福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

第6回 低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

第6回 低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ 



第6回低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ2011年12月1日



低線量被ばくのリスク管理の在り方等について検討するため、上記会合を下記の要領で開催します。
本会合は、下記4.により事前登録された報道関係者の方に公開する形で行います。

平成23年11月30日 内閣官房副長官補室
http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/info/kaigiannai_111201.html

日時 平成23年12月1日(木)18:00~20:00
場所 航空会館5階 501・502会議室 (東京都港区新橋1-18-1)

議題(予定)
大臣挨拶
リスクコミュニケーション
(1)中谷内一也 同志社大学心理学部教授よりご説明
(2)神谷研二 福島県立医科大学副学長よりご説明明


開催案内
議事次第
出席者一覧
発表資料1:リスク認知の心理学(中谷内一也 同志社大学心理学部教授)
発表概要

発表資料2:福島第一原子力発電所事故の経験から学ぶ(神谷研二 福島県立医科大学副学長)
発表概要


海外の専門家から寄せられたメッセージ
Mikhail Balonov (ミハイル・バロノフ)氏のメッセージ
Werner Burkart (ウェルナー・ブルカルト)氏のメッセージ
Roger H. Clarke (ロジャー・クラーク)氏のメッセージ



Mikhail Balonov (ミハイル・バロノフ)氏のメッセージ

1986 年以来25 年が過ぎました。私たちは、今、公衆衛生上のどのような損害がチェルノブイリ事故に
よって引き起こされたか知っています。損害のほとんどが、1986年5月に、汚染された地域で生成され
た、放射性ヨウ素を含んだミルクを飲んだ子どもの高い甲状腺癌発生率に帰着しました。
不運にも、当局と専門家は、この内部被ばくの危険から、適時、十分に彼らを保護することに失敗しまし
た。福島では、子どもが2011 年3 月から4 月にかけて、放射性物質を含むミルクを飲まなかった
ことにより、この種の放射線被ばくは非常に小さかったといえます。
このため、近い将来あるいは、遠い将来、どんな甲状腺疾患の増加も予想できません。

チェルノブイリ周辺の放射性セシウムに晒された地域の居住者の長期被ばくがどのような影響を与えた
かについて、25 年間にわたる細心の医学的経過観察および科学研究は、ブリャンスク地域の人口に

おける特別の疾患の増加を示しませんでした。
また、最近、最も権威のある国際的な専門家により行われた、ベラルーシ、ロシアおよびウクライナに
おけるチェルノブイリ事故の健康影響の評価でも同様でした。
1986 年のロシアのブリャンスク地域における被ばく状況の比較と2011 年の福島県の比較から、
日本の人口における放射線起因の特別の疾患の増加はありそうもないと
いうことができます。

UNSCEAR 2008. Report to the General Assembly with Scientific Annexes

UNSCEAR2008年報告書




ニコニコ生中継
http://live.nicovideo.jp/watch/lv72697493

IWJチャンネル6
http://www.ustream.tv/channel/iwj6#utm_campaign=www.cas.go.jp&utm_source=7281058&utm_medium=social

20111201180754.jpg 20111201190500.jpg 20111201191140.jpg 



以下に続く・・・
細野「今日はリスクコミュニケーションについてご議論頂くこととなっている中谷内先生と神谷先生から
お話を伺う」

中谷内一也氏「低線量放射線被ばくを定量的に理解していただくための方針 図を持って、こういう
話35歳以上は高齢出産で非常に危ないと言ったらどういう反応が変えてくるか35歳を境に暗黒とそれ
以前はハッピーというのは無理がある 個人差がある ただ妊婦全体としては若いほうがと
年齢は安全の指標ではあるが安全性そのものではない 栄養状態やストレスが多い生活を送ってい
るかが、出産のリスクに関連している。低線量放射線リスクの考え方と基本的には共通するところがある どこかの線量できってそれ以下なら大丈夫で以上ならバタバタ死ぬという二分法はおかしい
1mSv超えた所で反応が変わるわけではない 癌になるかは他の様々な要因gs関連している。

一般の人のリスク評価の考え方を理解する素地は十分あると考えたほうがいい、0リスクを一般の人
は要求するという声もあるが全く分からないわけではないと言える。
低線量放射線のコミュニケーションでも定量的に理解していただくためには1から何か新しい考え方を、
形成しなければいけないわけではなく既に持っている考え方を適用する視点が大事。 
制限速度とおなじで低速度でも事故が起こることはあるが高速のほうが被害が大きいと皆わかってい
る。 既に持っている知識利用してアナロジーや比較 Risk comparison使うことは有効。
 
有効だが、2006年BSE問題でアメリカからの輸入ストップ 再開したら脊柱が混入していてアメリカか
らベン次官が謝罪 だが牛肉よりもスーパーに買い物に行って事故に遭うリスクのほうが高いと言っ
た。 それはそれこれはこれと別の問題と思うはず。

何が問題かは説得の意図が明々 比較は役に立つはずなのに拒否される 喫煙、大量飲酒、肥満運
動不足のほうが100mSvよりもリスクが高い 1mSv超えた所で反応が変わるわけではない 
癌になるかは他の様々な要因関連している。
一般の人のリスク評価の考え方を理解する素地は十分あると考えたほうがいい、0リスクを一般の人は
要求するという声もあるが全く分からないわけではないと言える。

低線量放射線のコミュニケーションでも定量的に理解していただくためには1から何か新しい考えを
方形成しなければいけないわけではなく、既に持っている考え方を適用する視点が大事 
制限速度とおなじで低速度でも事故が起こることはあるが高速のほうが被害が大きいと皆わかってい
る。

10万人あたり自殺は24人、お風呂で命落とす可能性交通事故より低いが2.5くらい あるリスク表現
する時に決まったセットを作る。
理解と感じることと行動することはまた別。アルバイト代500円お渡しして飢餓に苦しむアフリカの子供
たちを援助するためいくらかいただけないかと言う。一般の人がリスクを感じる要因はたくさんある 
例えば自発性 自発性ではリスク低く感じられるが そこに住んでいるとリスク高く感じられる。
線量だけで不安が決まるわけではない。

今回のように事故が起こってから低線量の線量より高い線量を引き合いに出してこれより低いといって
も受け入れていただけない。平常時から固定された組合せのリスク比較セット作っておく 
一案として10万人あたり年間死亡者数飛行機事故1万人に1,2人 身近なもので並べる
統計的にリスクが理解されても安心や行動に直結しない。統計的にリスクが低いことはわかる、
目の前に血を流して倒れている人がいれば何とかしなきゃと思う、リスク評価で性急に安心や不安を
強いることは無理がある。リスク評価は大事だが安心とは結びつかない

ネット調査でモニター 安全保安院食品安瀬に院かい、気象研、東大地震研、東京電力、JR東日本、
関西電力、JR西日本評価求めた 信頼に関しては1~5点で選択してもらう。
能力、動機づけ、価値共有、リスク管理評価それぞれも回答してもらった

信頼平均値1~5なので中央値3 飛び抜けて低いのが東電と保安院1.62 1.69 東電は信頼を決め
ている要素価値共有0.67 能力0.16 動機づけ0.14で 価値共有が高い 
保安院もだいたい同じ 比較的信頼が高かった気象研は能力が高く JR東日本は万遍ない状況
信頼が低下してしまっている組織ほど信頼は価値共有しているかどうか次第。
能力を強調して知識や専門的技術持っていること強調しても信頼回復には有効ではない 
同じ目線で目標を共有していることを確認しあう作業が信頼を回復しコミュニケーションを改善すると
期待される

20111201180754.jpg 20111201181441.jpg 20111201181505.jpg 20111201181848.jpg 20111201181906.jpg 20111201182135.jpg 20111201182355.jpg 20111201181906.jpg 20111201182420.jpg 20111201182506.jpg 20111201182510.jpg 20111201182622.jpg 20111201182641.jpg 20111201182817.jpg 20111201182853.jpg 20111201185533.jpg 20111201185702.jpg 20111201185855.jpg 20111201190500.jpg 20111201190817.jpg 20111201191140.jpg


丹羽氏「リスク評価によって安心や不安知ることなかなか難しいと そこで逆がすごく気になっていて
不安が生じる原因、不安を強いることは簡単なように思う」

中谷内一也氏「安心にさせることは難しいが不安にさせることは簡単というのはあるが 不安に思って
いただけるかは価値の共有次第 いま不安に思うほうが多いのは危ないですよという方が同じ価値を
共有しているからと」

「信用失うのは一瞬と 3月の対処が不十分で政府信用出来ないと 信用回復は」

中谷内一也氏「厳しい質問 研究色々あるがどうやったら回復できるかはあまりない 失敗を認めて
誤ってできるだけ償いしましょうと 透明性を確保すること、どうぞ監視して下さいと マズイことがあれ
ば罰して下さい 自分から言うことが大事。透明性確保せよと言われる前にやること」

細野「ワーキンググループを始めたときにそういうところから始めたいということあった 原発近くに住ん
でいる人の安全を守ろうと一生懸命やってきたが結論だけ言っても信頼されないし100%完璧かという
と色々問題あった」

細野「プロセス含めて全部オープンにして白か黒かで線が引けている状況ではなくグレーゾーンあるが
線を引かなければいけないところ悩みながら努力しているところを見て頂こうと。
ネットなんか見ていると政府の人間とあまり使いたくない表現だが御用学者が集まっているという批判
ある。そこを乗り越えないと集収しない事態 説得の意図が見え見えだとダメだと、いま10mSv 20mSv
と言うと客観的にみると喫煙や肥満より低いが自らの選択ではないので単純に比較できないとよくわ
かっているが何かと比較しないと 先生が私だったらどういう表現をする」

中谷内一也氏「化学物質管理から見ると放射線が高い あえて低いリスクも入れてこれより高いがこ
れより低いと 長期的にはセットを作っておいて普段からと 既に起こったので遅いが今後も何かしら
事故起こること考えてリスクのセットを作っておくこと。
完全にクローズでやっていて批判がでたからオープンにというのと初めからオープンというのは違って
いた 全員がよしといってくれないからオープンにするのは無駄だったとは必ずしも言えない 
1000人のうち5人が余分に癌になるのが多いか少ないかはそれぞれで安心してもらいたいから安心し
ろというのは良くない」

細野「できる限り福島で方向性をわかって頂くようやり取りしようと できれば専門家の先生方にも現地
でコミュニケーションに参加していただきたいと 政府関係者に懐疑的な目を向ける方も多いと そうい
う方々に接する時心がけ」

中谷内一也氏「価値共有大事 直感的な手がかりの1つとしては同じ所に住んでいるとか、同じ釜の飯
をとか運命共同体のような人のほうが説得力ある 選挙でも落下傘と言われると不利 同じ所で同じ経
験している人が言ったほうが信用してもらえる 技術、知識よりも何かあったら同じ目にあうと」

前川氏「信頼が何によって決まるか ここにいらっしゃる方々はテレビ、ラジオでいろんな質問に答えて
いると 聴衆や視聴者が信頼するか 電波通しての能力面は肩書きで判断 動機づけは見え見え 
価値共有はなかなか難しい 私たちや政府がメディア通してメッセージ流しているが効果は上がってな
いか」

中谷内一也氏「専門家が信頼してもらおうというのは信頼の構図からして難しい 専門家にとっては
再現性や一般性が大事 感情的にならないことトレーニングされている 客観的に話する 住んでいる
人からすると距離おいて見ていると受け取られると 一生懸命やっていて能力高くても難しい
中谷内一也氏「受け入れられている人たちはこの事態に怒ったり嘆いたり同じ勘定を抱いているから
信用しようと、専門家として適切なこと言っているかは一般人は分からないので何で判断するかはそう
いうこと。科学的妥当性押し出しても信頼あがることは難しい」

「リスクスケール紹介で今回は既に起こってしまったので遅いと」

中谷内一也氏「全然相応しくないとは思わないが10年くらい使われていて何か事故が起こったときにい
つもこれが出てきたと、そういう場合で100mSvではこのくらいといえば信頼された 起こった事態に
対する物差しは、どうしても恣意的に見られる」

神谷研二氏「今日の話は中谷内先生のわかりやすい包括的お話と違って現場で働いているものが
学んだこととリスク情報に関する今後の課題お話できたらと ケースレポート 福島第一原子力発電所
では3月12日以来爆発続き15日爆発で多くの放射性物質が環境中に放出された。広島大学は放医研
と共に現地に駆けつけ県民の皆さんの安心安全に資する活動行なってきた オフサイトセンター 住民
の避難の時の除染やスクリーニング。100人以上の教職員が現地で活動 放射線の影響は肉体的影
響だけではなく人の心と社会に強い影響与える。

現地の4月の新聞 風評被害今も続いている、転校した子どもが放射線がうつると地元の子供から
イジメをうけることも 子どもを持っている保護者の不安は大変強い。
少しでも影響をわかり易く説明しようと説明会に参加 今まで8000人以上に説明してきたが、なかなか
不安は1時間話して解消するレベルではない。実際に被曝しているので深刻な問題。
実際に福島の人どのようにおもっているか 朝日新聞の電話世論調査 圏外の放射線量少ない地域
に移り住みたいかと質問に移りたいと34% そうは思わない62 子供がいる人では半分以上が移り
住みたいと 県外避難1万人近く そうは思わないという人に理由を尋ねると 住み慣れた地域を離れた
くないというのが60%近く 地域に住んでいる人の復興への思いは非常に強い。
放射線情報の問題点列挙 一番最初の住民の混乱は馴染みのない単位が突然日常生活に登場 
どれがどういう意味か分からないと


データが提供されるが意味や価値が十分説明されずデータそのものがあまり意味を持たないと。
当初不安を軽減化されるために安全に対する説明が逆に政府、東電、専門家、マスメディアに対する
不信感を高めた。様々な媒体の情報が氾濫したが専門家の意見も異なり判断ができない
100mSv以下の線量の現実感がなかなか実感がない 想定されるリスクを確率的に表現するので
具体的イメージが捉えにくい 安全か安全でないかが多かった 100mSv以下に安全か安全でないか
のとらえ方してしまう 確率的リスクなので、うまく理解していただける説明しなければ・・・

ICRPはリスクを相対化して使うこと重要と言っているがそこの点が十分行われていない 都合にいいよ
う比較したのでは意味が無い。私たち自身ができてないし国全体でも行われていない。

福島では健康管理調査行われているが福島での健康管理は非常に重要 必要な取り組み、1ALARA
の原則に基づく低減化 2健康監視と管理 3個人が能動的に関わる放射線モニタリングシステム 
こういう取り組みの基本となるのは4住民参加と放射線リスク情報の共有 調査の意義と目的を詳細に
伝えていく必要 きめ細かい対応が求められると 各課題に対応すると同時に全体的取り組み重要 
ロシャール氏先生お話になったベラルーシの取り組みが参考になる 戦略的取り組みが必要 
一つ一つの事項をバラバラにやるのではなく戦略的に組み立ててやる必要がある。

意思決定をトップダウンからボトムアップに 住民から上げていく必要。意思決定プロセス透明化 
住民が参加すること一番の原則。住民参加した場で利害関係者、専門家、国、自治体参加と連携。
住民と地域の専門家が状況の管理に直接関与すること。国は権限を移譲し手段を提供すること

各個人に情報を提供すること。住民を護る放射線防護と健康管理のキーワード住民参加による意思決
定が非常に重要 プロセスに住民のコミットメント 過程の透明化 行動を支えるのが放射線情報の
提供とリスク情報の共有化」神谷研二氏「ベラルーシの例でもご紹介いただいたが住民が自ら被ばく
状況を把握するための放射線モニタリングセンターを各地に作ること 住民自ら測定できる場を 
健康に関しては住民の参加とコミットメント重要 住民と自治体が一体となって話ができる地域委員会
を作ること リスク情報共有化地域で 「朝日新聞の9月24日の社説 福島県の川俣町の花火をある
自治体が買って打ち上げて福島を応援するフェアをやりたいと計画したが一部住民から上げるなと
反対され中止 陸前高田の松お焚き上げも中止となった。

福岡市の市民グループが福島応援ショップ企画したが中止せざるを得なかった
被災者の人を理不尽なことで失望させること起こっていて放射能被害正しく知ることが福島支援に
つながる 国民全体が放射線リテラシー上げることが重要 市民のリスク認識をまず尊重」

細野「今日はお二人のプレゼンテーション興味深く 見ていた方もわかりやすいと思っていただいたと
思う。ここまで9ヶ月経って走りながらいろんなコト考えて判断してきたのが政府の実態だったと思う。

それぞれの担当の人間サボらずに一生懸命頑張ってきたがそれだけやっても政府が信頼されていないのは、
どこが問題あったのか、どう改めていくかが最大の鍵 現場で頑張ってこられた神谷先生から
現場の声いただいて中谷内先生からは専門家の先生は目からウロコだったのではと
いいお話いただいたので専門家と政府関係者どういうリスクコミュニケーションすれば安心と信頼いた
だけるか 来週は南アフリカ行くので次回12/12 私の希望としては違う立場で福島県内いろんな活動
されている方から現場に近い方からお話聞くのがいいのではと」


以上


関連記事
スポンサーサイト
低線量被ばくのリスク管理の関連記事

category: 低線量被ばくのリスク管理

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/330-847e290e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

12月2日 第6回低線量被曝リスク管理に関するワーキンググループのまとめをご紹介

12月2日 第6回低線量被曝リスク管理に関するワーキンググループのまとめをご紹介

ぼちぼちいこか。。。

2011/12/03 23:45

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。