福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

イラン最大の原子力施設
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

イラン最大の原子力施設 



イラン最大の原子力施設イスファハンで爆発の報道あり


09.gif


Une explosion retentit a Ispahan en Iran
Blottr Digital First posted: Lundi, 28 November, 2011 - 17:47
Ci-dessus une photo de l'agence de presse iranienne FARS sur laquelle on peut voir
une explosion. Cette photo, mise en ligne sur le site de l'agence pendant quelques
minutes a ensuite ete retiree du site.
Une explosion est survenu a Ispahan, berceau du nucleaire en Iran
Selon l'agence FARS, l'explosion aurait retenti dans toute la ville.
Il y a environ deux semaines un accident similaire serait survenu alors que des militaires
transportaient des munitions explique un membre de la Garde Revolutionnaire.
Selon le journal Haaretz, l'Iran possederait une centrale pres de Isfahan, "une centrale
particulierement importante dans le programme nucleaire de l'Iran'.


http://www.blottr.fr/monde/a-la-une/une-explosion-retentit-ispahan-en-iran





イランの原子力研究の中心は、テヘラン原子力研究センターとエスファハーン原子力技術センターで
出力5MWの米国製研究炉があり、1980年代にアルゼンチン製の燃料(20%濃縮ウラン)を入れて
運転をしている。この原子炉は1967年にアメリカから技術供与を受けたものだ。

また、原子力研究センター内のイブネ・ハイサン・レーザー技術研究所でレーザー法によるウラン
濃縮や核融合の研究を行っているとされている。

エスファハーン原子力技術センターも研究員3000人と言われる大きな研究センターで、出力27kWの
中国製小型中性子照射炉と零出力重水炉、それに準臨界炉2基と研究炉が4基、さらに出力
27MW(MWだからkWの1000倍)のプルトニウム製造炉もあると考えられている。この研究センターは、
有名なホメイニ師の指導でできたものである。




イスファハーンで、IAEAの報告に抗議する人間の鎖


2011年 11月 13日(日曜日) 15:08

イラン中部・イスファハーン州にある大学の学生らが、IAEA・国際原子力機関の天野事務局長の
最新の報告に抗議の意を示し、この州にある核施設の前で人間の鎖を結成します。
イスファハーン大学の学生組織の1つの責任者を務めるマンスーリーさんは、ファールス通信との
インタビューにおいて、「イスファハーン州の各大学の学生らは15日火曜、この州にある核施設の
前に集結して人間の鎖を結成し、IAEAの天野事務局長の報告に抗議するとともに、イランの平和的
な核活動への支持を表明する予定である」と述べています。

イランのソルターニーエIAEA大使も数日前、イランの核活動をめぐる天野事務局長の最新報告と、
そこで提起されている主張に対し、「イランはこの8年の間に、天野事務局長の報告の中で繰り返され
ている主張に対する回答を示しており、IAEAの証拠書類やウェブサイトにおいても、そうした主張が
根拠のないものであることが確認できる」と語りました。
天野事務局長は、去る11月8日、イランの核活動に関する最新の報告書を、35のIAEA理事国に
配布していました。

これに対し、イランは、天野事務局長によるこの報告を、バランスや専門性に欠け、特にアメリカを
始めとする一部の国の圧力のもと、政治的な思惑にそって作成されたものであるとしています。
先週火曜に発表された天野事務局長の最新の報告書には、真新しい内容が含まれておらず、
事実上、数年前に提起された、正当な論拠によらない報告や主張の繰り返しとなっており、
イランは117ページに渡る証拠書類により、それらの主張を否定しています。


http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=22682





イラン原子力施設をイスラエルがXマス迄に空爆!?


10日英国の新聞「デイリーメール」が同国諜報筋の情報として伝えたところでは「イスラエルは近く、
米国支援のもとイランの核施設を空爆する用意がある」。

新聞によれば、イスラエルはクリスマスか新年近くまでに、イランを空爆する可能性がある。
英国政府は、イスラエルは米国の技術的援助の下「できるだけ早期に」イラン攻撃を試みるだろうと
見ている。 

「デイリーメール」は又、次のように報じた―
「オバマ大統領は、来年に控えた大統領選挙でのユダヤ系米国人達の支持獲得のため、イスラエル
支援を余儀なくされるだろう。 しかし英国情報筋によれば、英国は、そうした作戦あるいはその支援に
直接参加することはない。」

ロシア及び他の一連の国々は、イラン攻撃は中東地域全体の不安定化を呼び起こすとして懸念を
強めている。


http://japanese.ruvr.ru/2011/11/10/60157555.html





イランの原子力開発と核不拡散問題の展望
http://eneken.ieej.or.jp/data/pdf/1551.pdf


イランの原子力開発計画
3.1 ブシェール(Bushehr)発電所

ブシェール原子力発電所は、1974年イラン初の130万kW級加圧水型軽水炉(PWR)2基を、ペ
ルシャ湾北岸のブシェールに設置するよう、西ドイツ・クラフトベルク・ウニオン
(KWU、現シーメンス社発電事業部)により、建設が開始された。しかしその後のイスラム革命
(1979年)やイラン・イラク戦争により建設工事は中断した。

原子力発電所の運転を目指したイラン政府は8割近くまで進んだ建設工事の完成を急いだ。
1995年1月、イラン政府はロシア政府(原子力省:MINATOM)とブシェール原子力発電所建設協力
契約を締結した。

イラン原子力庁は1号機としてロシア製のPWR(VVER-1000(V-392)、
出力100万kW、2000年頃運開予定)を採用し、2号機としてKWUが建設していた
PWR(出力129万3,000kW、2002年頃運開予定)をそのまま使うとの考えを明らかにした。
同契約は1996年1月に発効し、MINATOM傘下の国営企業であるザルベツアトムエネルゴストロイ社
(ZAES)が1、2号機の工事を再開した。

なお、米国はイランの核兵器開発に繋がるとして、ロシアに再三にわたって契約の白紙撤回を要請し
たが、ロシアは「原子力の平和利用」としてこれを拒否し、契約どおりにブシェール原子力発電所を
完成させることを確約した。しかし1998年3月タービン発電機を供給することになっていたウクライナ
のターボアトム社が供給契約を撤回(1998年11月ロシア側が供給)等のため、建設計画は順調に
進んでいない(図4参照)。2003年3月には約70%完成しており、2004年には発電開始予定で
あったが、完成時期は、多分技術的理由のため、遅れ、2005年に修正されている。

2004年8月に発電開始を2006年10月と発表している。2004年10月にロシアは発電所建設は
終わったが、使用済み燃料をロシアに返還する契約が終わっていないといっている。1990年代初
め、中国からPWR2基(Qinshan-type:出力32万kW)を輸入する計画があったが、サイト選定の
困難と、恐らく、西欧諸国からの中国への原子炉用戦略物資供給を控える動きのため、中止になっ
ている。

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=14-07-01-01

関連記事
スポンサーサイト
ニュースの関連記事

category: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/321-b115fc67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。