福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

1月までに「M9地震」が来る 北大研究員の根拠とは
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

1月までに「M9地震」が来る 北大研究員の根拠とは 



1月までに「M9地震」が来る北大研究員の根拠とは


『週刊現代』2011年11月19日号より
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/26292


「今年の4月以降、〝地震エコー〟という現象が増えています。
これは、M9クラスの巨大地震が再び発生する確率が高くなったことを意味します。
発生時期は今年12月から来年1月にかけての可能性があります」

衝撃的な警告を発するのは、北海道大学地震火山研究観測センターの森谷武男・
研究支援推進員(元北大助教授)である。

森谷氏は、大気圏内VHF電磁波散乱体探査法による、地震予知研究者の一人。
地震の前に観測されるVHF波の乱れ(地震エコー)を解析し、地震の発生時期や震源を
予測するというが、この地震エコーに、不穏な兆候が出ているという。

「3・11の大震災の約8ヵ月前から、89.9MHzのチャンネルに地震エコーが観測されてい
ました。同じ周波数の電波を発する放送局は全国にありますが、観測点は、通常この電
波は受信できない場所なのです。そこで8ヵ月間、異常電波が観測され続け、弱まり始
めた矢先に東日本大震災が起きました。現在、同じ現象が再び始まってから7ヵ月にな
ります。同じような経過を辿るとすれば、12月以降に大地震が起きる怖れがあるというこ
とです」

となると、いったいどこで起きるかだが、森谷氏はこう語る。

「東北南部の太平洋沖になる可能性が高いと思われます。震央は、東北南部沖から関
東沖の日本海溝南部付近。北は福島沖、南は房総半島沖というエリアになるのではな
いでしょうか」

奇しくも、つくば市にある防災科学技術研究所も最近、「房総沖で地下(海底)のプレート
がゆっくりと滑る〝スロースリップ〟が起きている」との観測結果を発表した。
同研究所は、この現象について「東日本大震災の影響がある」としながら、スロースリッ
プが「関東地方での地震発生を早めている可能性もある」と警鐘を鳴らしている。

スマトラ島沖の巨大地震と大津波('04年12月)の3ヵ月後に起きた同規模の地震も、
最初の地震の震源域の隣で起きた。房総沖には十分な警戒が必要だ。


関連記事
スポンサーサイト
地震、災害の関連記事

category: 地震、災害

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/244-f36c3caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。