福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

枝野官房長官「私は『大丈夫』『安心』と発言してないと思ってる」
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

枝野官房長官「私は『大丈夫』『安心』と発言してないと思ってる」 



枝野官房長官「私は『大丈夫』『安心』と発言してない」

2011.3.25 18:55
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110325/plc11032518580033-n1.htm



枝野幸男官房長官は「大丈夫」「安心」と言い続けてきたが訂正したらどうか


「私のこの2週間の発言、記者会見の内容はすべてホームページで現時点でも公開して
いる。私は今申し上げたようなことは、申し上げたことはないと思っている。
その都度、あらゆる可能性や現状、その時点において『今、何をしなければならないか』と
いうことについて、その時点における状況を踏まえながら、それぞれの時点における政府の
判断を申し上げてきている。今、ご指摘いただいたような内容の発言はしていないと私は
思っている」


「人体に影響が出ることはない」と言ったが

 「その時点で出ているさまざまな状況からは、現時点で出ることではない。
ただし、今後の見通しについて、私は断定的なことはこの間、申し上げてきていないし、
現時点においても、今後の状況については、あらゆる可能性を想定して、今よりも当然、
原発の状況が良くなることを期待して、その最大限の努力を政府としてもしているが、状況
が悪化して必要があれば、そのことについての情報データの公開は常に続けるが、必要が
あれば、その指示を今後とも政府としてしっかりやっていく。こういう立場だ」


放射能の数値は4日目に一番大きかったが


「具体的にそれぞれの時点のさまざまな発表と、それから客観的なその時点での事実関係
との違いについて、改めてご指摘いただければ、それについてはしっかりと専門家の認識を
含めてご回答申し上げる。できれば文書で具体的にご質問いただければと思う」


首相の視察の調整は進展はあるか

 「いつも申しあげる通り、できるだけ現場に足を運んで、特に被災者の皆さんの声を聞きた
い。
このことは大きな意義のあることだという思いがある一方で、実際に避難所などもさまざま
な作業に忙殺されている状況だということのなかで、非常に苦慮しながら迷いながら、
今、その可能性を探っている状態だ」

原子力損害の賠償に関する3条では、異常に巨大な社会的擾乱の場合は、その限りでは
ないと。国会では冷却システムが機能停止する危険性を指摘している。東電は免責され
て、補償は税金なのか


「現時点では被害の拡大を防ぐために最大限の努力をしている状況だ。従って今の段階
で確定的なことを申しあげる。そのことについて検討している余裕のある状況ではないと
思っている。ただ、安易に免責などの措置がとられることは、この経緯と社会状況からあり
得ないと、私の個人的な見解として思っている」


政府として東電に情報開示の指導はしないか

「まず、この間は、政府から東京電力に対しては、政府に対する報告も、事実をできるだけ
速やかにスピーディーにということについては、特に事故発生の早い段階からかなり繰り返
し強く求めてきたところだ。これについては、繰り返し、あらゆる情報、データについては
政府、具体的には保安院を通じて、官邸を含めて、しっかりとそのデータ、情報は届けるよ
うに。

それについて、政府として、把握した情報については、政府としてしっかりと情報公開する
姿勢でやってきているところだ。東電において、政府に対しても、あるいは国民に対しても
公開していない情報があれば、許されないことだと思っているので、政府としてあらゆる
情報、データは、確実な情報をできるだけ速やかに公開することを繰り返し求めて参りたい
と思っている」


遺体の埋葬はどうやっているか

「今回の震災の一つの特徴だが、被害の状況、あるいは、その被害に対して、被災者の
置かれている状況が、かなり地域によって大きな差が出ている。亡くなられた方のご遺体に
ついても、大変沢山の方が亡くなられて、沢山の遺体が発見されて、そうした皆さんにしっ
かりと供養して送るということがなかなか困難な地域が、少なからずある。それはこの間、
政府としても認識し、それぞれの事情に応じた柔軟な対応ができるように、この措置につい
ては最大限の柔軟な対応が可能な措置を関係機関に指示している」


 「ただ、これはご理解いただけるかと思うが、本当に地域によって、場所によって事情が
異なる。一律に『こういうことをしろ』とか『こういうことをしてはいけない』とできる状況ではな
い。できるだけ関係機関、現場に近いところまで、現地の状況に応じて、あるいは現地の
皆さんの心情に応じた柔軟な対応がとれるようにさらに徹底したい」


埋葬しているケースはあるか

 「それぞれの現場、現場において、具体的なさまざまな柔軟な対応。
最近は、私は自分の子供のころ、うちの祖父は土葬で見送った記憶が残っているが、
火葬が一般だが、こうした事態なので、土葬で送ることについても柔軟な対応を、現に現場
の状況に応じて対応してきていただいているとの報告も受けている。それぞれの地域の
事情に応じて、そして、当事者住民の皆さんの信条も踏まえて、現実的かつ柔軟な対応が
できるような指示はかなり徹底できているんじゃないか」


税と社会保障の一体改革とTPP(環太平洋連携協定)だが、閣僚からは6月をメドにやるべ
きという声もあるが、最重要課題としたが、震災との関連性については


「今日の昼の会見でも申した通り、少子高齢化などと日本の社会保障を取り巻く環境の
変化は、震災によっても待ってくれるものではない。あるいは国際社会の自由な貿易の拡
大という大きな流れ自体も、日本の状況を待ってくれない。したがって、それについて、震災
対応などに影響の出ない範囲では、粛々と事務作業などは進めていただいている。
しかし、政治課題としては、それらの課題も大変重要な課題だが、それ以上に今は、震災
からの被災者の支援、復旧、復興、そして原発事故に対する対応。より大きな課題に直面
している以上は、優先順位は当然のことながら、変わってきていると思っている」


関連記事
スポンサーサイト
枝野幸男氏の発言の関連記事

category: 枝野幸男氏の発言

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/208-b043f969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。