福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

文字起こし 平成23年12月7日 11時 東京電力 会見
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

文字起こし 平成23年12月7日 11時 東京電力 会見 



平成23年12月7日 11時 東京電力 会見



20111207111107.jpg 20111207111127.jpg 20111207111941.jpg


東電「圧力容器への窒素ガス封入本日1,2,3号機とも窒素ガス注入量10→15m3/hへ 3号機
から順に作業進めている 2号機は格納容器への注入量を26→16へ 2号機格納容器ガス管
理システム出口水素ガス濃度0.5% 使用済み燃料プール2号機は一次系差流量大でポンプ
停止4:17 水温18.4度 三回目なので詳細調査中 タービン建屋溜水2→雑固体廃棄物減容処
理建屋継続 3号機移送は水位調整のため停止 6号機タービン建屋溜水移送は本日予定な
し 3号機復水貯蔵タンク移送とその後の処理水水張り 本日8:54までに復水貯蔵タンク
からの移送が終わっている
9:19から復水貯蔵タンクへ処理水移送していたが接続部からの水漏れ確認して中
止 漏れた量は5リットル 現在修理行なう予定。建屋水位プロセス主建屋3470 69↓ 
雑固体廃棄物減容処理建屋2068 44↓ サイトバンカOp4339 4↑

東電「トレンチ1-DS 2-2862 13↓ 3-3217 17↑ タービン建屋1-3601 21↑ 2-28
80 13↓  3-2983 14↑ 4-2972 24↑ 3号機移送は中断しているので3,4号機分水位
上昇 原子炉建屋1-4082 8↓ 2-3008 11↓ 3-3203 20↑ 4-2987 15↑ 高濃度汚
染水累積処理量183720t ヴェッセル交換キュリオンサリーともヴェッセル交換予定なし
2号機格納容器ガス管理システムでのサンプリング結果


東電「11/9改訂版出しているが意見聴取会、保安院からのコメント踏まえ再改訂 報告
書本体は配布、HPUPしているが主な改訂点御説明。大きな点2つ 今回の圧力容器への窒
素ガス封入の件、日曜日発生した蒸発濃縮装置からの漏洩に関して今後の対応記載

5章 3号機温度計信頼性に関する追加考察 1,2号機について1-64ページに結論 
1-15度 2-8度程度標準偏差 概ね20度程度 3号機は2号機と同様と推定していた 

1-65ページから追加考察 2と3号機の炉心状況比較して3号機温度計どうなのか評価
福島第一原子力発電所1~4号機に対する「中期的安全確保の考え方」に関する経済産業
省原子力安全・保安院への報告について(その1)(改訂2) プレスリリース 2011年|
TEPCOニュース|東京電力 bit.ly/s0kKup

東電「2号機温度計とほぼ同等信頼性あると3号機も結論づけた 1,2,3号機総じて20度程
度不確かさあるが安全余裕検討に加えたい。2-26ページ 第二章は原子炉格納容器内窒
素封入設備 窒素封入停止時の時間的余裕 圧力容器への窒素封入始まったのでその点考
慮しての余裕時間を考慮。水素発生量と水素濃度との時間的余裕がある 
表4 窒素ガス供給装置停止時3号機17時間 1号機56時間 余裕満足するような
運転状態監視と運転再開を行なっていく

2-38 圧力容器への窒素封入必要性について これまでご説明していることを少
し纏めた 2-38でグラフ化しているが2号機格納容器ガス管理システムで水素ガス濃度変
化確認 水素ガス濃度が起動直後2.9%まで上昇し徐徐に下がって0.5%程度で安定してい
る状況から考察

2-41ページ 格納容器ガス管理システム起動前は格納容器トップヘッドのフラン
ジにリーク箇所あるとするとそれより上の部分水素滞留可能性あることと 水素濃度の動
き見ると圧力容器内フランジから漏れる所あるが圧力容器トップヘッドにも滞留可能性あ
ると圧力容器へも窒素ガス入れる判断
トップヘッドに溜まっている水素ガス引き出すことと圧力容器に直接水素ガス封入
することで圧力容器のトップヘッドのガスもあわせて吸いだす。水素ガス濃度を考えると
圧力容器への窒素での置換は行われたものと 」東電「まとめに記載したが圧力容器内部にも
比較的高い水素濃度あると思っているが圧力容器の外、格納容器側へ押し出されたと 
窒素封入により原子炉冷えていく際に上記内状態でも水素可燃限界以下になると考えている。

東電「臨界判断する際の判定基準と再臨界出力関係 判断基準に関して一部モニタリングポスト変動幅 
2μSv/hという変動幅見つかると原子炉側から異常な放射性物質流出あると判断したい。
再臨界出力は100kWと考えている。

淡水化装置 仮設ハウス内で漏洩発生したので今回原因究明して再発防止対策講じる。
報告書で記載したのはその他の堰に関してもヒビなど発見された場合はエポキシ樹脂等の塗布実施 
漏洩検知器設置、設置されるまでは巡視点検頻度上げて監視強化 一日1回だったが一日3回対応
再発防止対策原因究明など3点支持あるので報告書取りまとめて保安院に報告する
7-12最新の所内の負荷一覧 現在の設備に応じた電源盤負荷一覧を追記した

蒸発濃縮装置漏洩量 上流側水量、下流側タンクの水量で算出できないかというご質問
タンクは蒸発濃縮装置の稼働状況にかかわらずレベル高くなると自動起動 レベル底まで
起動する 水位からの差し引きからは漏洩量算出できない状況

インフルエンザ予防接種11/1から実施12/7時点 東電社員1400名 協力企業5767名終わっている 
現在作業されている方の予防接種はほぼ終了 新規ではいられる方は12/8以降150人/日可能なように実施」

NHK花田 中期的安全確保の考え方改訂版 水素の可燃限界に達する時間評価は表ごとに
どういう出し方なのか

東電「表2格納容器への窒素封入止まった場合 表3圧力容器への窒素封
入止まった場合 表4は窒素の封入量10m3/hの場合を評価 2,3号機の場合は18時間
17時間と時間的な余裕が少ないことも分かったので本日午前中で注入量を15m3/hに上げた」

NHK花田 最終的評価 RPVのなかに窒素があって押し出されていったと 
2号機吸い出した関係で一時2.3%まで高まったという理解でいいか

東電「2号機格納容器ガス管理システム動いて分かったがこの挙動からみて2号機は追い出
されていると 圧力容器へ窒素ガス封入することでその効果によって追い出しつつある
格納容器内の水素濃度分布 格納容器トップヘッドに2~3%水素濃度 圧力容器内
水素濃度について具体的数値そのものは分からないので書いてないが6節水素濃度変化2
号機類推から圧力容器窒素による置換行われたと見ている」

NHK花田 水素濃度4%という評価について

東電「最大2.9%を測定した状態から見ると格納容器内上部水素ガス濃度4%ありえたのではという
評価結果 ある意味最大でも4%程度と なおかつ酸素濃度それより少ない量なので
可燃限界には達していない」

NHK花田 前回評価では2日余裕と 今回時間が短くなっているが

東電「2-9に設備運転状態監視というところで窒素ガス封入量封入圧力は免震重要棟でモニター
その後圧力容器窒素封入量は6時間に一回封入量確認 早く見つけて早く対応する」

朝日こん 中長期的安全確保の改訂版 蒸発濃縮装置からの漏洩防止検知器はいつから

東電「設置工事スケジュールはまだ決まっていない 具体的なところまでは詰め切れてな
い 巡視点検時間つめて実施」

朝日こん 格納容器側も置換できているのか

東電「2号機は現在格納容器ガス管理システムで吸気しているのでそこから抜けているが
1,3号機は封入した窒素ガスで圧力容器から格納容器へ押しだされている 
格納容器フランジ、貫通部シール弱いところから漏洩している状況」

朝日こん 検知器はキュリオンサリーにも追加するのか

東電「キュリオンサリーアレバは漏洩検知器既に付いている 淡水化装置はセシウム濃度が
低いので環境への影響は小さいということで堰にとどまると見ていた」

朝日こん ここ2週間で差流量大での停止が集中していることについて

東電「その前はこうした警報なかったので状況変化あったのかもしれないが、
そこまではつかめていない」

TV東京おおしま 賠償費用捻出のために火力発電売却検討報道あるが)東電「私どもとし
ては11・4公表している緊急特別事業計画に基づきIPP等他者電源検討、電気事業試算売却
検討しているがなにか現時点で決まっていることはない 安定供給と経済合理性勘案しつ
つ聖域なき合理化進めたい

朝日小堀 注水システム今後更に安全性高めること計画 仮設設備なので1年くらいと仰
っていたが今後丈夫な設備作る計画はいつ頃示されるのか

東電「設備信頼性上げる件は適宜実施 何度か漏えいしたホースもより丈夫なポリエチレン管に
交換を進めている 現在7割程度ポリエチレン管に変わっている」

東電「徐々にこうした信頼性工場努めたい」

朝日小堀 新しいもの作るのではなくホース取り替えか

東電「既存設備はホース交換、電源多重化行なっている 水処理設備を検討しているが次期
水処理設備の設置運用あわせて4kmになっている循環ループを少し短くして漏洩リスクを下げる
ことも検討中 まだ具体的設計固まっていないので見ている 
中長期廃炉に向けたロードマップも検討中 そういう所で何かお話できるのではと見ている」

朝日小堀 昨日8月吉田所長など管理職への聞き取りメモ公表 当時1号機原子炉建屋内での
線量異常にあがったことMS管理室配管の蒸気リークの可能性について

東電「線量上がる原因は何かリークあったとか1号機炉心TAFきり体気になりつつある影響、
大きな地震受けたあとで埃舞い上がりバックグラウンド高い状況等
事故前の福島第一のだいたいの空間線量100cpm それが300cpm程度にというのは上
がっているがなにか大量の蒸気漏れているのではなかろうと 地震力で安全上重要な設備
応答解析行なったが設計応力が十分下回っている MS配管壊れて漏洩は考えにくい。
運転員がそうした発言したということであれば可能性の1つとして申し上げたのではと 
社内事故調査委員会で聞いているが証言、記録類あたってみて当時物が漏洩している状況は
事実として確認されていない」

朝日小堀 余震含めてかなり揺れているので微小な亀裂はいって蒸気漏れてという可能性は
まだ否定出来ないと

東電「完全にそういう事象ないという否定はできないが繰り返し応力で疲労破壊、
ヒビが入るところまではこれまでの知見から申し上げて極めて小さいだろうと思っている。
原子炉のシュラウド、PLR配管で既にヒビあった所で地震応力受けてもヒビの進展は殆ど
見られなかったので地震の繰り返し応力で疲労破壊に至ることはないのだろうと見ている」
3年程度で注水設備どういうふうに維持管理するか記載 絶対的なものと、3年間びた一文変えない
というものではない 蒸発濃縮装置からの漏洩は漏洩検知、堰の維持管理今回新たな知見、
経験で判明したのでその部分をきちんと追加 今後も保安院さん等とよく協議し維持管理」



東京電力会見 終了


関連記事
スポンサーサイト
会見 文字起こしの関連記事

category: 会見 文字起こし

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/366-9e14afb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。