福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

佐賀・長崎 原発事故想定し訓練
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

佐賀・長崎 原発事故想定し訓練 



佐賀長崎 原発事故想定訓練

11月20日 18時46分

東京電力、福島第一原子力発電所の事故のあと、都道府県単位としては初めてとなる、原発事故を想定した総合防災訓練が、九州電力・玄海原発のある佐賀県と隣の長崎県で行われました。

佐賀県が主催した訓練は、福島第一原発の事故を受けて、避難の対象を原発から半径10キロ
から20キロに拡大し、過去最大となるおよそ3万2000人が参加しました。このうち玄海原発では、福島第一原発と同じようにすべての電源が失われ、放射性物質が漏れるおそれがあるという
想定で訓練が行われ、九州電力の社員などが電源車からケーブルをつないで電力を供給しました。

また、原発の地元、玄海町の値賀中学校では、避難訓練が行われ、生徒たちがマスクを着用し
てからバスに乗り込み、原発から30キロ圏外の小城市に向かいました。さらに、新たに避難対象
になった伊万里市でも住民が初めて参加し、およそ50人がバスで30キロ余り離れた武雄市に
避難しました。

佐賀県の古川知事は「今後、防災計画を作るなかで福祉施設からの避難を複数の場所で進めら
れるのか、長期間に及ぶ避難をどう進めていくのかを考えなければならない」と話していました。
一方、佐賀県の隣の長崎県では、30キロ圏内にある松浦市の離島・鷹島で、2300人余りの
住民すべてを島の外に避難させることを想定した訓練が県が主催し初めて行われました。

このうち、陸路による避難では、住民がバスに乗って島と対岸の佐賀県側とを結ぶ唯一の橋を
渡って、松浦市役所近くの避難所に向かいました。また、海路では、港に集まった住民が民間と
海上保安庁の船に分乗し避難していました。参加した住民からは「道路が狭く、渋滞で動けなくな
るおそれがある」、「船だけで逃げる場合取り残される人も出る」といった懸念の声が出ていまし
た。長崎県の担当者は「陸路の避難では県境を越えた広域的な連携が必要だ。

海からの避難も船が足りず、自衛隊や海上保安庁に協力を要請したい」と話していました。
福島第一原発の事故のあと、都道府県単位で原発事故を想定した総合防災訓練が行われるの
は、佐賀県と長崎県が初めてです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111120/k10014087091000.html


関連記事
スポンサーサイト
ニュースの関連記事

category: ニュース

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

tag: 佐賀  長崎  原発事故想定  訓練 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/274-306cb093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。