福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

2011年12月06日 11:00開始 東京電力 記者会見
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2011年12月06日 11:00開始 東京電力 記者会見  






東電「原子炉注水 窒素ガス封入順調 2号機格納容器ガス管理システム出口水素ガス0.5%
循環冷却1,2,3,4順調 2号機放射能除去水循環して行なっていたが目標10^2~3オーダーが
到達したと見られているので、システムを停止 濃度は午後の会見で 2→雑固体廃棄物減容処理建屋移送
6号機タービン建屋屋外仮設タンク16時までの予定 3号機復水貯蔵タンク→3号機タービン建屋
地下移送残水200t残っていたが塩素濃度1万ppmと高いこと分かったので、移送して処理水を戻す
プロセス主建屋3581mm 73↓ 雑固体廃棄物減容処理建屋2129 46↓

サイトバンカ4432 4↑ トレンチ1-DS 2-2883 15↓ 3-3186 13↑ タービン建屋
1-3567 23↑ 2-2901 14↓ 3-2947 21↑ 4-2942 2↑ 移送を止めているので
3,4号機水位上昇転じている
原子炉建屋1-7↓ 2-13↓ 3-23↑ 4-4↑ 5号機取水路清掃の状況確認のため水中カメラを卸している

原子炉注水6:32 使用済み燃料プール6:34停止 2号機格納容器ガス管理システムサンプリング、
ブローアウトパネルサンプリング ブローアウトパネル作業は終わっている

キュリオンサリー水処理継続 蒸発濃縮装置は漏洩のため停止中 プロセス主建屋、
高温焼却炉建屋高濃度汚染水累積処理量182660t ヴェッセル交換はキュリオンでHヴェッセル
2塔とAGHをKHヴェッセルに入替え作業。蒸発濃縮装置からの漏洩は現在漏洩量と放射性物質濃度評価している

ニコニコ七尾 汚染水淡水化装置からの流出 海への流出調査について

東電「漏えいした排水路に残っているサンプリング結果を元に生みまで到達したか判断。
ベータ核種で判断することとなるのでそちらの取りまとめ 漏洩量300Lと申し上げたが側溝に残っているぶんと
地面に残っているぶんを見直しする」

NHK花田 漏洩の関係ベータ核種分析は今日中に出てくるか

東電「ストロンチウムを分離して当該核種だけ測るのは時間がかかるが、全ベータは出せると思っています」

NHK花田 今日中には出る排水路のサンプリングで海に出たか判断すると

東電「はい そうです。側溝から排水路に流れ出ると排水路は通常水が流れていると、到達したと仮定すると
海に流れでたと 排水路の隙間に染みこむこともあると思うが、全量海に出たと考えて計算した。
評価結果を加えた形でお知らせさせて頂ければと思っています」

NHK花田 ベータ核種はストロンチウム以外には?

東電「通常報告しているセシウムもβ崩壊したあとγ崩壊するのでβ線は出すが、ストロンチウムが
支配的ということで構わない」

NHK花田 セシウムなども含まれると

東電「はいそうです β線そのもの全部測っているので」

NHK花田 3号機復水貯蔵タンク 塩素濃度1万ppm

東電「3号機復水貯蔵タンクはタービン建屋溜水を一旦移動してタービン建屋の水位を下げたので、
元々タービン建屋溜水 津波で海水入っているので塩素イオンが高い この水を炉注水源として活用したい」
一旦タービン建屋へ移動して最終的には35t水が残るので、処理水を入れて塩素濃度を下げたい」

NHK花田 ポンプからの水源となるのか

東電「はい そうです。水素ガスを評価して施設運営計画に盛り込む。
懸念したほど水素ガスは溜まってなかったと思っています」

NHK花田 以前高くなったのは?

東電「格納容器の量が多かったのではと思っています。
2号機は格納容器の空気を吸っていたのでその影響があったのではと思っています。」

等で会見終了

関連記事
スポンサーサイト
ニュースの関連記事

category: ニュース

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

コメント

てすと。

URL | 名無しさん #-

2011/12/06 12:47 * edit *

書き込みテスト

URL | 名無しさん #-

2011/12/06 12:30 * edit *

てすと

URL | 名無しさん #-

2011/12/06 12:30 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/358-552d154a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。