福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

2011/11/17 上原春男氏:自由報道協会主催会見
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2011/11/17 上原春男氏:自由報道協会主催会見  



上原春男氏;福島発瓦礫がマーシャルに到着したと聞いてショック受けた。太平洋に面する国がたくさんある。
途中の国々には既に到達してる状況。大変な迷惑かける。世界の大漁場なのに。

上原春男氏;マーシャル政府のトップクラスの方と話を。多くを語る事はない。
水爆実験については聞くという事も向こうも思い出すのも嫌な感じ。ただたまたま実験を見た人。生生しく思ってたようだ。

上原春男氏;そっとビデオを置いていかれた。見せて頂いた。皆さんが見たらビックリすると思う。
ビデオこうかいする時期きたら。当初の実験結果は哀れな事がおきてた。色んな影響あるようで

上原「ビデオを私に渡した人は福島原発影響は、こうなる可能性があると渡してきたのかと思う
別れたばかりだが、心苦しい思いをしている」

上杉「マーシャルに行かれた上原先生に、当時の水爆実験の件に関しての地元の事を」

上原氏「現地の方々は語りたくない。ただ、当時のVIDEOを入手し、今は見せれないが非常に悲惨なビデオである。それを下さった方は福島を思って下さったのだと思う」


上原「福島第一の1号機には電源止まっても冷却できる補助覆水機システムついていたはず。本当は電源切れても補助で1、2日冷却できる爆発しない状況になってたはずなのに。何故?」

上原「私の外付けの覆水機、冷却装置をつけたらどうなのか。未だにあの日にすぐ動いて1日2日でつけてたら今の事態にならなかった自信があった 密かに原子力発電所がつけつつあるときいた」

上原「ついたかどうかの確認はできてない。連絡はない。私の覆水機。原子炉に最悪の場合は、それをつけて頂ければ。その場合は電源がいる」

上原「電源については確保できるようにしないといけない。ディーゼル発電でなく電池で電源確保すれば。メルトダウンに至るまで崩壊熱が落ちてくスピード 速い最初直後に効果があったのに」

上原「残念 今みたいな大事故にならなかったのに」

上原「アウトオブコントロール。吉田所長は多分死ぬ覚悟だったと思う。逆に言うと私達は悪い言い方だが誰かが死ぬ覚悟で
対策たてないといけない訳。私も死ぬ覚悟で現場に行くつもりだった」

上原「自分達で弟子達と話あって死ぬ覚悟決めてた。こういう事故の時はそういう覚悟で。
専門家だったら何が起こるかわかる。政治家がメルトダウン起こってないと言うのは無責任」

上原「納得いかない。現時点では地下にあった。元々地下にはなかった 水が入ってきても安全な所においてたはず。
二階に。何故地下に持ってったのか不明。誰が電源を地下に持ってったの?」

上原「メルトダウンしてる。燃料棒どこにあるかわからないのに、どこを冷やしてるのかわからない。
燃料棒のない所をひやせばすぐ冷却できる。何を冷やしてる?理解できない事を、東電は言ってる」

上原「本当に核燃料を冷温停止迄持って行くなら外付冷却装置を付ける以外方法はない。今からでも。
冷たい水到達する様に外側で冷やして循環させる。方法はいくつもあるのに。東電訳わからん」

上原「チャイナシンドロームにならざるをえない。どこにあるかわからない訳だから。東電はどこを冷やしてるの?
東電は、何も教えてくれないから、なんともいえない」

田中龍作「東電が、メルトスルーして燃料棒が残っていないはずの格納容器の温度を測って冷温だとぬかしやがって…」
 
上原「地下水脈まで溶けだしているとしたら、海まで行くこと懸念。爆発の危険も考えられる。正直申し上げて、真実を
早く教えてほしいなと思っていますけれどね」

上原「私の外付け冷却装置。金額も提示した。今使ってるお金にしたら安い金額だったのに。たかだか100億円代。
いくらか買っても。今は何兆も使ってるんでしょ?100分の1でできたはず」

日隅「先生が外付けの冷却装置を提案されたとき、予算も提示されたのでしょうか」

上原春男「提示しました。ヘリコプター代など加味しても最大100億円代。いまかかっているコストと比べれば、
100分の1程度では」

上原「私の外付け冷却装置は使用済燃料にはついてる。みんな私の使われてる。湯気でてないでしょ?私のくっつけたら、
東電は早く冷却したというが、当たり前。本体はついてない。東電は言わない」

上原「使用済み燃料プールでは、最近冷却装置は使われている。3月には冷却装置は運び込まれた。本体の方ではない、
使用済み燃料プールの方だと思う、情報くれないのでわからないが」

松永「熱交換の第一人者ということでお伺いしたい。夏場の電力不足、エアコン。新たな提案などは」

上原「エアコンの開発、私がかなり関与したものもある、システムとしては限界かも。省エネ法はある、
また地中熱ヒートポンプは3割減可」

上杉隆「1~4号機の状態、先生からみるとどうか。メディアでは、部分的核臨界などという言葉躍った、その意味は」

上原「最近東電の発表みていると、私の知識の範囲超えた説明、正直何を言っているか分からない」

上原「自発的核分裂、部分的核分裂といった言葉、核分裂はそもそも自発的なもの。わたしは何を言っているか理解できな
い。核燃料がどういう状態かわからないことには、正確に状況分析できる人いないのでは」

上原「最近の東電の発表を見ていると私の知識を超えた言葉があってよくわからない、自発的核分裂とはどういう意味か?
東電が自発的に核分裂しているのかそんなことはできない」

上原「メルトダウンしてメルトスルーしてた時に核燃料がどんな状態かわからなければ正確な事はいえない。
言える人もいないと思う」

上杉「政治的には最悪の場合を想定し対応考えたりするわけだが、最善・最悪の状況どう考えるか」

上原「核燃料の塊の温度の把握重要。2800度、3000度であればそれに耐え得るものもはないわけで」

上原「3月15日より水素爆発が起こるという事は燃料棒からだき。メルトダウン始まってたという事
12日13日から核燃料飛んでた。想定される。11日ただちに冷却外付つけるべきだった」

ICU学生「ベトナムへの原発輸出、両国間で安全性確認ということだが」

上原「どれほど安全な原発か、現時点でそれを自信もってできるとは。設計見たことないので安全性についてコメントできま
せんが」

七尾 「汚染瓦礫の処理について、何かいい知恵はないか?」

上原「まだ発表はできない。瓦礫の処理など困ったことは私のところに持ってくる。一応、政府から言われて、設計と提案を
しております」

上原「一応提案の方向で進んでいる。採用され、ご覧いただけたら、みなさんびっくりしていただけると思う。こういう事態が
おこったとき、古い考えを持ち込んではいけないんですね、新しい発想が大事」


会見終了


関連記事
スポンサーサイト
会見 文字起こしの関連記事

category: 会見 文字起こし

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

tag: 上原春男  自由報道協会主催  会見   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/256-4356e9a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。