福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

警戒区域解除、住民戻る 田辺市熊野
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

警戒区域解除、住民戻る 田辺市熊野 



3カ月ぶり再スタート 警戒区域解除、住民戻る 田辺市熊野

台風12号の豪雨でできた土砂ダムにより設定された和歌山県田辺市熊野(いや)地区の
警戒区域が3日朝に解除され、住民は3カ月ぶりに住み慣れた地区での生活を再スタートさせた。
「自宅で正月を迎えられてよかった」と住民。しかし「また起こらないだろうか」と不安も口にした。

土砂ダムは9月4日、地区を流れる熊野川で崩土によってできた。決壊する恐れがあるとして
同月16日から、地区は原則立ち入り禁止の「警戒区域」に指定されていた。

この日、警戒区域が解除されたのは午前9時。門扉が開くと住民の一人、中村日出夫さん(79)が
車で自宅に向かった。地区から避難しているのは18世帯28人だが、雨や帰宅の準備ができていな
いためか、早々に戻ったのは数人だった。

中村さんは地区に入れなくなってから隣接する面川地区で市営住宅を借り、妻の洋子さん(77)と
一緒に避難生活を続けてきた。自宅に入ると、まず部屋の掃除や片付けをした。これまで昼間には
毎日のように戻っていたが、今日からは急いで帰る必要がない。「やっと自宅で寝れる。
風呂にも入れる。やっぱり住み慣れた家は落ち着く」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

しかし「夜になると怖いかもしれない。来年の台風シーズンが心配」と土砂崩れへの不安を口にした。
上流にある百間山渓谷入り口やキャンプ場前は仮設道路が設置されたものの、大量の土砂が
たまったままで、被災後すぐの景観とそう変わらない状態だった。

区長の橋本登さん(74)があらためて地区の変わり果てた景観を眺め「キャンプ場前の橋や川の近く
まで突き出た山が、ある程度土砂の流れを止めてくれたのかもしれない。しかし2人が亡くなり、
1人が行方不明になっている。上流の集落ではもう住めないかもしれない」と表情を曇らせた。
熊野地区の上流にある杣谷(そまだに)集落では、道路がまだ復旧しておらず、電気や電話も回復し
ていない。

橋本さんは田辺市秋津川にも自宅を持ち、熊野地区とで行き来して生活している。
「地区にとって一歩前進。みんな家に戻ることで古里の良さを実感するだろうと思う。
しかし、全壊した家もあり、家があっても戻ってこない人もいるだろう。
熊野地区の住民数は半分ほどに減るかもしれない」と寂しさをにじませた。

昼前になると住民らが次々と自宅に戻り始めた。

大原秀子さん(70)が避難していた市営住宅から生活用品を自宅に運び込んでいた。
「やっと戻れた。これで正月を自宅で過ごせる。でも、また崩れないかと心配」と不安がった。

百間山渓谷入り口にある大原昭二さん(84)宅は、電気や電話がまだ復旧していない。
大原さんは上富田町朝来の次女宅に身を寄せたままで「早く戻りたいと思うが、電気や電話がなくて
は生活できない。やはり地区が気掛かり。

年寄りだが、地区の立て直しに少しでも役立ちたい」と話した。

■自然の驚異に足すくむ 現地ルポ

警戒区域の設定が解除された3日、地区に入り土砂ダムを目指して歩いた。

山を真っ二つに割ったような土石流の跡。幅は100メートル以上ありそうだ。
足元の土は前日に降った雨を含んでぬかるみ、一歩一歩に時間がかかる上、岩や流木が何度も
行く手を阻む。ぺちゃんこになった軽トラックや、屋根しか残っていない家屋も視界に入った。
途中、大きな岩に登って振り返った。目立った人工物がない。自然の力の恐ろしさに足がすくんだ。

40分ほどかけて約1キロ歩き、ようやく土砂ダムがあった場所にたどり着いた。
すでに埋め戻されているが、仮排水路の工事は続いていて、何台もの重機とすれ違った。
その奥には、豪雨で崩れた斜面が見えた。
同じように台風12号で土砂崩れが起きた田辺市伏菟野の現場も見ているが、規模はそれ以上だっ
た。

工事を担当する近畿地方整備局によると、仮排水路の現在の延長は約130メートルで、来年3月
末までに400メートルまで伸ばすという。(中陽一)


【変わり果てた地区をあらためて眺める区長の橋本登さん(左)ら=3日、和歌山県田辺市熊野で
(上)、近畿地方整備局の土砂ダム対策工事現場。
奥は崩れた斜面(3日午前10時55分、田辺市熊野で)】


2011年12月03日更新
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=222387

関連記事
スポンサーサイト
ニュースの関連記事

category: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/342-ef042b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。