福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

TPP交渉参加9カ国:協定大枠合意と声明…首脳会合
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

TPP交渉参加9カ国:協定大枠合意と声明…首脳会合 



TPP交渉参加9カ国:協定大枠合意と声明…首脳会合


2011年11月14日 11時23分 更新:11月14日 12時28分
http://mainichi.jp/select/today/news/20111114k0000e020032000c.html


環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉に参加する9カ国は12日朝
(日本時間13日)、ハワイのホノルルで首脳会合を開き、協定の大枠合意に達したとする
共同声明を発表した。オバマ大統領は会合で、来年中の最終合意を目指す意向を示した。

声明は「この画期的な協定をできるだけ早く決着させるため全力を尽くす」と表明。
来年中の決着に向けて、12月に各国の交渉チームによる会合を開催し、来年の交渉日程を
決めるとしている。日本をはじめ交渉参加に関心を示す国については、
「将来的な参加を容易にするため協議を続ける」と表明した。

オバマ大統領は大枠合意を受けて、「TPPは参加国の経済を押し上げ、米国の輸出倍増計
画の助けになるだろう」と表明。「私はこれをやり遂げる自信がある」と、最終合意に意欲を示
した。

ただ、今回の大枠合意は、9カ国による過去9回の交渉の進展内容を首脳たちが確認する
意味合いが強い。声明は「国によって異なる繊細な問題がある」として、一部で交渉が難航し
ていることも指摘。「大枠合意はオバマ政権が成果を誇示するための政治的なメッセージ」と
の見方も出ている。

TPPはアジア太平洋地域の貿易自由化に向け、関税撤廃のほか、サービスや投資、規制や
中小企業、環境など、広範な分野を対象とし、「将来のモデルとなる21世紀型の協定」を目
指している。





野田首相会見(1)TPP参加協議
「参加国から歓迎の意」成果強調


産経新聞 11月14日(月)14時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111114-00000533-san-pol


野田佳彦首相は13日夕(日本時間14日午後)、訪問先の米ホノルルでの内外記者会見
で、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の成果として、
「環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加に向けて関係国との協議に入るむねを
紹介し、いくつかのエコノミー(APEC参加国)から歓迎の意が表された」と述べた。

首相の記者会見でのやりとりは以下の通り。

 【冒頭発言】

 「APECは各エコノミーの自発的な意志によって、アジア太平洋地域における、経済面で
のつながりを深め、地域の未来を語り合う場として、その創設以来、日本が主導して、
そして、育ててきた地域経済統合の試みでございます。太平洋のど真ん中に位置し、
青い海と空が広がる美しいホノルルで、世界成長の牽引(けんいん)役であるアジア太平洋
地域の確かな可能性を、各首脳と改めて確認をすることができました。改めて、これからは
アジア太平洋の時代だと実感をした次第であります」

「昨年、わが国が議長国としてまとめた横浜ビジョンの理念をふまえて、わが国として、積極
的に議論に貢献をし、地域経済統合や経済成長推進の観点から、具体的な措置をとること
に合意をしました」


「特に以下の3点はわが国として大きな成果であると思います。第1に、地域全体の経済成
長をうながすため、貿易を制限せずに、イノベーションを促進するための共通原則、
グリーン成長のための環境物品の普及のための取り組みに合意をいたしました。第2に、
APEC全体でのエネルギー効率向上の目標設定に合意をいたしました。私もオバマ議長
の求めに応じて、エネルギー効率向上に関する、これまでのわが国の経験と教訓、今後の
挑戦について説明をして、議論をリードさせていただきました。第3に、アジア太平洋自由貿
易圏、いわゆるFTAAPの実現にむけて、唯一交渉が開始されているTPPについて、
わが国は交渉参加にむけて、関係国との協議に入ること、この旨を紹介をし、いくつかの
エコノミーから歓迎の意が表明をされました」


「2国間の会談においては、まず議長国のオバマ大統領をはじめ、胡錦濤中国国家主席。
メドべ-ジェフ・ロシア大統領、ウマラ・ペルー大統領との会談を行い、良好な雰囲気のも
と、2国間関係の強化やアジア太平洋地域における協力につき、有益な意見交換をすること
ができました。オバマ大統領とはAPECでの協力に加え、来週開かれる東アジア首脳会合
において、米国がはじめて参加することを踏まえて、日米両国がこの地域でリーダーシップ
を発揮していくことを確認をさせていただきました。各エコノミーと協力し、来年のウラジオス
トク会合でさらなる成果を目指していきたいと考えております。世界の成長センターたるアジ
ア太平洋地域の活力をわが国の再生に取りくんでいくべく、経済外交を推進をしてまいりま
す」


関連記事
スポンサーサイト
TTPの関連記事

category: TTP

tag: TPP 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/236-66ab3089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。