福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

原子力政策のむだ整理を
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

原子力政策のむだ整理を 



“原子力政策のむだ整理を”


11月21日 4時21分

20日の「政策仕分け」では、原子力の研究開発や原発を受け入れた自治体に支出する交付金など
原子力政策の一部を見直すよう求める提言がまとめられました。専門家は「国策であることを理由に、
これまで議論が抑えられてきたむだの多い仕組みを整理することが必要だ」と指摘しています。

20日の「政策仕分け」では、福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」の存続の是非を含めて原子力の
研究開発の在り方を抜本的に見直すよう求める提言がまとめられました。さらに、国が福島第一原発
の事故のあと、建設の見通しが立たなくなった原発を対象に地元の自治体へ交付金を支払う準備を
進めていることについて、「積み立てている資金を縮減すべきだ」とする提言もまとめられました。

行政学が専門で、千葉大学元教授の新藤宗幸さんは「原子力政策は、国策であることを理由にこれま
で議論が抑えられてきた。
仕分け人がどこまで議論できたのか難しいところもあると思うが、政策を推進するために使われる特別
会計はむだの多い仕組みで整理することが必要だ」と指摘しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111121/k10014091201000.html





高速増殖炉見直し具体化が焦点


11月21日 4時21分

政府の行政刷新会議による「政策仕分け」で、高速増殖炉の開発について、福井県にある「もんじゅ」
の存続の是非を含めて抜本的な見直しを求める提言が出されたのに対し、閣僚の中からは、廃止に
向けては丁寧な議論が必要だという意見も出ており、今後、提言がどのように具体化されるかが焦点
になりそうです。

国の政策や制度の問題点を検証し、改革案を提言する「政策仕分け」は、初日の20日、東京電力
福島第一原子力発電所の事故を受けて原子力政策が取り上げられ、高速増殖炉の開発を巡り議論
が行われました。

この中で、仕分け人からは「もんじゅの本格的な運転が実現しないうえ、2050年までに商業化を
目指すという不透明な計画では、国民の理解を得られない」などといった意見が出されました。
そして、「もんじゅの存続の是非を含め、抜本的に見直しを行って再検証すべきだ」としたうえで、
来年度の概算要求で求めているもんじゅの予算については、来年夏以降の運転再開後に行う試験費
用の22億円の計上を見送るべきだとしました。

さらに、エネルギー対策特別会計の存廃を含め、原子力エネルギー関係予算全体の在り方を抜本的
に見直すよう求める提言がまとめられました。これについて、枝野経済産業大臣は、
「『これまで高速増殖炉の関連で使ってきた2兆円を、すべて再生可能エネルギーや省エネルギーの
開発に使っていたら、どうなっていたか』という視点が必要だ」と述べました。

一方で、中川文部科学大臣や細野環境大臣は「高速増殖炉の開発をやめれば使用済み核燃料をどう
処分するのかという新たな問題が出てくる」として、廃止に向けては丁寧な議論が必要だとしており、
今後、提言がどのように具体化されるかが焦点になりそうです。「政策仕分け」は、2日目の21日、
情報通信や大学改革などを巡り議論が行われます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111121/k10014090881000.html

関連記事
スポンサーサイト
ニュースの関連記事

category: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/276-aaebb547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。