福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

公の発表は正しい数値ではない 飯館村区長ドイツで怒りの叫び 「自分は島第一原発のヒバクシャ」 
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

公の発表は正しい数値ではない 飯館村区長ドイツで怒りの叫び 「自分は島第一原発のヒバクシャ」  



「自分は福島第一原発のヒバクシャ」 飯館村区長ドイツで怒りの叫び
 2011年12月1日 19:00


飯館村区長ベルリンで怒りの講演
飯館村前田区の長谷川区長が11月27日、ドイツのベルリンで講演を行った。

ブント(ドイツ自然•環境連盟)、ドイツ放射線防護協会、ベルリン日独平和フォーラムという3団体が
主催した「福島県の人びとによる報告」と題する講演会に参加。原発事故について怒りの声を上げた。

放射線量は嘘をつかれ、隠された講演によると、3号機の爆発が報じられた3月14日、飯館村役場では
国から空間放射線量が40マイクロシーベルトを超えている、との連絡を受けていたという。

村長はこの情報を口止め。その後、大学の研究チームが調査であきらかにした村内の汚染について
も、データの公表を止めようと試みた。

放射線量のデータも、国や県が出した数値と、報道陣や大学の研究チームが出した数値には大きな
開きが見られる。

事故直後、40ミリシーベルト/時と報告されていた時期に、ジャーナリストが提示した値は100ミリシー
ベルト以上だったとのこと。

長谷川区長は「公の発表は正しい数値ではないのです。嘘の報道をしているのです」と語った。

大人は自殺し、子どもたちは差別を受ける
飯館村が避難地域に指定されたのは4月11日だった。村内にはそれまでにプルトニウムなどが大量に
降下したものと見られている。

酪農や農業など生活の基盤を失った人に自殺者が相次ぎ、相馬市では酪農を営む人が自殺。
近隣ではさらに102歳の老人や93歳の高齢女性も自殺したという。

区長は同地区に住んでいた子どもたちの未来についても心配する。
広島や長崎のヒバクシャと同じく差別を受けるだろう、と予想。
こういった大事故を起こしながら、なお原発を再稼働し、海外に輸出しようとする国家の姿勢を批判し
た。


http://www.tax-hoken.com/news_SFIp830Qq.html?recommend


関連記事
スポンサーサイト
ニュースの関連記事

category: ニュース

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/331-e542757c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。