福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

12/2・11:00開始 東京電力 記者会見
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

12/2・11:00開始 東京電力 記者会見 



【12/2・11:00開始】東京電力 記者会見






“吉田前所長 被ばくと関係低い”
12月2日 10時44分
東京電力福島第一原子力発電所で3月の事故発生以来、収束作業の指揮に当たり、病気療養のため
に、1日付けで交代した吉田昌郎前所長の病状について、枝野経済産業大臣は、2日の閣議のあとの
会見で、放射線被ばくによるものとは考えにくいという見方を示しました。

この中で、枝野経済産業大臣は「吉田前所長の病気と、放射線被ばくとの因果関係は、専門家の判断
が必要だとして、東京電力に確認させていたが、昨晩、報告があり、吉田前所長の病気は被ばくとの
因果関係は考えにくいという見解が示された」と述べ、吉田前所長の病気は被ばくによるものとは考え
にくいという見方を示しました。
さらに枝野大臣は、吉田前所長の詳しい病状については東京電力が会見の中で説明することを明らか
にしました。

NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111202/k10014355851000.html





J-GLOBA 明石 真言
http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200901070932970666


会議名 : 厚生労働委員会
収録時間 : 3時間 45分
案件(議題順):
厚生労働関係の基本施策に関する件(放射線の健康への影響)

http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.php?deli_id=41163
<参考人>
明石真言(独立行政法人放射線医学総合研究所理事 薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会放射性物質対策部会








東電「窒素ガス封入1,2,3号機格納容器と圧力容器へ封入 2号機10:25に圧力容器へ5m3/hから
10m3/hへ流量増やし引き続き経過観察 5時現在格納容器ガス管理システム出口0.6% 
値変化していない 格納容器ガス管理システム抽出量は昨日22→34へ増やしている 2号機圧力容器へ
10 格納容器26で注入中 使用済み燃料プール循環冷却1,4号循環冷却2号機は差流量大で停止中
本日原因調査点検修理、3号機は一次系ポンプの吸い込み側ストレイナー清掃作業9:01から使用済み
燃料プール循環冷却止めている停止時18度 0.2度/h↑見込み
ストレイナー清掃は3時間で終了予定。2→雑固体廃棄物減容処理建屋 3→プロセス主建屋へ移送継続実
施中 6号機昨日10時から移送しているが16時までの予定 プロセス主建屋3507 25↑ 雑固体廃棄物
減容処理建屋2415 51↓ サイトバンカOP4306 4↓ トレンチ1-DS2-2957 19↓ 3-9↓ タービン建屋
1-3415 19↑ 2-2971 19↓ 3-2938 9↓ 4-2969 2↓ 原子炉建屋地下1-3960 20↓ 2-3091
16↓ 3-3154 10↓ 4-2992 8↓

作業状況継続実施中の5号機取水路清掃作業7~17時実施 原子炉冷却は6:30停止 
使用済み燃料プールは6:33停止 2号機ブローアウトパネル開口部ダストサンプリング。
チャコールでのサンプリング。
建屋カバー排気システムによるサンプリングと機器ハッチで風量測定 作業台車に線量計をつけて
3号機原子炉建屋1階線量測定予定。

警報発生していたため停止していた二系列目運転再開してRO2,3 75m3/hで淡水化処理 
蒸発濃縮淡水化3Aのみで運転 淡水化水バランス勘案し運転台数決める 高濃度汚染水瘰癧処理
量178420t ヴェッセル交換なし

読売萩原 専門家に吉田の病名について

東電「プライバシー、本人の意向あるので公開は控える」

読売萩原 専門家ご自身が診察されたわけではないと
東電「はいそうです 病名と健康診断データ、線量データを提供してご判断を仰いだ」

東電「昨日頂いているので時刻は確認」
読売萩原 今後の治療期間は?

東電「治療期間はお医者様の判断ですので何ヶ月くらいかかるかはわかっていない」

読売萩原 手術伴うものか
東電「病名 治療内容はプライバシー観点から控える」

読売萩原 放射線で発症リスク高まるものではないと
東電「月曜日因果関係ないのではと聞いていたが、昨日段階で放射線専門医から、因果関係は
考えにくいと結論を頂いた」

読売萩原 放射線で発症リスクが高まる可能性ある病気か
東電「今回の事故の従事での被曝と病気の因果関係は考えにくいと結論をいただいた。
放射線医学総合研究所の明石先生 明石先生が判断したということは公表しても構わないと伺ってい
るが、ご本人への取材、お問い合わせはお断りしたいと承っているのでご理解頂ければ」

朝日坪谷 吉田所長は3/11以降の被ばく線量
東電「線量個人情報なので公開控える」

朝日坪谷 11月検査入院と もう確定診断しているのか
東電「検診の結果を11月中旬受けていて病名は出ている」

朝日坪谷 検査して病状分かったと
東電「現在入院しているので検査と治療に専念」

NHK花田 2号機水素濃度 RPVへの窒素注入始まっても上がってこないが

東電「こちら両方の可能性、これまで5m3/hで10:25から10m3/h 追い出しやすくなる可能性がある
水素ガスそのものが圧力容器頂部に溜まってないと濃度変化ないということになるので、もう少し見る
必要がある」

NHK花田 圧力容器体積から見て何日みればいいか
東電「現在だいたい4日程度 日曜日頃にはだいたい結論得られる」

NHK花田 再処理工場の関係で2002年荒木会長勝俣副社長など撤退で合意していたと

東電「原子力燃料サイクルを維持していく上でエネルギー安定供給などの観点から変わったことは
ない エネ庁含む関係者と様々議論行なってきたが報道にあったような撤退協議や撤退方向で合意し
た事実はない。
社内の経営層含む様々なレベルで議論おこなってきたが、会社として撤退の方向で協議とか撤退の
方向で検討開始という事実はない」

NHK花田 勝俣会長再処理行うか社内で5回経営会議について
東電「役員参加の会議だが常務会といった経営会議存在している 」


阿部 病気が線量と関係ないのか線量自体が関係ないのか
東電「明石先生から病気との因果関係はないと 昨晩診断結果頂いた。確定的影響と確率的影
2種類 確定的影響は大量線量で皮膚のやけど、水晶体白濁現れることある 何千Svオーダーだと
急性障害 確率的影響だと100mSv以上で発ガン、白血病顕著なリスク高まること確認 
100mSv未満ではそうしたところはっきり分からないので直線近似している」


関連記事
スポンサーサイト
会見 文字起こしの関連記事

category: 会見 文字起こし

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/336-17f942ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。