福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

福島甲状腺検査:全県調査スタート…子供約36万人対象
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

福島甲状腺検査:全県調査スタート…子供約36万人対象 



福島甲状腺検査:全県調査スタート…子供約36万人対象



毎日新聞 2011年11月14日 11時18分(最終更新 11月14日 11時32分)

http://mainichi.jp/select/science/news/20111114k0000e040025000c.html


東京電力福島第1原発事故を受け、福島県で18歳以下の子供約36万人を対象にした
甲状腺検査の全県調査が14日、始まった。
一部開始している先行検査は福島市の県立医大病院で実施されたが、全県調査は各自治
体に医師らが出向く。

14~18日、川俣町で山木屋地区以外の子供を検査。
続いて国の避難区域などに指定された10市町村を巡回し、その後は3月18日時点の放射
線量が高かった地区の順に行い、14年3月までに全県を一巡する予定。

この日は川俣町の保育園などに検査機を持ち込み、園児らを調べた。検査はのどに超音波
を当て、しこりがないか調査。20歳までは2年ごと、それ以降は5年ごとに継続して確認す
る。

10月9日から住民の被ばく量が比較的高いとみられる浪江町と飯舘村、川俣町山木屋地区
の子供を対象に先行実施され、13日までに4908人中3765人が受けた。





子どもの甲状腺 出張検査開始


11月14日 18時3分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111114/t10013953891000.html


東京電力福島第一原子力発電所の事故によって子どもの甲状腺に異常がないかを調べる
福島県の検査で、保護者の負担を軽くしようと、各地に医師が出向く形での出張検査が14
日から始まりました。

福島県は、原発事故で放出された放射性ヨウ素が特に子どもの甲状腺に蓄積しやすく、
がんを引き起こすおそれがあるとして、ことし4月の時点で18歳以下だったおよそ36万人を
対象に、甲状腺に異常がないか生涯にわたって調べる
検査を行っています。

検査は、これまで福島市の県立医科大学だけで行われていましたが、福島県は、離れた
地域に住む保護者などの負担を軽くするため、14日からは医師や看護師が各地に出向く
出張検査に切り替えました。初日の14日は、川俣町の保健センターと保育園に、医師と看
護師が検査機器やベッドを持ち込んで、239人を対象に検査しました。検査では、首に超音
波を当て、甲状腺にしこりなどの異常がないかどうかを調べ、検査結果はおよそ1か月後に
郵送で通知されます。生後9か月の次男の検査に訪れた33歳の母親は「自分の住んでいる
場所の近くに来てくれると、とても助かります」と話していました。検査に当たった県立医科大
学附属病院の鈴木眞一甲状腺外科部長は「病院と同じ検査の質を維持するためにスタッフ
と力を合わせていきたい」と話していました。




甲状腺のはたらき

甲状腺は甲状腺ホルモンを作り、それを分泌している臓器です。
体の中には様々なホルモンが存在し、それを作る臓器がありますが、ホルモンを産生・
分泌する臓器を内分泌腺と呼びます。
甲状腺もそのような内分泌腺の1つです。
ホルモンは一般にごく微量で体に大きな影響を与えるという特徴があります。
甲状腺ホルモンは全身の新陳代謝を活発にする働きがあります。
甲状腺ホルモンの働きで、体は各栄養素や水分の代謝がうまく回ることができます。
これは、体を機械にたとえると、甲状腺ホルモンは機械の潤滑油にたとえることができます。
甲状腺ホルモンが不足すると体の様々な代謝が障害されます。
また、子供にとっては、正常な身体・知能の発達のために甲状腺ホルモンは必須のホルモン
です。














http://mainichi.jp/select/wadai/naruhodori/news/20111103ddm003070104000c.html

質問なるほドリ:福島の子供向け甲状腺検査、何が分かるの?=回答・小島正美

 <NEWS NAVIGATOR>

◆福島の子供向け甲状腺検査、何が分かるの?
◇がん発生の実態把握 放射線影響、有無明らかに

なるほドリ 福島では18歳以下の子供たちが全員、甲状腺の検査を受けているんだって?

記者 1986年のチェルノブイリ原発事故では、約10万人の青少年が甲状腺に300ミリシー
ベルト以上の被ばくをして約6000人の子供たちが甲状腺がんになりました。食品やチリか
ら取り込まれた放射性ヨウ素は甲状腺に集まりやすく、チェルノブイリでは汚染された牛乳の
摂取が主な原因です。福島ではこれほどの被ばくはないとみられますが、甲状腺がんを心
配する県民の声を受け、福島県が超音波検査を始めたのです。


Q 検査はずっとやるの?

A 2014年3月末までに1回目の検査を終え、それ以降は20歳までに2年ごと、その後は
5年ごとに行います。チェルノブイリは1回の検査だけでしたから、生涯にわたる検査は世界
でも例のないものです。


Q 超音波検査で何が分かるんだろう。

A 甲状腺は首の下にあるチョウのような形をした臓器で、ホルモンをつくり体の成長を促しま
す。検査技術の進歩は目覚ましく、超音波の画像は、5ミリ以下の小さなしこりまで見つける
ことができます。

ただ「小さいがんは経過観察だけで十分な場合がほとんどのため、小さいうちに発見する
メリットは少ない」(鈴木真一・福島県立医大教授)ことは知っておく必要があるでしょう。


Q がんが見つかれば、放射能が原因ということ?

A 甲状腺がんはゆっくりと進み、チェルノブイリでは事故の4~5年後に見つかりました。
今の検査でがんが出ても、放射能が原因ではないとみられますが、通常時の甲状腺がんの
発生頻度がわかるので、貴重なデータです。後年がんが増えれば、数字を比べ、放射線の
影響を知ることができます。


Q がんはたくさん見つかるのかな。不安だな。

A 専門家の間では常識で「過剰診断」と言われるのですが、検査を強化すればがんの発見
率は上がります。このため、日本公衆衛生学会は「被ばくのなかった地域で同時に検査を進
めないと福島だけで甲状腺がんが増える現象が生じてしまう」と他県の検査も提案していま
す。鈴木教授は「福島県は広いので、事故前と被ばく線量が変わらない地域と比べることは
可能」と話していますが、他県も含めた検査データ蓄積に国は力を入れるべきでしょう。

(生活報道部)


関連記事
スポンサーサイト
被曝の関連記事

category: 被曝

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/231-e755bd24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。