福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

2011/11/10・16:30開始 政府・東京電力統合対策室 合同記者会見
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2011/11/10・16:30開始 政府・東京電力統合対策室 合同記者会見 



2011/11/10・16:30開始 政府・東京電力統合対策室 合同記者会見


文科省「都道府県空間線量率降下物大きな変動なし 海域調査9、11番東電から周辺海域海水モニタリング結果と海底土報告 海水数Bqセシウム 海底土2カ所セシウム検出 過去のトレンドから見て大きな変動ない。宮城福島茨城県沖海底土結果 5月以降観測データグラフ化」

東電「データは既に公表済み 前々回木野さんから御質問頂いた点 環境モニタリング、ダストサンプリングの際大気中のU分析が指針に書かれている モニタリング指針は全原子力施設対象 指針においては緊急時大気中U、Pu濃度測定あるが 解説には原子力施設特性に応じた調査項目」

東電「実用原子炉は希ガス、ヨウ素、セシウム Uは加工施設 Puは再処理施設の対象核種 指針は包括する形で書かれていたのでご疑問湧いたのだろうと」

安全委員会「海水中Sr 10/10試料採取 試料中数字 89 90出ている 半減期短い89出ているので今回の事故由来と。23 24は海水中のPu 24ページ試料採取ポイントいずれも検出限界未満だが検出限界値が高いので影響有無は判断できない 全国の放射能水準調査も大きな変化なし」

東電「タービン建屋地下溜水キュリオン、サリーで水処理継続 RO淡水化装置は午前中会見で報告の通りソフトウェア改造で夕刻まで停止 移送は2→雑固体廃棄物減容処理建屋9:10から 使用済み燃料プール冷却は循環冷却順調 3号機はプールにヒドラジン注入」


事故の対策きちんとできたかどうか全国民知ること出来なければ事故対応判断できないが 黒塗りで配布しても構わないのでは?

園田「公表という形は取っていないのでお配りすることは差し控える」

東電「海水中放射性物質核種分析 1~6号機サブドレン水、構内深井戸 前回深井戸ポンプ不調で測定できていなかったが昨日測定再開 1号機サブドレンは降雨の関係で一時指示値上がっているが昨日の測定では下がりつつある 集中廃棄物処理施設周辺サブドレン 11/9採取は通常変動範囲内」

保安院「前回のご質問 津波に関して2006年全国で開催された学会論文 4月報道されているが事実を認識しているかという趣旨の質問 東電の津波確率論的安全評価の論文発表記事は4/7報道 」

保安院「広報担当がクリッピングしていた 新聞記事は院内に配布されていたが地震津波の直接担当には十分伝わっておらず情報収集対応行われていなかった 実際に論文入手したのは10月再度報道なされてから」

NHK花田「東電、午前発表の4号機の配管について。水素爆発の3号のベントで逆流の可能性との見解だが」
東電「現場調査が進んでいるので爆発の規模と建屋の損壊の状況、規模などの因果関係を調査したい」

東電「ダクトの状況、以前非常用ガス処理系説明したが、4号では駆動弁、電源がない場合には開くので水素が流れこむ可能性はある。123号では閉まるあるいは重力で閉まるダンパーであるので逆流は起こりにくい」

NHK花田「有無についても調査すると」
東電「4号については弁の状態等を現物と確認する」

NHK花田「サイド建屋の中で調査を行う予定などは」
東電「具体的にはないが、専門家の意見を踏まえて爆発時の痕跡などを調査すると」


日隅「一体どのような、があるのか認識されているのか。文科省、8月末のSPEEDi問題、本来の用法ではないので公表しなかったという説明だったがその後の指針による緊急時の実測は入らず、データを関係機関に回すと」

日隅「指針に反していることになるが誰の指示でなっているのか。東電の論文、そこでは福島をターゲットに基準として津波の程度が計算されているが、この論文は当時マイアミ学会のものでしか無いのか。日本語文献はあるのか」

園田「事故のマニュアルどういうものあるかということ 前提は原子力災害対策基本指針 それに対する各省の対策マニュアルがあると承知している 詳しい内容は現段階で認識していない SPEEDIご指摘のように格差の傾向避難行動参考に政府は活用すべきだったが活用されなかったこと大きな教訓」

園田「活用されなかったというのは大きな教訓として認識しているが、誰の指示で活用しなかったということになると詳細は政府内の事故調の検討もまだ聞いてない状態、現段階では分からないと」

園田「マニュアルは公開してない、この場での配布はできないと」日隅「理由は」園田「政府文書であるので公表する形にはなってない(公文書のはず、公開請求で)まだ確認してないが公表するものではないと」

日隅「何らかの適用除外があるのか」園田「内部資料としての位置付けはしている、ので公開してないと。開示請求がされた場合には公開法の趣旨からすると一部黒塗りはあると」


日隅「そうであれば事故の対策が適切だったかどうか、国民が知ることができないと事故の対応の判断ができないが、黒塗りで出すのであればそれで配布でいいのでは」園田「公表形は取ってない。差し控える」

日隅「一旦情報公開請求で入手したものは個人の判断となる、それを公表しないのが理解出来ない。」園田「恐縮だが、文書については行政府の内部文書であるので公表の形は取ってない。公開請求の場合は個人に答えをできる限りすると」


日隅「関連するマニュアルのタイトルを会見中に明示を。問題ないはず」園田「持ち合わせてない(事務方に指示して)確認はする。」

文科省「SPEEDIの単位放出の計算について、311の1640に単位放出の結果の指示が技術センタ-に、1740に原子力安全委員会にネットワークでデータを送信、本来の影響予測は出来ず避難への防護対策へは活用されず」


文科省「SPEEDiのデータが全く利用されてなかったかどうかは、モニタリング計画に実施時に単位放出での計算結果を踏まえて場所や位置を決めるときには使った」

日隅「文科省保安院安全委の各端末にデータが来たと」文科省「そうなる(マニュアル通りなら緊急時として活用するはずだが)指針には定量的な把握不可能時には緊急計画の策定など、主にモニタリング計画になると」

文科省「他方で避難等の防護措置では、他の放出源に関する情報も総合的に勘案して決定する」


日隅「総合的に勘案する時に放出量データはどうなると」
文科省「SPEEDIで出てくると理解」

日隅「保安院が使うと判断したのか」
文科省「そういう役割分担であると」

日隅「では保安院は」
保安院「官邸を中心に避難計画は策定されていた。保安院から送られたものはむしろ独自の評価の内1県だけ共有されていた事実は確認しているが、もう1件は・・・(それ以外はなぜ活用されず)分かってない」

日隅「指針に反している認識は?」
保安院「政務官の通り」

日隅「保安院として調べられてないと」
保安院「ERCなどの事務局も。その中なぜ十分活用されなかったことはわからない。この問題は政府の事故調でも検討とのことだが未確認」

日隅「SPEEDIの担当者が予めいるのでは。端末を触ってデータと取るのでは、誰もではなく」

保安院「当時はSPEEDIを見ていたのは結果を保安院独自のものについて参考に留まったことから以上は判明してない」


日隅「そういう時の担当者がいるはず、マニュアルにもあるのでは」
保安院「その辺りの情報は確認できてない」


日隅「確認を」
保安院「必ずしも取れるとは限らないがする」


東電「マイアミの論文と、5月の日本地球惑星科学連合合同大会での津波堆積物の調査結果、これ以外は一度確認を」

木野「単位放出量のデータの受けた後、でここで独自の計算をされていると思うが文科省からの一本化されているはずだが保安院から直接指示しているのはどういう理由か。なぜ通常と異なるものに」


木野「SPEEDIのデータは現地対策本部でもでているがどちらの指示で出ているものか?」

東電「津波の警報の避難について実際の警報発令時の避難経路の策定はされていたのか、女川ではop13000だと、退避場所の高さも」

保安院「SPEEDiは文科省以外は使用不可ではない。担当者はERSSが無い中での試行錯誤の過程で試算をしたと」文科省「現地対策本部、こちらは専用回線が不通なのでFAXで文科省から送信」


木野「通常運用の緊急時マニュアルは」

保安院「今回色んな情報がない中(独自努力は良いが、具体的なマニュアルは、通常は一本化)」

文科省「予め想定されたSPEEDI使い方は単位放出は関係機関に送信、放出源情報を文科省受け取って原子力安全技術センターに送るということ 今回は放出源データなかったので各端末有する機関で様々な試算行なった」

保安院「保安院では45ケース評価 結果は担当のところにとどまっていて1件だけ官邸の中で情報共有 もう一件は保安院の官邸リエゾンまで届いていた」(その上方が届いていたことは文科省では認識していなかったと)

文科省「保安院から官邸に届けられたデータは文科省では承知していなかった」


木野「情報が届いていたか認識していたのか。保安院での動きについて」
文科省「当初想定していたものが使えなくなった中でマニュアルにない状況で柔軟に対応したと、文科省でも38ケース計算して公表している」

木野「SPEEDiのマニュアルはあるのか」
文科省「SPEEDIのマニュアルは承知してないが、計算することは書かれていた」

木野「いつ頃検討される?」
保安院「少なくともマニュアル通りにできなかった反省もあるので機能するようにする必要。公表の方法について更なる改善の余地はある(どのマニュアルか)モニタリング指針で活用するべきだったと、」

文科省「基本的に保安院と同じ IAEA報告書にも書かれているとおり」

木野「情報通じない中でFAX以外の手段は?」

文科省「単位放出結果やり取りは承知している所では12日に単位放出結果送った 23日以降はメールでデータ現地に送っていると効いている」

木野「単位放出の結果は1時間毎だと、それ以外の指示が出ていた。誰の指示でどのようにやり取りしていたのか」

文科省「文科省での端末での計算結果は公表38が全て。現地での実施は承知してない」



文科省「HP確認して計算結果は全てそれぞれのHPにのっている」(3/14以降のもの)

木野「保安院の斗は別の計算結果が出ている」

文科省「保安院でお願いした結果はすべて掲載されている。(HPに)」保安院「確認ですが、実行発生直後の段階か(3月14日以降、SPEEDI一覧でも現地との二種類出ている)」

東電「具体的な避難経路の指示については確認する。尚具体的には基本的には安全確認後には協力企業では所属企業の事務棟、東電では事務本館になる。台一だと標高30m以上のところ」


木野「距離もあると思われるが全て事務棟になる?」

東電「はい、基本的には車での移動となるので沿岸部での作業者も車で事務棟に」

木野「ただ建屋内部の人はそのままとどまっていいと」
東電「そうなる。建屋の中の人も運転員は監視継続になるが引き上げが原則になる」


記者「役割りの中では事故の収束もあるが、どういう形であるのか。先般の警戒区域の話で細野さんはとにかく除染だと。朝日の取材では長期化困難地域の報道など様々なプランがあるが、12月にはとも、どういうものになるのか」

記者「大熊町との検討ということだがどうなのか。先日の福島大学でのアンケート調査、その中で35歳未満が5割以上帰還を望んでないと、警戒区域の扱いを2年間除染ではなくスピード感が必要では」

園田「長期的に困難になる地域も検討行わなければいけない 8/26 除染推進に向けた基本的考え方原子力災害対策本部 長期的には1mSv未満目指したいと これから2年間は集中的除染期間 長期の帰宅困難者でない形に2年間集中的に行なっていきたい」


園田「今避難されている方には大変申し訳ない アンケートお答えの中にも見通し効かないと理由述べられてる方も多かったと受け止めている 昨日細野大臣、枝野大臣より長期事故収束に向けたロードマップ策定においても事故の収束一日も早く終了するよう指示 除染環境省中心に政府全体でもサポート」


おしどり「前回した質問 2号炉ガス管理システムからXe135でたもの ヨウ素135は未検出だったのか 11/9チャコールフィルタデータ見ると1,2日と比べて減少傾向ではあるがあまり減っていない 242 244から自発核分裂からXe135への反応は止まらずに続いているのか」


おしどり「中性子線減速はホウ酸で行なっているのか 建屋内α線観測は」

東電「ヨウ素135は検出限界未満だった。Cm半減期長いものあるので自発核分裂おこっていて継続して検出しているとおもっている 中性子は中に入っている水、圧力容器厚さ、コンクリート遮蔽材、格納容器、格納容器取り囲む遮へいできている」

東電「α線は測定していない 全面マスク運用しているので取り込みは問題ない」(中性子線測定)「Xe135検出の際建屋周りで測定したが検出限界未満 通常の運転中でも今回の核分裂数の8桁上 それでも中性子線外に出てこない 建屋格納容器健全なら漏れてこない」

おしどり「自発核分裂でも臨界状態引き起こされることは?」

東電「未臨界状態小さい状態なので連鎖反応起こす前に他の物質に吸収されたり体系の外に出ていく」


おしどり「全面マスク,アルファの測定をしてないと。前回ではPuが内部ではあるとのことだがスクリーニングでは見ているのか?」


おしどり「Pu測定についてお聞きした時建屋内にはPu浮遊 α線はスクリーニングでみているのか?」

東電「ダストとして浮遊している可能性はある 作業では全面マスク着用 屋外での作業、建屋での作業は全面マスク着用(敷地外へ出る場合のスクリーニング)α線は難しくスクリーニングはγ線」

おしどり「瓦礫には付着していると思うが難しいので行なってないのか」
東電「空気分析はα核種も行なっている」


産経おおや 廃炉ロードマップ プールからの燃料とりだし3年から2年に短くした根拠は?

園田「細野大臣と枝野大臣とで議論なされた中で一日でも早く事故収束行う事 技術面、検討これから行う必要あるが2年以内目標に指示だした 」

園田「それに関しては技術的面、検討過程では困難あるかもしれないが乗り越えてでも2年以内開始できるよう準備していく 専門的ご議論踏まえつつ 大臣として県民、避難されている方国際社会や国民の皆様型に宣言したということでご理解頂ければ」

産経おおや 技術的検討されたのか エイヤッと決められたのか?

園田「どれ位技術的検討されたかは承知してない 少しでも早くということ込められた」

燃料取り出し後は?
東電「今のところキャスクが当然だがその先は具体的に決まってない」

毎日中西 施設運営計画の改訂版 温度計指示値20度誤差 一番高いので70度 20度誤差あるものに冷温停止の判断委ねていいのか?

園田「20度程度誤差加味して71.2度ということで概ね100度未満に抑えられている 」


回答佐藤 前回11/7会見で質問したが統合会議室会議18時メドで開催 テーマプラントパラメータ関係主と 土日祝日 大臣政務官役員級幹部がプラントパラメータだけで集まっているのか その他テーマ設定について

東電「毎日土日祝日ふくめ会議行なっている 当日プラント状況作業進捗ふくめ指示ある」

園田「毎日ではないが時折私出ている」

政府側で上位の方は?

園田「私」
回答佐藤 今週はどれ位全体会議に出席する?

園田「金曜日は出ていた 土日は出ていない 月曜日は記者会見で出れてない 金曜日からは2回出た」

回答佐藤 全体会議はそれで運営できているのか
園田「記者会見、公務もあるのでなかなか出れない日もあるー」

園田「でれるときには必ず出ている」

回答佐藤 園田さんが出れないときは誰が出ている 大臣出席は最後いつ

園田「政務三役の内私が一番下なのでそれ以外は保安院統括審査官が政府側の一番上位になると思う 大臣出席いつだったか確認する」


統括官所属は?
保安院「現在の主席統括安全審査官は山本てつや HP載っているのでご覧ください」

ニコニコ七尾 昨日開催された低線量被曝リスク検討する作業部会について 日常的放射線量どのように判断するか、妊婦、子どもについても検討する重要な部会 ムービーは頭取りだけ この部会のオープン化

園田「カメラは冒頭だけだったが記者の方へはフルオープン」


七尾 ICRP見解参考にしてきたが日本として独自のもの検討する 国民がある意味最も関心のある事項

園田「今まで低線量被曝に関する知見含めて議論行って来ているが更にこの部分広げていきたい深めていきたいと設置された 昨日の大臣の発言もあったが12月目途に精力的に開いて議論深める」

七尾 オープンではない ネット中継出来なかったわけだが今後は実現するということか?

園田「記者の皆様方には入っていただいているのでそういう点ではオープン」


七尾 昨日細野大臣のぶら下がりでは大臣はネット中継、テレビ含めて公開したいとの思いあると思った 重要なのは会議の中で大臣説明求めても学者も明言できないこと多かったと思う 分からないということを国民に知ってもらうこと重要 オープンにすることで信頼性高まるのでは

園田「大臣にもお伝えしたい」

園田「100mSv以下の確定的なところは見いだせないということ 広く国民の皆様型には見て知って頂きたい」



しきい値はっきりしない、妊婦となるとますますそういうことある 今日の新聞見てもなかなか報道のスペースもあると思うがそこまで報道されない それであればこそ議事録公開、フルに見れる形重要

園田「おそらく議事録は公開すると受け止めている その点踏まえて伝えておきたい」

園田「事務局にも議事録公開されるよう働きかけておく」


木野 緊急時でヨウ素剤配布をNHKなどの放送業者に依頼すること実行されたか 原子力安全技術センターから保安院、文科省、安全委員会にオペレーター着ていると思うが具体的にはどういうことしている 1F敷地内から資機材持ち出しどういう基準でされているか

自主避難できずにそこにとどまっている人たち アンケートで戻りたくない方多いが 避難したいという方が多いとも言えるのではないか 被ばく受忍させられている状況にあると思うが

園田「前回御質問頂いて今確認している。Jヴィレッジから外に出る車両はJヴィレッジでサーベイと除染している13000cpm以下ならOKという運用」

園田「3点目は私どもにとっては厳しい形 警戒区域計画的避難区域の皆様方には誤避難して頂いている それ以外の方々については緊急時避難準備区域解除 避難されている方いるが私どもにとってはそうした方々に対してもしっかり支援 そうでない地域は大変低い 」


園田「対策本部では自主避難されようという方への支援はある 生活者支援チーム通じてご相談させて頂いている 予防的措置で避難させるべきではということだが自治体との議論ではそうした話よりも除染を一刻も早くしていくということ 一昨日から国主体除染実証実験で始まった 終わってから本格除染」

木野 結果がダメだった時 結果が出るまでは無用な被ばくさせられている

園田「除染実証実験はこれからなので結果で次第となる 一刻も早く取り掛かって結果出していくということ 現時点でロードマップは把握していない 8/26原子力災害対策本部からのものでは2年を集中的期間と位置づけ」

園田「現に住んでいる方々については情報提供してご説明させて頂いている し入らせているということではなくご相談には応じている 自主避難は自治体通じてご相談受けている」(自主避難支援はどういう基準でされているのか 福島市内でももめているが)「私が伺っている分には自治体通じて支援」


園田「国としては自治体にきめ細やかに相談させて頂いている」(きちんとどういう状況にあるか把握されたほうがよろしいかと思う 2年の集中的除染で結果はそれから 2年間は被曝しなければならないと)「警戒区域内なので 警戒区域外については除染進んでいる状況 順次結果出てくる」


文科省「単位放出の時はある時間から1時間後の風速、大気中濃度、線量出てくる それ以外にどういう核種がどれだけ出るかの条件、何時間後の予測するかオペレーターが入力作業していると理解している」


文科省「単位放出の時はある時間から1時間後の風速、大気中濃度、線量出てくる それ以外にどういう核種がどれだけ出るかの条件、何時間後の予測するかオペレーターが入力作業していると理解している」

木野 保安院と安全委員会の端末は同じなのか
保安院「同じようシステムだとは思う が確認する」
安全委員会「安全委員会の端末からは入力はできない」

おしどり モニタリング結果資料 海水中Sr濃度 半減期50日のSr89検出 半減期4回で1/16になったものが海水中から検出されること 初期のものか最近のものなのか。6/6メルコアの放出量分析 保安院のインベントリCm 3.87×10^12 Xe自発核分裂計算

Cn244なくて242だけだが試算していない核種は 半減期短いものが多いが現在の組成比のものを改定してだす予定はあるか。除染ボランティアについて 私は阪神大震災経験したが当時のボランティアが現在石綿での健康被害出ている ボランティアなので労災はない 除染による健康被害の問題

安全委員会「海水中Srデータから言えることは 半減期50日程度のSr89入っているので今回のもの由来とまで 引き続き放出続いているかはこのデータからは言えないのが専門家見解」

おしどり 7番目は89と901:1 存在比は?

安全委員会「いずれにしよ原子炉の中での反応は3/11出終わっているのでどの時期に出たものかによらず同位体存在比は変わっていく 海の中での存在はゆらぎ大きい 数少ないデータから存在非推定するのは非常に難しい」

保安院「放出量は評価したもの中心に作成 Cm242計算していないわけではないと認識 数値改訂の予定は今のところない」(主な物以外発表予定 半減期数時間、数日のもの多いこの先の除染のこと考えると1年後の存在試算値だす予定)「これ以外の核種は公表予定ない 当初放出量として評価」

保安院「あとの壊変まで評価する予定はない」

おしどり 除染に役立たないとお考えか?

保安院「Xeの問題のように実際に除染の際のモニタリング問題あると思うが放出量として評価しているので目的に合わせて核種評価」

おしどり 詳細な実測行われていないので推定値でも1年後の放射性物質試算値出ていれば役に立つのでは?

保安院「放出したあとの壊変では今どういう放射性物質蓄積しているかなので目的に応じて測定、試算値使うかは実施する側の判断 この試算はオーダー的なもので精度高いものではない 参考になるなら実施する側で活用されること結構ではと思う 10月は計算間違いあったところを直した」


園田「環境省がどういう形で募集しているか確認する 当然ながらボランティアの方々に対する 低い値の所お願いすることとなると やはり手袋、マスクで被曝しない注意 手引きはきちんと対策として取った上でそういう行為行なっていただくとなるのかも 予防措置とって頂きたい」

回答佐藤 メール受け取っている 政府は除染強調しているがとにかく除染するという方針に見える 避難疎開には計画なさそう人々の間には子どもや妊婦とにかく避難させるべきという声ある 疎開させるべきという声どのように考えている 晩発性障害は発生しないor早期発見すればいいという考えか?


園田「子どもの生活圏においても除染行なっていく 重視させていただいていることご理解頂ければ 先ほどの話とかぶるが当然様々な思いやお考えの方居らっしゃる 自治体にきめ細やかに対応するよう財政的支援、技術的支援国の責任で行わせて頂いている 晩発性のものも注意払って置かなければ」 


園田「福島のお子様は全員健康調査行なっていくこと順次やらせて頂いている 今後成人に達するまでずっと。先般スタートしたそれ以外の方々にも健康調査行われている 県民全ての皆様方の健康調査してまいりたい」


安全委員会「晩発性障害については5/20付で述べている 100mSv以上は比例関係みこまれているが それより低いところははっきりと現れてないそうした中で放射線防護やらなければいけないので低い線量も防護しなければいけないというのがICRPの考え 地元にもそうした考えに基づいて対応」

木野 通常の原発管理で放射線管理区域から工具等持ち出す際の汚染基準。先ほどの防災関係マニュアルの名前は確認出来たのか?

東電「法令で定められている表面汚染濃度4Bq/m^2以下 一般の物品搬出では検知できるよう校正して確認」
木野 だいぶ前はcpm

東電「今でも検出器カウント数で検出器出ていてそれが4Bq/m^2相当 柏崎とは値そのものが違う」


東電「バックグラウンド相当高い状況なので現地で13000cpmにした」
木野 Bqにする?

東電「ちょっと分からないが校正すればわかると」

木野通常の放射線管理区域からよりもかなり高いと思う 汚染されているもの外に持ち出していると思うが?

東電「どういうチェックしているのか確認したい」

木野 何を基準に13000にしているのか

園田「確認する マニュアルは全省庁にかけるので1,2週間お時間いただければ」

木野 何があるか把握していないのか?

園田「私は把握していない これから照会する 当然私もこういう立場でお話ししているのでどういうルートでやると一番早いかわかっているつもり できるだけ早くお伝えするようにする 正確な情報お伝えするよう全力尽くす」


ニコニコ七尾 先ほど除染ボランティアの話にしても汚染瓦礫のことも非常に重要なことですが環境省所管 合同会見の席上にいらっしゃらないのが不自然だと思うが改めてどうして環境省の方居らっしゃらないのか?

園田「プラント状況を把握して速やかにお伝えする場という位置づけ 除染はオフサイト」


園田「今のところ環境省主体 環境省にお問い合わせ頂ければと」

七尾 仰ることわかるが会見立ち上げ時は環境省関わっていなかった 原子力安全庁準備室に坪井さんいらっしゃると記憶している 政務官言われる広い意味での広報は環境省いらっしゃるのが自然 内閣府と環境省両輪で広い意味での事故収束と

園田「環境省は環境省でしっかりやっていただいているのでこの場には必要ないと」

回答佐藤 低線量被曝影響が今の科学では分からないという趣旨の回答 死亡に至った場合も影響はわからないのか。11/7会見で原子力災害対策本部実在するか質問した際 事務局側実用炉は保安院 実験炉は文科省 実験炉の事務局保安院にあるのか 同行取材免震重要棟に一度に入る報道時人数

放射線管理区域に入る際の手続き。統合対策室会議で録音されているか 東電単体会見で記者が出入り禁止になったが 何方か一方で出入り禁止になった場合に他方の会見に影響するか ゲルマニウム検出器数


安全委員会「晩発障害ICRPでは確率的影響という言い方しているがガンは100mSv超えた線量では比例関係 個別の人について放射線被ばく履歴あった場合にがんでなくなった場合病理学的に見ても原因は分からない」

安全委員会「確定的影響の場合はあるていどあだがガンについては確率的影響」園田「緊急の事故が起こったということで対策本部 今回実験炉のことではないので文科省には設置されていない 同行取材人数は調整中 敷地全体管理区域内 本人確認は通常のように」


園田「ICレコーダーで取っているかは承知していない 会見参加について参加資格が共同記者会見ではあるので両方に参加資格ある方については共同記者会見でダメな方は東電でどう処理されるかは東電判断となる」

園田「ゲルマニウム検出器含めて数字はまだ確認中」

災害対策本部事務局文科省には置いていないということ 実験炉常陽は扱いの中に入っていないのか? 

文科省扱いのものもあるのか。同行取材入域手続きWBC測定もあるのか。私が東電の記者会見で出入り禁止になったとして合同会見出席に影響するか

園田「同行取材に関してWBCチェックはそれも含めて検討 ICレコーダー確認する。出入り禁止については内容によると思う 運用上何か弊害あること起きてご遠慮していただく場合佐藤さんの人格否定しているものではないので会見においてご遠慮頂くということで東電とは関係ないと東電はまた東電で」

園田「会見とは別で法令違反行なって敷地内から退室願う場合もあるかもしれない そういう場合はどちらの会見も出れない形になると思う」

東電「様々な事情あろうかと思うのでその都度判断 明文化されたものはない」

文科省「試験研究炉で事故起きた場合本部長内閣総理大臣、副本部長文部大臣 今回は文科省では本部置かれていない 実験炉で事故起きた場合は同じように原子力災害本部置かれる」

実験炉と実用炉両方で事故起きた場合は?

文科省「仮にそのようなこと起きれば両省庁で事故対策行うと思う」

週刊金曜日片岡 除染か避難かの話 園田さんは何故除染を先行して避難させる声に対して自治体との協議でまず除染という声多いと 妊婦については健康調査優先と そこにとどまる限り離れるのに比べ低線量被曝、晩発性被曝リスク高まると思うが 健康調査いくらやっても手遅れになる可能性

安全委員会「現に高まるかはわからない放射線防護の観点では高まると過程して対応する」

晩発性リスク低下させる判断なぜしないのか 妊婦、子ども避難疎開しない理由がわからない 自治体要望高いと 晩発性リスク抑える避難、疎開手法取らないと

園田「誤解されているかもしれないが自主避難否定してない 自主避難されようという方には現地、自治体通じてご紹介 自主避難の費用枠組みはご用意させて頂いている」

除染の前に晩発性のリスク低下させるため除染の前の避難は考えないのか?

園田「文科省においてもリフレッシュキャンプ行なったり 学校通じてそういう子供たち被ばく受けないよう手立て それでも誤避難されたい方には支援ありますと自治体と相談させていただきながら 避難先自治体にも財政的支援」


園田「モニタリング住民の方へご説明させて頂いている」

おしどり 1F敷地内汚染物持ち出し基準13000cpm 数ヶ月前幾つかの会社作業員は事故前は3000か1500 事故後20000で上がり少し下がってきた 環境省募集している除染ボランティアに被爆後健康被害出た場合の補償と調査

東電「日付ははっきりしないが段階的に下げて13000cpm 確認する 事故前はJヴィレッジでサーベイ行なっていないので事故後サーベイ基準作って通行できるできない判断 管理区域から出るときのサーベイは法令の表面汚染密度」

園田「ご意見あったこと環境省にはお伝えする」

除染は関係ない?

園田「環境省がこの件は行なっている 環境省に対して私の責任でお伝えする」

日隅 現時点で使用されているマニュアルは 100mSv以下についての記述放射線影響学会確認しているということだったが影響協会にも同じ記述 そちらの方は確認されていないのか?

木野 園田政務官に避難と自主避難について: 確認だが避難区域にかかっていないが福島市・郡山市で高線量の地域たくさんありますが、避難してよいのか、すべて支援いただけるのか


園田「避難について制限ない、自主避難、私共としては歯止めかけること一切したことない」

園田「災害対策法により、避難先確保、避難先の自治体において支援されていると認識。新潟であるとか北海道、私も不正確だが、独自で医療支援・交通費であるとか上乗せし、自治体が支援していること、聞いた」

木野 今の話しであると、こまごまとした支援あるようだが、実際避難するとなると家の処分・仕事を探すなどいろいろなこと含まれる、そういうこと含め支援していただけるという風に、先程の園田さんの話では聞こえるが?

園田「災害対策法がございますので、それに従い行っている、それに加え先程申し上げた自治体による支援があるということ 自主避難者については、審査会で審議中です。賠償については、精神的被害も入りますが、賠償については審議中」

木野 先程支援が充分と言われた、何がどこまで入り、いくらまで支援してもらえるということか?

園田「確認させていただきます」


関連記事
スポンサーサイト
会見 文字起こしの関連記事

category: 会見 文字起こし

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/194-1d4a4d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。