14分の1 タービン建屋溜水は以前お伝えしたように、ほとんど成分として変化していない
オーダーとしてほぼこのように見て間違いない」

朝日こん 2,3号機は4,5月分だが濃度は変わらないと

東電「はいそうです」

朝日こんセシウムとの比較は

東電「タービン建屋高濃度汚染水はCs支配的でそちらでほぼ考えていて被曝線量としては十分とSrは
1/10~1/100含まれていてというのが妥当な線」

朝日こん 使用済み燃料プール2号機停止 原因は未だハッキリわからないか

東電「計器点検しているが特に要因つかめていない 場合によっては冷却優先して再開することもあるが、
今のところは決まっていない プール温度上昇1時間0.3度 外気温も下がっているので
すぐ何かしなければならない状況でない」

七尾 損害保険23社で作る日本損害保険プールとの契約について

東電「作業を進めているところ」

七尾 1月の前にはという見通しでいいのか

東電「違法な状態にならないように方策を検討して実施する」

時事神田 濃縮塩水タンクの容量と貯蔵量 ほとんど蒸発濃縮装置通す前の濃縮塩水受け
タンクの部分だと思うが不具合続いた場合の影響か

東電「濃縮塩水受けタンク減容できるので運転できない期間長期化すると影響でるが 
修理、漏洩検知速やかに実行したい」

時事神田 3月までの期間でこれくらいまでには直ってないとという予測は

東電「まだない 12月段階でも少なくともまだ6万トン近く余裕あるので対応可能と考えている」

時事神田 タンク増設 物理的限界について

東電「敷地面積に敷き詰めたらどれくらい保管できるかという質問だと思うが、
そこまではできていない 瓦礫収容場所確保、中長期ロードマップ運用していくなかで、
資機材仮組立てするエリアなど固まってないので 仮の計算はできるが技術的に意味が
無いのでそこまではやってない」

時事神田 放出送量計算について

東電「現在進めている 当初11月と考えていたが評価に難航していて最低でも年内にはお話したい 
放出放射能量仮定した場合モニタリングポストなどとどれくらい一致するかとチューニング、
仮定の起き方と妥当性評価しているところ」

七尾 保安院、原子力安全委員会アドバイスなどは

東電「まずは私どもとしてこういう評価しましたとご報告公表したい 
その後は保安院、安全委員会、学会で妥当性というかもう少しこういうところ
検討すべきというアドバイスはあろうかと思う」

中日谷 午前中説明があった3号機ピンホールで5リットル漏れた 最近漏洩相次いで
いるが全体的原因調査保安院から指示出ているか 東電で自主的に調査しているか

東電「ホース類ピンホールから滲み発生 同型ホースを研究所で試験している 硬い草が刺さっている
ケースも見られたので状況調査 こういう調査していることは保安院にも報告している」

朝日こん OP3000で維持することはサブドレン組み上げ対策は抜本的対策は3月くら
いまではしないという事かなと解釈したが

東電「現状で想定している運用方法で3ヶ月分線を引いた段階 余剰水対策地下水建屋に入って
汚染水になることが問題だと思っています」

東電「サブドレンで組み上げて汚染水にならないようにするのは有効な対策の一つ 時期ややり方が
決まってないのでシミュレーションには入れてないが固まり次第入れたい 水位を下げれば
タービン建屋側水位も下げられるので汚染水体流量も減らせる原子炉注水1-4.4 2-3 4.1 3-2
6.1m3/h 格納容器圧力1-119.2 2-115 水素濃度0.5% 3-101.6kPa 
プール温度1-15.5 2-19.8 3-16.2 4-23度 6号機明日いそう 
プロセス主建屋3429 OP2212 41↓」東電「雑固体廃棄物減容処理建屋2039 Op1313 29↓ 
サイトバンカOP4342 3↑ トレンチ1-DS 2-2854 8↓ 3-3223 6↑ タービン建屋1-3614 13↑ 
2-2873 7↓ 3-2988 5↑ 4-2977 5↑原子炉建屋1-4078 4↓ 2-3002 6↓ 3-3207 4↑ 
4-2979 8↓ 高濃度汚染水累積処理量77860t

東電会見終了


関連記事
スポンサーサイト
ニュースの関連記事

category: ニュース

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/368-272254c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。