福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

放医研 乳児用の粉ミルクから放射性セシウムについて
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

放医研 乳児用の粉ミルクから放射性セシウムについて 



放医研 放射線被ばくに関するQ&A


セシウム:明治の粉ミルクから検出 40万缶無償交換へ

2011年12月6日 21時10分 更新:12月6日 22時3分

明治による「明治ステップ850グラム缶」の検査結果

賞味期限         セシウム濃度

2012年10月 4日  21.5ベクレル

        21日    29.0ベクレル

        22日    30.8ベクレル

        24日    22.5ベクレル

※検査結果の数値は1キロあたり

※ゲルマニウム半導体検出器による検査で、検出限界値は1キロあたり5ベクレル

食品大手の明治(東京都江東区)は6日、粉ミルク「明治ステップ」850グラム缶の一部から1キロあたり
最大30.8ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。
厚生労働省によると、粉ミルクからのセシウム検出は初めて。
乳製品の暫定規制値(1キロあたり200ベクレル)未満で、毎日飲んでも健康に影響ないレベルとされてい
るが、同社は「安心して使っていただくことを最優先する」として、検出された製品と近い時期に製造した
同銘柄の約40万缶を無償で交換する。
セシウムが検出されたのは、同社埼玉工場(埼玉県春日部市)で3月14~20日に製造した粉ミルクを
使ったものの一部。

11月28日、「ステップで放射性物質が出たと聞いた」と報道機関から問い合わせがあり、在庫分などを
調べたところ、21.5~30.8ベクレル検出された。
前後の期間に製造した粉ミルクを使った商品は、いずれも検出限界値(1キロあたり5ベクレル)未満
だった。

原料の粉乳は大部分が豪州など外国産で一部は北海道産だが、いずれも東日本大震災以前に製造され
た。 同社は、粉乳を水などと混ぜ合わせて霧状に噴霧したものを熱風で乾燥させて粉ミルクを作って
おり、「乾燥の過程で取り込んだ外気に含まれるセシウムが影響した」とみている。

同社は4月末から毎月1回程度、放射性物質の定期検査を行っている。3月製造分については関東地方で
大気中の放射線量が高かった3月21日のものを調べたが、検出限界値未満だったという。

厚労省は「暫定規制値を下回れば健康への影響は考えられない」とする。
一方、子どもは大人より放射性物質の影響を受ける可能性があるとして、乳児用食品の区分を新設し、
現行より厳しい規制値を設定する方針だ。

無償交換の対象は、賞味期限が来年10月3~6日、同21~24日の製品で全国に流通。
問い合わせは同社お客様センター(0120・077・369、平日午前9時~午後5時)

http://mainichi.jp/select/today/news/20111207k0000m040037000c.html




57.乳児用の粉ミルクから放射性セシウムが検出されたと報道がありましたが、
どのくらいの量なのでしょうか?

12月6日に放射性セシウムの検出が発表された製品は、離乳を開始した9か月以降の
乳幼児が飲むミルク、いわゆるフォローアップミルクでした。
この製品の対象となる月齢の乳幼児が一日に飲むミルクの量の目安は400ml~700mlで、
これは製品56~98gに相当します。
検出された放射性物質の最大量は、粉ミルク1kgあたり、セシウム134が14.3ベクレル、
セシウム137が16.5ベクレルでした。この製品を対象となる月齢の乳幼児が、製品の一日の
摂取目安の量を飲んだ場合、9か月の子どもの場合預託実効線量*1で約0.07マイクロシーベルト、
1才の子どもの場合預託実効線量で約0.03マイクロシーベルトとなります。

仮に製品出荷時の9月*2から、検出の発表があった12月までの3か月間、この最大量のセシウムが
含まれる製品を、製品摂取の目安量を毎日飲み続けたとすると、最大で放射線の量は預託実効線量で
約6.7マイクロシーベルトとなります。
この計算で求められた放射線量は、平時の公衆の年間線量限度(1ミリシーベルト*3)と比較しておよそ
150分の1程度です。メーカーが公表している検査結果によると、同時期に製造された同じ製品でも多くが
放射性セシウムは不検出(検出限界値未満)となっており、実際には上記の計算結果よりも大幅に、
放射線量は少なくなると予想されます。

なお、製造から出荷まで5ヶ月以上経っていますので、半減期が約8日と短いヨウ素131が、
もしセシウムと同じように混入したとしても、出荷時点において既に無くなっていると考えられます。

*1、預託実効線量とは赤ちゃんの場合は70歳までに受ける実効線量です。
詳しくは「5.内部被ばくの場合の線量である預託実効線量とはなんですか?」を御覧ください。
*2、メーカーに確認したところ、9月出荷との回答を得ました。
*3、1ミリシーベルトは1000マイクロシーベルトです。

http://www.nirs.go.jp/information/info.php?i20#57


関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/367-aaa7bfc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。