福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

2011/11/17・16:30開始 政府・東京電力統合対策室 合同記者会見
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2011/11/17・16:30開始 政府・東京電力統合対策室 合同記者会見 



2011/11/17・16:30開始 政府東京電力統合対策室 合同記者会見

東電側 「東京電力福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋 進捗状況のポイント」(PDF形式:575KB)http://t.co/LpT9Xb3g

http://t.co/s9I7mo4y



司会「合同記者会見を開催します 細野大臣は17:15堆積予定 園田政務官は18:15頃到
着予定」

細野大臣「久しぶりに参りました。なかなかお伺い出来ず失礼をしております。今日は7回目のロード
マップ更新 節目の日でもあるので参りました。後ほど相沢副社長から説明ありますが遮水壁、
カバー進展あり ステップ2達成に向けて着実に一歩一歩前進している。
依然発電所の中は厳しい状況」

細野大臣「中で頑張っている多くの作業員の大変な努力の結果 原子炉39 69 69度といずれも低い
状態。格納容器内35 70 59度で100度下回った状況 格納容器内は下部から上部多くの場所で測
定 全体的に同じ傾向示している」

細野「燃料の場所圧力容器の中にとどまっているか落ちているか議論あり 一つの説明としては格納
容器圧力容器ふくめ安定的に冷却できていると。蒸気発生抑えられ放出抑制できている
敷地境界0.1mSv/hと減少。循環注水冷却の定期的安定、中期的安全状態確保されているかどうか慎重に評価」

細野「Xe検出されたときはみなさんにご心配おかけしたが臨界ではないと確認。ホウ酸注入設備整えられているので対策整えられることできている。
水素発生などに対しても適切な対策取られているか確認されている所 
確認できた所でステップ2完了となる」


細野「先日発電所視察では吉田所長は格納容器ふくめ冷却されているが構内線量依然として高く厳し
い状況続いていると。年内冷温停止状態達成は現場としても可能と発言なったので関連事業者、政府
一体となって達成に向けこれからも進んでいきたい」

東電相沢副社長「発電所周辺の皆様、国民の皆様に大変なご迷惑おかけしていること改めて心よりお
詫び申し上げます。現在ステップ2終了に向けて全力あげて取り組んでいる所。
1ヶ月間進捗状況 お手元道筋進捗状況ポイントご覧下さい 基本的考え方変更なし。」

東電相沢副社長「先日と合わせて6つの課題目標達成。豪雨や水処理装置長期停止あっても対応で
きるレベルで水位維持。圧力容器底部先月から100度以下 本日現在1-37 2-68 3-68°Cとなって
いる格納容器温度は進捗状況資料に初めてお示し 気体温度は底部温度と同様順調に低下傾向」

東電相沢副社長「更に燃料冷却されることで順調に放出抑制 今回放出量改めて評価 毎時1億Bq
から減少して0.6億Bqと評価 敷地境界線量最大でも0.1mSv/年 今後中期的安全確保されている
か確認 確認できた後ステップ2終了」

東電「地下水遮水壁着手 現在測量ボーリング実施。1号機原子炉建屋カバーは10/28設置工事
完了 3,4号機はカバー設置に備え建屋上部がれき撤去実施。2号機ガス管理システム10/28から
運用。Xe検出されたが濃度から自発核分裂と確認・水素濃度監視して窒素充填量調節し適切に管理」

東電「格納容器ガス管理システムは1号機は10/10 3号機9/30から工事着手。3号機南側濃度測
定結果から放出量評価 先月までの暫定値ではなく確定値として評価 現在0.6億Bq/h 
事故時1300万分の1 敷地境界0.1mSv/yで目標1mSv/hより低い」


東電「中期的課題への対応原子力安全・保安院中期的安全評価の考え方設備の安全評価の結果に
ついて10/17・11/9報告 11/9には枝野大臣細野大臣より当社とエネルギー庁、保安院に対して
廃炉措置ロードマップ策定指示お受けし現在作成している」


読売みつい 放出放射能抑制され圧力容器底部温度も下がっている 
年内冷温停止状態実現メド立っているのか。中の燃料状態把握必要という指摘もある

細野大臣「ここまでいろんなトラブルあったが乗り越えてやってきたので年内の達成は可能と考える。
ただ慎重に確認する必要 1月半の間に確認」

細野「炉を開けるまでは完全には分からないと予測 大切なのは解析と予測、同時にあらゆる状態に
対応できる多重性多様性確保。臨界の可能性を完全に否定するのではなくホウ酸の仕組み作っておく
とか地震や津波対応できるシステム。最終的に冷温停止状態説明するときは多重性確保についても
ふくめ説明」


読売みつい 17:15には出るということどういう公務

細野「環境大臣としての面会 したがって原発のことと直接関係しないがそちらの業務も結構ある 17:30来客迎えなければならない」

ニコニコ七尾 冒頭説明で中の状態がわからない、燃料がどこにあるか分からない状態で作業してい
る この状態で冷温停止状態となるが 中の燃料地中にいっていない根拠

細野大臣「そこは様々な解析通じておよその状況わかっている そういう状況ありうるという前提でそれ
でも冷却しなければと」


細野 「汚染水温度も判断材料 外に出ている水の温度もみてきてそこも含めて冷却できていると。
そこは気になるところなので何度か吉田所長とも議論 水もふくめ安定した状況必要と 
そういうことも判断材料」

朝日小堀 年内冷温停止状態達成できるということ 保安院が作った専門家会議では通常の原発に
使う冷温停止という言葉当てはめるのはどうかと 格納容器の温度計±20度不確かさ残っている

細野 「確かに通常の発電所と大きく異なり単純に冷温停止という言葉使うことできないので冷温停止
状態と」


細野 「凡そ発電所の状況違うので2つの条件だけではなく多様性設定している トータルに安定した
状態達成できればステップ2終了と出来ると。避難されている方少しでも早く戻ってきていただくことの
条件 ご説明してお知らせすること大きな意味あると」

細野 「格納容器どんぴしゃりで底部で履かれているわけではない 上下20度ずつの差でリスク考えて
も100度より下がっていると確認できている。格納容器の中でも複数の場所で測ることで着ている 
トータルに見て安心して頂ける状態できていると」

NHKくろせ 格納容器温度、水位、外から超音波で測る技術は検討開発されていないのか

保安院「超音波やレントゲンのようなもの残念ながら格納容器の周りコンクリート1,2mあるので使えな
い状況」

おしどり 除染ボランティアを環境省のHP通じて募集している。阪神大震災でボランティア石綿で健康
被害出ている方保証されていない

細野「私も阪神大震災で2ヶ月ボランティア 私も全く気にせず外に出ていて配慮されてなかったリスク
は今度の福島のほうが配慮必要」

細野「除線ボランティアにいかれる皆さんの安全対策重要 具体的指導して頂いて安全にボランティア
していただくこと重要」

おしどり マスク義務付けたほうがいいのでは先日細野大臣除染参加された記事マスクをしていない
写真について

細野 「途中で専門家の方からアドバイス頂いてその日はセシウム飛散することないのでと外した」


細野「マスクしていない写真は問題あるなと途中からもう一度してマスクしている写真も相当ある。
この状態や線量なら湿度や線量によっては必要ないと言われたときは例外的に外してもいいと思うが
大原則は安全な状態で下ほうがいいと」

おしどり エネルギーと環境清水 第三者に評価して頂くプロセス 安心して戻れる評価も当事者の
評価では客観性かけるのでは 1F事故原因津波原因なのか津波原因7日の解明事故調査委員会で
も進んでいると思うが現在の認識は?

細野 「1点目は重要な指摘 安全委員会も第三者的正確強いのでそこにも評価させている。
米国NRCとは情報すべて共有して一緒にやっていること実情 政府内の検討だが様々な外部の声も
受けながらやっている そういったやり方にも批判的意見頂く 貴重な意見」

細野 「格納容器の温度できるだけ丁寧にと言うのは厳しい声にできるだけ答えようと しっかりやろうと
いう方向性 我々は4号機プール安全性についてもいろんなご意見に対応 批判的声も取り込んで
対策しているので様々な皆さんからご意見いただく中で冷温停止状態ご説明できるところまできたと」


細野 「津波か地震かについては慎重に見ている IAEA報告でも最終的には確認できていないという
書き方している もう少ししっかり解析しなければならない所 大きなダメージ津波で被ったことは間違
いないが地震でのダメージ本当にシリアスでなかったか」


寺澤有 細野さんが首相補佐官として会見出ていた時から現地取材記者クラブメディアもフリーランス
からも出ていた 実際に12日現地取材行われるとなって内閣記者会でやるということで 
共同記者会見参加者は排除され外国メディア4人みとめられたがフリーランス参加できてない

外国メディアからフリーランス素材を提供して頂くようなおかしな状況 次回以降フリーランス外国
メディアと同じ枠確保して欲しい

細野「フリーの皆さん非常に熱心にこのば参加していただいたこと知っているので入っていただけな
かったのが残念フリーの皆さん誰かにどうするかとなかなか確証持てず」

細野「正直どういう形にするか決めきれていない 次そういうチャンスある場合には今の話承ってやらせ
て頂きたい」

細野さん来なくなったあと共同記者会見出席30名くらいでフリーランス連絡会作って園田さんと話し合
い 別にそこから代表という事ではないがそういうものもあるので無視はおかしい


フリーでも譲りあって素材分け合うことはできるので外国メディアからもらうというみっともないことは
辞めたほうがいい

必ず声をかけてください

細野「必ず相談する 連絡会作っていただいているということなので」


日隅 事故収束に向けて情報提供していただいているが事故対策マニュアル 
各省庁間で独自に作っているもの共有されていない かつマニュアル一般の市民に公開しないという
ことはっきりと言われた 各省庁立場としてはそういうこともあるのかもしれないが

政府として各省庁のもの共有されてなければ穴あきSPEEDIのようなこと起きる

細野「まだ詳細全てわかっているわけではないのでしっかり調べてみたい 来年4月から原子力部門
統合されるので統一されると セキュリティ部分もあるので相談させて下さい」


FACTA宮島 公務でなかなかこられないのはしょうがないが重要決定あた場合環境省の人に会見で
説明して頂ければ 警戒区域これからどうするか 大熊町の方大臣に会われて大熊町に中間管理施
設作ってもいいからニュータウンをと 警戒区域難しい問題だと思うがどうお考えか

細野「なかなかこられなくて申し訳ありません。環境省人数少なく人を回すのに手一杯 節目節目で
環境省として説明しなければいけないときは質問答えられるよう考えてみたい。
除染はじめの2年大事 一方で2年立たないと何も決まらないのはまずい 枝野大臣、平野大臣、
私中心に政府内選択肢検討」

細野「一定の線量でなかなか返っていただくこと難しい場合2段階で帰っていただくこと。
政府として希望する方いれば借り上げるとかお買い上げするとか。できるだけ間おかずに年内に考えを
お示ししたい」

毎日中西 中長期的ロードマップ

細野「ステップ2終了前後にある程度しっかりしたもの作らなければならないとおもっている 
原子力委員会が材料提供していただいたこと示唆に富んだものだがやるのは東電保安院エネ庁 
世界と国民の懸念には答える必要あり現実的な前倒し」


細野「2年以内着手は踏み込んでやって頂きたい 最速のペースで廃炉に進んでいくこと」

中日谷 一般の炉とは違う中であえて状態という言葉使っている

細野「慎重に検討しているのはそれをしっかり言えるかを確認 そういう状態にならなければステップ
2達成意味が無いので慎重に確認した上でお示ししたい」


年内にこだわって急がれることのないよう

細野「政治的に歪められることあってはならない 一部の方からはもう冷温停止状態といってもいいの
ではという声もある 無理に冷温停止状態を皆さんに形だけで見せることにはならないと 自信持って
お示ししなければ」

読売なかじま 格納容器温度グラフ 2,3号機だいぶ初期段階ぶれあり 2,3号機0度指示している
時期がある 最近はなだらかになっている理由はなにか?

東電「お手元資料2ページFポイントは格納容器内温度 提示させて頂いているパラメータでHVH戻り
温度示している 格納容器内空調機今は動いてないが入口側」

「事故発生当時は高温高圧 水蒸気に満たされた状態なので端子台短絡絶縁起こりやすい状態で指
示ふらついていると 他の点でも同じ傾向 徐々に格納容器内、圧力容器内安定して接点部分の絶縁
不良回復してきたと。絶縁抵抗測定、TDR測定で温度検出器健全性確認し±20度不確かさの中で確
認」


NHK石川 事業主体として細野さんが地震の影響については慎重に判断していると 事故原因関連し
て 事業主体は東電 自己責任は東電ということだが地震の影響のことを考えると原子炉メーカーGE
に対する責任という物政府としてはどのように判断なさっているのか


原子炉メーカー責任東電としてどのように判断しているか 専門家の意見では1号炉爆発さえなけれ

2,3号機救えたのではという意見も根強くある 40年経った1号機運用延長した 東電としての経営判
断 許可した国の判断あったと思うが東電には過去の経営陣に株主代表訴訟の動きもあるが



1号機運用延長は国の判断として正しかったか。相沢副社長には延長の判断今現在どのように考えて
いるか

園田「まだ事故調査原因究明はしっかりしたもの確定していない 尚不明な点がある 事業者の責任
であるとか廃炉延長可否は政府として行なっているものではない」


メーカー責任

園田「排除するしないの以前の問題」

相沢副社長「東電としては事故の原因は事故調査報告書で改めて報告するが私どもとしては津波原
因と考えている メーカーへの責任追及は事故原因明確にして、経緯明確にした中で次のステップで
メーカー責任するか否か 今のところ具体的なものない」

相沢副社長「1号機の爆発2,3号機への影響あった 1号機は設備診断、軽年齢化による設備診断
大丈夫と検討経て決定しているので今の質問のようなことはないと」

(1号機が早く爆発したことは事実 事後においてその時点の判断正しかったか誤りだったか難しい
が 1号機運転停止していたら1号機爆発おきず2,3号機救えたと考えているか


東電松本「今回の津波によりどういう影響あったか 海水侵入し影響度合い各号機違う」

東電「2,3号機はRCIC直流電源で動く設備かろうじて使用可能 1号機は発生当初から注水手段なく
なり MAARP解析あったとおり一番早く炉心損傷 1号機停止していたら事故拡大しなかったかは結果
論から言えば1号機止まっていれば炉心損傷怒らなかったでしょうし」

東電「2,3号機どうだったかははっきりしたこと申し上げられない」

NHK水野 格納容器Fというのは底部から何m 冷却水温度

東電「十数m 格納容器底部でどうかは格納容器底部温度はっきりしたことわかってないがある程度
水溜まっているので格納容器全体としても冷却できている」

東電「高温の発熱体底部にあればF,Aの地点に温度高い部分出る可能性あるが全体として冷えてい
る F、ABCDは毎日2回公表 今回は改めて3/22から8ヶ月間のパラメータ 横軸短すぎてわかりにく
いがこういう傾向」

日経かしわばら あと何をしたら冷温停止7日 確認さえ出来れば新しい装置プラント取り付けしなくて
いいのか

園田「今日発表した温度で言うと1号機39 2号機70 3号機59度 格納容器内温度お示し 
前回までの底部温度あわせて発表 温度司る一番のシステムは注水系ライン、コアスプレイ」

園田「ずっと安定的にシステムが稼動しているかどうかも含め東電がだしてきた施設計画慎重に判
断 今段階で慎重な判断きちっと行うことが政府内としても統一的見解で判断できた場合に冷温停止
状態発表できる 1と3号機でもガス管理システム計画と工事着手している」


園田「圧力容器、建屋からの放出量しっかり管理すること中期的には見込まれると」

保安院「あと1ヶ月で何をするか 11/3保安院から中期的安全確保の考え方 
専門家の方たちにご意見聞きながら評価 もし注水設備地震で壊れたと、今のポンプ注水できなく
なった場合どうなるか評価」

保安院「温度どれだけ上がってセシウムどれだけ出るか 周辺被曝与えるか 東電の計算をチェックと
保安院でも計算独自にして正しいかチェックしている。今の段階で追加設備はステップ2までには必要
ないが満足することなくガス管理システム追加設置など計画でている 事故の際の影響をチェックして
る」


おしどり アメリカエネルギー省DOEデータ文科省手に入れられているかどうかきいたが 
NLSE?で生データ公開している。前回視察でIAEAはどのようなこと

文科省「DOEのHP確認した 公開されているデータは空間線量データ ダストデータ 土壌データ 
画像データ航空機モニタリングでサーベイした所 全て文科省として入手していたものではないので
原子力研究機構でどういう活用できるか DOEのなかのNNSAで入手できるもの」

文科省「前回指摘受けてから確認したのでここ数日」

福島県民行動表 3/15以前は文科省2kmメッシュ 事故直後データ文科省は詳細データないと
言っていたのでNNSAデータ参考にされるということか

文科省「放医研の外部被ばく線量データは文科省でデータ取ったもの事故直後はSPEEDI」

文科省「線量、土壌、ダストサンプリングデータ含まれているようだが内部被曝活用できるデータ
含まれているか確認している所 十分な数ある家は確認」


文科省「NHK石川さんからもスペクトル見ればヨウ素沈着わかるのではというご意見頂いた 
今回のデータにはスペクトル入っていなかったので必要あればアメリカに要請」

おしどり 線量評価委員会7/22第一回 第二回線量評価委員会検討される予定ないと

文科省「放医研で開発したのは外部線量評価 DOE評価新しく使えるデータあるのかどうか専門家の
方に見て頂いている」

保安院「2F立入調査にIAEAの方同行した事実はない 保安院立入検査は法律に基づくものなので」


寺澤有 細野大臣に次回現地取材認めるということなったときはフリーランスからも参加させるよう
確認するよう とにかく事前相談確約するということ 直前で相談では代表取材となるようなこと言って
ましたが誰を選ぶと公平かという話になるのでフリーランス連絡会もある

そこから選べということではなく公平なやりかた検討 統合対策室はどういう状況までやるか 
半年たって長期になっている 明文上のものないのはよろしくないと そういった結構長く続くものなら
統合対策室自体の取材も行いたいし 概要もよく分からない 実在性証明する資料だして頂きたい


午前会見でも出ているが膨大な税金投入されている 東電社員にボーナス支給されるようだ 
国民と被災者の理解得られるとお考えか

園田「現地取材はおそらく大臣もこの場でお約束したと受け止めましたが事前に相談と申し上げたの
であればご指示に従ってまいりたい 対策室は政治主導で行われたもの」

園田「法的根拠あるという事でもないのでいつまで対策室なんだと 部内でそういう検討はない 
現段階でいつまでなのかはどこかでご相談しなければならない 
国家行政組織状の組織ではないのでお示しする資料は存在しない 口頭ベースが対策室全容」


園田「東電が国民に対しても説明責任果たすということ 中身にどうこう申し上げる立場にない 
大臣から東電に指示したのは中長期ロードマップ策定する際には作業しっかり行なっていかなければ
ならない人員確保、作業員安全しっかり行なっていくよう指示」


寺澤有 統合対策室取材も検討して欲しい

園田「統合対策室という観点で言えば内部は皆様方にオープンにすることは会見でもお答えしたがな
かなか難しい 現段階でも考えていない」

統合対策室設置したときはどういう状態まで維持して明文上のものに昇華させることも考えないままか

園田「明文化したものない 作ったときにいつまでという議論あったか承知してないので確認する」

朝日新聞 関根生活支援チームに。長期間線量高くて戻れない方の支援を検討している件。
帰還に向けて三宅島の時のような連絡会議を作らないのか?

支援チーム植田「ステップ2の話出ているがそちらが達成されモニタリング、除染をしっかりとやって 
お戻りになる環境を作っていくということ力注いでいく そういった過程で区域見直しございますし検討
の中で帰還難しいということもあろうかと思うがその場合地元自治体と議論し検討」

三宅島などのような対策本部

支援チーム「支援チームとしてだと思う 各省参画している」


東電「大きい値を使っている。1,2,3号機冷却進んで水蒸気発生量セシウム発生量温度減少に
従って減少 海0.2億Bq/h評価結果」(前回も冷えているので減ってきているという評価 
今後のめどは

東電 「具体的メドまではできていないが2,3号機が1号機並に減れば更に減ると」

東電 「1号機は0.1億Bq/hという評価だがカバーの中なので実際にはフィルターつうじてスタック側で
はND ほぼ出ていない」


東電 「具体的値まではまだ評価できていない 2,3号機原子炉建屋上部のルートは圧力容器格納容
器から水蒸気経由 事故の際爆発 2号機も格納容器高温高圧 建屋に出ている付着分が換気で
放出される部分あるのではと そのあたり評価してどのくらいに静定するか評価したい」

東電 「大きい値を使っている。1,2,3号機冷却進んで水蒸気発生量セシウム発生量温度減少に
従って減少 海0.2億Bq/h評価結果」

前回も冷えているので減ってきているという評価 今後のめどは?

東電 「具体的メドまではできていないが2,3号機が1号機並に減れば更に減る」


東電 「1号機は0.1億Bq/hという評価だがカバーの中なので実際にはフィルターつうじてスタック側で
はND ほぼ出ていない」


東電 「具体的値まではまだ評価できていない 2,3号機原子炉建屋上部のルートは圧力容器格納容
器から水蒸気経由 事故の際爆発 2号機も格納容器高温高圧 建屋に出ている付着分が換気で
放出される部分あるのではと そのあたり評価してどのくらいに静定するか評価したい」


保安院山形 「前回3号機建屋上部一部測定できてなかったが今回は全体測定して保守的に測定で
きているとおもっている」

このような測定方法で今後も行って冷温停止状態評価に持っていけるということか


保安院山形「評価手法はこの方法で十分とおもっている」

毎日中西 前回まで暫定値

保安院 「先程も説明しましたように3号機圧力容器上部半分しか測定できていなかったので保安院と
しては確定値とは言えないと暫定値として公表 
今回は全周測れたので保守的に測定できていると妥当と判断 暫定を外した」

産経おおや 環境改善職場環境未達成とは

東電 「引き続き同じような努力継続的に実施していかなければならないと 災害防止については
どこまでステップ2出やるかあるので緑に変えた 要員育成計画など順次実現するため継続案件」


木野 外部への放射性物質放出 処理のメド立っていないのが現状 どういったメドで減らしていくの
か 現在の放出量1300万分の1で0.6億Bq/h 通常の場合に比べるとどのくらいの量 先日もお伺い
したがNRCとの連携でNRCにどういうデータ提供しているのか先ほど細野大臣全面的に協力と
NRCに説明しているものと同じ物を書類で示していただくこと

相沢副社長「滞留水処理した水はタンク増設 散水によって低減図る これについては関係各所と
調整していろいろな選択肢作りたい」 

相沢副社長「1300万分の1通常に対してどうかだが通常敷地境界の枠0.05mSv/y 
それに比べ2倍 通常は10分の1以下で運用」

保安院「基本的には公開されている情報を提供 紙が全くないかは分からないが何かまとまって報告
していることはないと」


東電「現在処理水には10^1 10^0セシウム 更に低減して散水にも使えるようになると」

現状滞留水そのものOP3000から減らす方策ない以上長期に散水続くと


東電 「今までもご説明させていただいているが原子炉建屋タービン建屋抗濃度汚染水は処理スピードは処理施設と保管タンク総合勘案」

東電 「今後中長期のロードマップ与える影響は殆ど無いと考えているのでスケジュールの中で適切
に処理 環境に放出するリスク低減するのが基本的目標の管理 何が何でも1,2年で高濃度汚染水
処理できなくてはいけないという事ではないと 海などに漏れないように管理すれば基本的には問題な
いと」


東電「その後新しい本格水処理勘案して処理進めていく」

NRCとやり取りしている部所ではどういう回答

保安院 「聞いておりますが御質問いただいているようなまとまってレポートで提供しているわけではな
い 基本的に日々のプラントデータ 何か特別に報告書提供している状況でない」

NRCで滞留水状況放出量状況どう判断されているのか

保安院「特にだれがというよりも関係者が適宜情報交換 そういう所でご意見いただきながら検討進め
ている」

窓口は?


保安院 「保安院には国際担当窓口あるのでそういうものはいっている 案件によって固定メンバーで
はない」

保安院 「特に保安院としてNRCからまとまったレポートもらっていない 直接お聞き頂けば結構です」


読売みつい 細野大臣は初めて格納容器温度掲載と言われたがそうではないのか 
継続案件について

東電 「温度データは毎日公表のパラメータだが冷温停止状態判断にあたり損傷燃料が格納容器の
中に落ちている事も踏まえて全体として冷えていることを道筋資料として改めて掲載」

東電 「HVH温度測定場所は格納容器フラスコの下から1-7.9 2-8 3-8m ステップ2判断冷温停止
状態判断の残件は将来にわたって冷温停止状態維持できる設備整っているかを政府で評価中 
東電側で条件満たすためにやらなければいけないことはない」

東電 「放出量は確定値で結構 先ほど山形さんからお話あったように前回までは南半分測定できて
なかった 改めて南側測定できて一番値大きい所確認できて今時点の確定値」

FACTA宮島 参議院で福島市渡利勧奨地点なるかどうかで茶山さん矢面にたってらした 
どこまで福島市の方除染に協力的になるかあの時の議論どうなった 除染計画

支援チーム放射線班長茶山 「除染全体計画となるとこれから環境省計画方針決められてそれに
従って進められる」


6700戸大規模な事業だが具体的にはまだ決まっていないと

支援チーム 「大きな仕組みは国が財政的支援行うし計画作ること相談する 特別措置法で環境省具
体的にまとめる」


東電「注水1-7.7 2-2.7 7.4 3-2.5 8.1 流量調節弁追加工事は終了した。
圧力123.7 109 101.5kPa 2号機水素ガス濃度1.0% 
4号機使用済み燃料プール循環冷却熱空間木ユニット漏洩警報発生して一時冷却停止 
現場で漏洩ないこと確認し冷却再開」


東電 「6号機取水路工事本日分終了使用済み燃料プール1度上昇 
3号機原子炉建屋1階パックボット雰囲気線量調査実施中 本日と明日実施 
水処理装置キュリオンサリー運転 RO淡水化装置も現在3系列目で運転継続 
RO膜処理 10:50移送ラインで漏洩 25L 堰の中にとどまっている」


東電 「14:30淡水移送ラインで漏洩 取水テープで処置 ベッセル交換は実施なし 
本日の公表資料に午前会見で申し上げた格納容器ガス管理システムでの誤りと訂正版 
Xe135は10^-2レベル 自発核分裂継続と判断」

東電 「道筋資料2 13ページ 放出放射能量はセシウム134 セシウム137中心でやっているが 
今回2号機格納容器ガス管理システム設置し希ガス分析できるようになったので希ガス評価140億Bq
でているが敷地境界で0.0012mSv/年」

はやしまさあき 経産省前で座り込み 右翼団体と、警察が来て嫌がらせのようなことやって険悪な
状況 両者セットで一緒にやっている テントにはいって一緒にどうしろこうしろと ああいう場所なので
トラブルあっても困ると思うが 実態調査はないのか

林克明 警察と右翼が一緒に座り込みの人のところに行ってああだこうだという場面何度も見ていてど
う考えても変だなと

園田「詳細が把握できていませんのでお答えできる話ではないと思います」

長期間に渡っているので混乱が起きてはならないと ぜひ調査して頂きたい

ボーナスについて

東電相沢副社長「賠償する中で人件費削減大きなテーマ 最大限努力 ボーナスと言うよりも管理職
は年収25%減 一般職は年収20%減 色々やり方あるがたまたまボーナスで半分とか65%減 
年収削減でお考えいただいたほうが実体的 副社長は100% 乗務は65%カット」

NHK水野 ガス管理システムなくても冷温停止達成となる条件でいいのか

保安院 「原子炉内臨界判断どうするか 外部に影響与える臨界なら中の温度上がる 
温度上昇率測ることで基本的に把握できる あったほうがわかりやすい面もあるのでできるだけ早く
実施 基本的には温度で判断できる」

冷温停止状態宣言後、格納容器ガス管理システムあれば臨界起きてないと確認できるが一時的臨界
は温度圧力に反映されないと思うが

保安院 「今の原子炉状態は 臨界になっていること考えにくいとはおもっている 考えにくいからと
いって対策打たないわけではなくきっちり想定しておこうと」


保安院「冷却設備とホウ酸設備準備 設備あるので外に対して影響及ぼすことはないと」


新潟日報五十嵐 新潟県には7000人避難されている 避難の際SPEEDI情報活用されなかった件
情報伝達のあり方 避難指示 安全委員会や政府対策本部として検証どうなっているか

保安院「SPEEDIにより仮定おいて本来活用すべきだったと考えている」


文科省「事故の役割としては事故直後緊急時モードに変えて単位放出計算 放出源情報得られた
場合はそれに基づく計算 後者は活用出来なかった IAEA報告書にあるように非常に制限された状況
でも何らかの仮定計算おいて避難活用すべきだったと 今後事故調査委員会で評価」

安全委員会 「安全委員会では防災指針見直しをやっているが避難の情報伝達どうだったか 
渋滞はどうだったかのお尋ね委員からあり そこについては保安院から調査すると 私どもとしては
調査の答えを待っている状況」

園田「現時点で私どもとして事故調査委員会が最終的な結論出されるのをお待ちしている所 
現時点では教訓としてSPEEDI活用できる状況にきちっとしておかなければいけなかったんだろうと
IAEA報告書にもあるように次の安全庁といった組織見直しつなげるべきと」


園田「教訓からSPEEDI司令塔的役割果たす機関必要と 来年設置にむけ準備しているところ」


共同はっとり 圧力容器下部温度 ステップ2課題ほとんど達成していてということ 温度目標値は
特に設けないと

東電「今のところ設けない 現在の注水量見合う所である一定レベルで静定 1号機ほかのルート
多様性検討するが 温度は20度の不確かさあっても満たしていると」

現時点で発電所から出ている放射性物質量は0.6億Bqに加えてこの量も出ていると

東電 「総放出量は構わないがBq足し算は核種によって性質違うので影響度から言うとかなり差が
あると、ご理解下さい」


線量寄与

東電「格納容器の中に溜まっている希ガス吸い出しているのでタービン建屋脇から壁沿いに出ていく 
建屋、屋外作業員にもほとんど影響ない」

希ガス量低減 格納容器ガス管理システムで低減策になっているのか

東電「Kr85は捕まえにくい 格納容器内に事故発生時に溜まっている」

日隅 新潟日報の質問の答 保安院も文科省もマニュアルには単位放出についてのデータそのまま
使えと書いてるわけで活用できないとか文科省が緊急モードにしたと 配布マニュアルにも書いて
ある それを踏まえて何故問題だったか説明していただかなければ

冷温停止について様々な方法によって実現できているかどうか確認すると言われた中で汚染水温度
解析もされていると言われているがそれも見せて頂きたい こういう形で水入れていけばこういうふうに
温度下がるという見立てと現在の事象合致しているか開示して

ここで議論になったことが細野さんにどう伝わっているのか 細野さんはマニュアルのことも検討しま
しょうと ここでの話が細野さんに伝わって前向きに検討されるのであれば伝えて頂きたい


保安院「SPEEDIモニタリング指針にかいてあるとおり なぜ結果がうまく活用出来なかったのか
質問これまでも頂いている なかなかこれだと確定的に申し上げられる状況にはないが当時の事実
関係 事故発生当初単位放出量は配信されていたが保安院ではなんとか放出源情報得られないか
集中していた」

保安院「数十回の試算 3/11~12避難判断ふくめSPEEDI情報活かすことできなかった 
そういうことふくめ活かすべきではなかったかがIAEA報告書」

園田「評価結果については皆様方にお伝えするつもり その時詳しくご説明させて頂ければ 」

園田「細野大臣報告どのように伝わっているか時間とれたときは大臣へ報告 
それ以外も秘書官通じて情報は上がっている 細野大臣責任でHPにも議事録掲載 
詳細部分も大臣もチェックいただいていると」


保安院「中期的安全確保の考え方の中で シミュレーションで露出している燃料温度 
3号機72~97.9度という結果」

文科省「SPEEDI関連経産省担当の発電所の事故 文科省マニュアルでは原子力安全技術センター
に緊急モードに切り替え指示して関係機関へ伝達 避難活用は原子力対策本部」

マニュアルに何が書いてあるか分からない中でマニュアル通りやりましたといわれてもわからない 
連絡先載っていて公開できないというなら墨塗りで結構ですのでマニュアルだして実際にやった
所できているか確認できないと信用出来ない

保安院「11/9か10の報告書」

議事録20日経ってから 記者の方から要望があったことそれは拒否したことぐらいは項目としてその
日のうちにでも上げていただくこと励行して頂いて これは説明したほうがいいんじゃないのということ
報告していただけるよう 本来参加して頂く立場なので

ニコニコ七尾 SPEEDI運用体制整備という趣旨の発言 文科省と保安院にまたがっているSPEEDIの
運用を来年4月から原子力安全庁でということか

園田「8/15閣議決定で安全庁が担うという方針打ち立てて準備している所」

ネオローグ小嶋 20km圏内取材入れない理由治安ではないかという見解 
公益に当たるかという所

園田「まだ確認取れておりません確認取れ次第ご報告」


木野 先週からお伺いしているがヨウ素剤服用放送事業者要請されていたか 作業員環境改善現状
を報道などで6次7次下請けまであること 火力発電所ならせいぜい4次 今後対策考えられるか
解除のための材料づくりとは

支援チーム「緊急時避難準備区域ではモニタリング直接判断材料になると言うことではなかったと思う
がこの間モニタリングやらなければ 被災者支援チームでも放射線班と連携とって政府全体で決定し
ていく」



支援チーム「文科省からのモニタリングデータ公表されてますし文科大臣もチームの一員」


放射線班生活支援班は事務方ということに

支援チーム「行政班なので事務方 支援チームでは災害対策本部の決定に基づいて避難どうするか
検討は事務的に」

日隅 前回吉井議員が班目委員長に質問して 3/21 22文科省に報告求めたと 4月の衆院での
発言 園田さんがSPEEDIは既に連携取れていてと マニュアル共有されていないとするなら連携万全
とは言えない お互いマニュアル知らないなら別の場所で起こることも

園田「現時点で当時の情報共有されてなかったことは確認取れている それに対する国際社会に対し
ても共有しているので同じような事故起きたときは万全体制で望めると」

マニュアル共有されていない状態でSPEEDI万全とは言えない 

園田「現時点で情報共有している 同じような事故の際は万全と 事故において対応不適切な部分
あったと共有している」

同じミス繰り返さないためにはそれぞれどういう手順でやるか共有していなければ
東電のひび割れ隠しから同じようなこと言っていて改善されていない 
今回は深刻さに沿った対応して頂きたい

おしどり 2号機ガス管理システムからXe135検出された件 現在も継続して出続けておりますが
Cm242 244から中性子出続けている 未臨界状態がどのくらい継続するか 
汚染水タンク残りの容量質問した所海洋への投棄もありうると いつぐらいにいっぱいになる
作業員拠点がJヴィレッジから2Fに移るということいつごろか


東電「現在損傷燃料に存在しているCm自発核分裂起こっている状態 半減期に従ってなくなるまで
起こる 臨界の状態ではないので中性子は他の物質吸収されるか系外にもれでて臨界反応維持でき
ない状況」

東電 「処理水濃縮廃液受入タンク用意できている この状態ずっと維持できるわけではないので
選択肢として。2Fに拠点移す予定はない」

増倍係数

東電 「以前施設運営計画提出に書いてあるが近い所では0.9まであるが それと0.5とかの間にある
と 損傷燃料形状模擬してシミュレーションしているが何れにしても未臨界」

早ければ1月海洋投棄とお聞きしたが

東電「そういうこと決定した事実はない」

ネオローグ小嶋 先ほど確認取れていないということだったがドレくらいの時期 先ほど細野大臣
フリーランス含めた原発所内取材すると フリーランス以外で先日参加した記者クラブ以外に雑誌記
者等記者クラブに所属していない媒体もあるのでその点も参加できるようにお願いした

園田 「私の所管ではないので関係のところに事務局通じて照会 各省担当部局に情報がいって
逆に帰ってくると いろんな検討しなければならない物いつ頃までにというのはなかなか難しい 
検討結果帰ってき次第お伝え。」

園田 「フリーランスであるとかいうことだけではなくこの間記者会見でも様々取材申し込みいただいて
きた 引き続き検討したい」

東電 「先ほどのお知らせ訂正 RO淡水化装置25L漏洩 RO膜濃縮水供給装置とタンク?の間 
堰に留まっておらずアスファルトに染み込んでいる γ線0.02mSv/h β線1mSv/h程度」


東電会見終了


関連記事
スポンサーサイト
会見 文字起こしの関連記事

category: 会見 文字起こし

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

tag: 政府  東京電力統合対策室  合同記者会見 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/255-5dd297a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。