福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

7号機の制御棒12本にひび
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

7号機の制御棒12本にひび 



7号機制御棒12本にひび 柏崎原発―東電「問題なし」



東京電力は18日、定期検査中の柏崎刈羽原発7号機から取り出した使用済み制御棒25本のうち、12本でひびが見つかったと発表した。
7日からの外観点検の結果、ひびは計35カ所で確認され、最長約9センチだった。制御棒の機能に影響はなく、
安全性に問題はないとしている。

東電によると、ひびは制御棒を滑らせるための「ガイドローラー」や、軸部分と金属板の溶接部分で確認された。
これらの部分にひびが入ることは過去に確認済みで、原子炉内の中性子に長期間さらされたことによる腐食が原因だと
している。





1308608163_convert_20111119002105.jpg




07.gif


4体の燃料集合体で形成される間隙部を移動するため十字形のブレードを有している。
制御棒には中性子吸収材としてボロンカーバイド(B4C)またはハフニウム(Hf)またはこれらを組合せて用いるタイプが
ある。制御棒の下部には制御棒落下事故時の落下速度を緩和するため傘型の構造をもった落下速度リミッタがある。
また、制御棒駆動機構と結合するためのソケットが設けてある。
制御棒駆動機構には水圧駆動式と電動駆動式とがある。両方式とも制御棒の急速挿入時にはアキュムレーターに蓄えた
窒素ガス圧を動力として利用する。原子炉に異常が発生するか、あるいは発生のおそれがある場合には、全制御棒が一斉
に炉心下部から炉心に急速挿入され、原子炉は停止する(原子炉がスクラムしたという)。
制御棒が挿入できないで原子炉の低温停止ができない場合には、炉心に中性子吸収材を注入して原子炉を停止する
ホウ酸水注入系が設けられている。

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=02-01-01-01

photo136805.jpg

原子炉に下から挿入されている制御棒。784本の燃料棒に、185本の制御棒がある


photo_2.jpg



過去のトラブル 一部

東京電力(株)柏崎刈羽原子力発電所3号機における制御棒の誤挿入について

平成22年12月2日 経済産業省 原子力安全・保安院 

http://www.atomdb.jnes.go.jp/events-data/events-002062.html



1.東京電力(株)からの報告内容                            

   定期検査中の柏崎刈羽原子力発電所3号機において、12月1日、制御棒駆動水圧  
  系水圧制御ユニット※1の復旧作業の一環として、制御棒(38-59)駆動水に関  
  連する弁を操作したところ、同日14時48分頃、中央制御室において、制御棒ドリ  
  フト警報※2が発生した。                            
   このため、当該制御棒が実際に動作した可能性について調査を行った結果、制御棒  
  位置表示系に異常はなかったことから、当該制御棒が実際に全引き抜き位置から一時  
  的に約15cm 挿入側に動作し、その後、元の全引き抜き位置に戻ったものと判断した。  


  ※1:制御棒駆動水圧系水圧制御ユニット                           
     制御棒を炉心内に挿入したり、引き抜いたりするため、制御棒を駆動させる機構に駆動用の水 
     を送る装置                                      
  ※2:制御棒ドリフト警報                                  
     制御棒が所定の位置にない状態となったことを示す警報                  


2.事象発生によるプラント安全性への影響                      

   本事象は、燃料装荷に伴う作業において、操作を行っていない制御棒が動作した事  
  象ですが、当該制御棒の周辺には燃料は装荷されておらず、直ちにプラントの安全性  
  に影響を与える事象ではありません。                       
   また、本事象の発生に伴う外部への放射性物質による影響はありません。

関連記事
スポンサーサイト
ニュースの関連記事

category: ニュース

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

tag: 柏崎刈羽  原発  7号機  制御棒  12本にひび 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/266-6d0664e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。