福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

原子力事故
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

原子力事故 



原子力事故



国際原子力事象評価尺度(INES)

国際原子力事象評価尺度(International Nuclear Event Scale : [INES]と略
す。)とは、原子力発電所などで発生した事故・故障などの影響の度合いを簡明かつ客観的
に判断出来るように示した評価尺度である。

INESは、事故や事象を安全上重要ではない事象レベル0から、チェルノブイリ事故に相当す
る重大な事故レベル7までの8段階に分けている。


INESでは、原則として発生した事象が次のいずれかに該当する場合には、24時間以内に
国際原子力機関(IAEA)を介して、公式情報が加盟各国に配布されることになっている。

安全上の重要度がレベル2以上の場合。
当事国外で公衆の関心を集め、新聞報道などが必要となった場合(レベル1及び0)。

レベル1及び0の事象については、当事国の判断により必要に応じINESに報告されている。

ko18.gif



1978年11月2日
東京電力福島第一原子力発電所3号機事故

日本で最初の臨界事故とされる。
戻り弁の操作ミスで制御棒5本が抜け、午前3時から、出勤してきた副長が気付きゆっくり
修正し終わる10時半までの7時間半臨界が続いたとされる。
沸騰水型の原子炉で、弁操作の誤りで炉内圧力が高まり、制御棒が抜けるという本質的な
弱点の事故。
この情報は発電所内でも共有されず、同発電所でもその後繰り返され、他の原発でも
(合計少なくとも6件)繰り返される。

事故発生から29年後の2007年3月22日に発覚、公表された。
東京電力は「当時は報告義務がなかった」と主張している。

1989年1月1日
東京電力福島第二原子力発電所3号機事故
原子炉再循環ポンプ内部が壊れ、炉心に多量の金属粉が流出した事故。レベル2。

1990年9月9日
東京電力福島第一原子力発電所3号機事故
主蒸気隔離弁を止めるピンが壊れた結果、原子炉圧力が上昇して「中性子束高」の信号によ
り自動停止した。レベル2。

1991年2月9日
関西電力美浜発電所2号機事故
蒸気発生器の伝熱細管[28]の1本が破断し、55トンの一次冷却水が漏洩し、非常用炉心冷
却装置 (ECCS) が作動した。レベル2。放出量0.6キュリー。

1991年4月4日
中部電力浜岡原子力発電所3号機事故
誤信号により原子炉給水量が減少し、原子炉が自動停止した。レベル2。
1997年3月11日 動力炉・核燃料開発事業団東海再処理施設アスファルト固化施設火災爆
発事故
低レベル放射性物質をアスファルト固化する施設で火災発生、爆発。レベル3。

1999年6月18日
北陸電力志賀原子力発電所1号機事故
定期点検中に沸騰水型原子炉 (BWR) の弁操作の誤りで炉内の圧力が上昇し3本の制御
棒が抜け、想定外で無制御臨界になり、スクラム信号が出たが、制御棒を挿入できず、手動
で弁を操作するまで臨界が15分間続いた。点検前にスクラム用の窒素を全ての弁で抜いて
あったというミスと、マニュアルで弁操作が開閉逆だったと言うのが、臨界になる主な原因で
あった。

所長も参加する所内幹部会議で隠蔽が決定され、運転日誌への記載も本社への報告も
無かったとされる。当時の所長代理は、発覚時点で常務・原子力推進本部副本部長=安全
担当、志賀原発担当。

総点検の聞き取りに対しては事故を報告しなかった。
原発関連の不祥事続発に伴う2006年11月の保安院指示による社内総点検中、報告が出た
結果、2007年3月公表に至った。レベル1 - 3。

日本で2番目の臨界事故とされる。
日本原子力技術協会が、最悪の事態を想定して欠落データを補完した研究によると、定格出
力の15%まで出力が瞬間的に急上昇した即発臨界であった可能性がある。ただし、燃料中の
ウラン238が中性子を吸収し、それ以上の事態になる可能性はなかったという。

この事故に関して、一部マスコミ等で「制御棒が落下した」
「沸騰水型原子炉の制御棒は下から挿入されるので、水圧が抜けると落下する危険がある」
との誤解があったが、実際は「水圧装置の誤作動により、引き抜き動作が行われた」であり、
重力の影響で落下したのでないことに注意が必要である。

1995年12月8日 動力炉・核燃料開発事業団高速増殖炉もんじゅナトリウム漏洩事故
2次主冷却系の温度計の鞘が折れ、ナトリウムが漏洩し燃焼した。レベル1。この事故により、
もんじゅは15年近く経った2010年4月まで停止を余儀なくされた。

1997年12月5日
福島第二原発1号機で、制御棒1本の動作不良が見つかり原子炉が手動停止された。
(国際評価尺度レベル1)

2002年8月29日
原子力安全保安院が、福島第一・第二原発、柏崎刈羽原発で80年代後半から90年代前半
にかけ計29件の事故を東電が改ざんしていた可能性があると発表。

2004年1月14日
地元反原発3団体が、柏崎刈羽原発管理区域内の放射性廃棄物が外に持ち出されたため
近くの土壌から人工放射性物質コバルト60を検出したと発表。

2005年6月1日
福島第一原発6号機で、可燃性ガス濃度制御系流量計の入力基準改ざんがあった事実を
認める。

2007年1月31日
柏崎刈羽原発1号機で、ECCSの故障偽装など定期検査時の不正が常態化していた事実を
認める。

2007年4月6日
福島第二原発4号機で、制御棒駆動装置の不正交換を偽装した事実を認める。

2007年7月16日
新潟県中越地震により、柏崎刈羽原発3号機の変圧器が火災。
6号機からは、使用済み核燃料プールから放射性物質を含む水が海水に流出。
同機原子炉建屋天井の大型クレーン移動用車軸2本が破断。10月21日には、7号機の原子
炉建屋のコンクリート壁から放射能を帯びた水が流出していた事実が判明した。

2008年1月14日
福島第二原発3・4号機廃棄物処理建屋の、海水ポンプの配管や電動機などが破損。





1999年9月30日
東海村JCO核燃料加工施設臨界事故
日本で3番目の臨界事故で、作業員2名が死亡。レベル4

2011年3月11日
東京電力福島第一原子力発電所において発生した、東北地方太平洋沖地震に起因する、
日本及び世界における最大規模の原子力事故


関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/234-4b85e3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。