福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

学校が1年5ミリの給食を強行したワケ
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

学校が1年5ミリの給食を強行したワケ 



学校が1年5ミリの給食を強行したワケ


武田邦彦 (平成23年12月3日)
http://takedanet.com/2011/12/15_17b0.html

文部科学省が給食に出す食品の汚染度の上限を「1キログラムあたり40ベクレル」という通達を出した
ら、多くの教育委員会からクレームが来て、取り消す騒ぎになっている。
このところの食品の安全に関する動きを見ると目を覆うばかりだ。最初に、500ベクレルの暫定基準値
を決めたとき、「厳しい値を決めると食糧が足りなくなり、餓死者がでる」などという時代錯誤の意見が
でて、高めに決まった。

その後、いったい暫定基準値を安全として食品を食べると何ミリシーベルトになるのかがハッキリして
いなかったが、その後、「1年5ミリ」で決めたことハッキリしてきた。
でも、日本の法律は1年1ミリだから、根拠薄弱だ。「餓死する」と言っても日本の食糧自給率は40%
しかないし、餓死が問題になる穀類自給率は25%にしか過ぎない。その100分の1ぐらいが汚染され
たから、1%以下だ。だからちょっと輸入を増やせばそれで餓死者など出るはずもないことはハッキリ
している。

そのうち、さすがに支えきれなくなって食品安全委員会は「一生で100ミリ」という奇妙な判断を出した。
だいたい日本人の一生は80年だが、このような規制は「平均」ではなく「だいたいの人が生きる最大」を
採らなければならないので、3シグマという統計を使えば96%、つまり100歳ぐらいになるから、
1年1ミリを追認した形になった。

でも、今まで、原発作業員が「5年で100ミリ」ということはあったが、せいぜい5年である。
0歳児に被曝したものを一生の合計で決めるという根拠を聞いたことがない。
つまり、0歳児で100ミリを被曝したら、その影響が100歳にまで及び、0歳児の100ミリ被曝は安全で、
その後100年で体内で処理できるなど生物の代謝からいってあり得ない。

この問題はむしろ、食品安全委員会が「1生100ミリ」などと決める権限も実力もない。
被曝量を決めるのは食品衛生の専門家ではなく、被曝医療などの専門家の参加が必要で、しかも
国際的な合意を必要とするからだ。その点も議論されていない。

その後、「食品だけで1年1ミリで基準値を決める」と言うことになったが、これも奇妙だ。
国際合意、文科省や経産省の指導は今まで一貫して「外部、内部被曝を合計して1年1ミリ」であり、
ここで、「食材だけで1年1ミリ」と「値切り」するとはケチな話だ。
1年5ミリからまともな数値に戻すなら「すべての合計が1ミリ」にしないと国際的にも通用しない。

・・・・・・・・・

ところがさらにあった。文科省が「1キロ40ベクレル」としたが、これはセシウムだけならおよそ1年1ミリ
に相当する。私は「セシウム以外にヨウ素やストロンチウムの被曝もあるし、水は別勘定」ということで
「ベクレルを100でわる」という計算だが、それともほぼ一致する。計算根拠は50年から75年の積算被
曝量の計算からでるのだから、どの計算でも前提が同じなら同じようになる。

ところが、教育委員会からクレームがついた.そのクレームの理由が「児童の健康が・・・だから」という
のではなく、驚くべきことに「測定器を買うお金がない」
というのにはビックリした。
原子力予算が4500億円あるなかで、わずか数億円しか要らない測定器を買うお金がないから子供を
被曝させて良いという教育委員会のクレームは信じられない。


そうか! 測定器がないから規制値を下げるのに反対とは! それが教育委員会の実態なら1年5ミリ
などなんでもないはずだ。また、メディアも「子供の被曝を3月11日以前の基準に戻さないのか」とか、
「教育委員会はどのように考えているのか」などには全く興味が無く、単に経過だけを示している。

・・・・・・・・・

子供の健康に関することなのだから、ドタバタは止めて、「子供の健康を守る」、「3月11日以前に、
日本の子供を被曝から守った基準に戻る」ということで強く合意して欲しい。

関連記事
スポンサーサイト
汚染の関連記事

category: 汚染

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/343-3d25bd02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。