福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

ザ!鉄腕!DASH!! 「震災後3度目の村」
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ザ!鉄腕!DASH!! 「震災後3度目の村」 



ザ!鉄腕!DASH!! 動画 「震災後3度目の村」 
11年11月06日放送分



http://www.ntv.co.jp/program/detail/122249806.html


番組内容

「DASH村」除染実験で育てたヒマワリを処理するため、達也がJAXA長谷川さん達とともに
村へ「DASH海岸」ウナギが棲みつく可能性は?知られざる驚きの生態とは?

詳細

「DASH村」除染実験で育てたヒマワリを処理するため、達也がJAXA長谷川さん達ととも
に震災後3度目の村へ。
村はすっかり紅葉していた。バリウムパネルの遮蔽効果などの確認や気になる枯葉の
線量を測定。「DASH海岸」東京湾の一角に豊かで楽しい古の海づくり。
豊かな環境づくりに取り組み、様々な生き物達が増えつつある海岸。
今や貴重となった天然のウナギが棲みつく可能性はあるのか?
その知られざる驚きの生態とは?






ダッシュ村の部分だけ一部文字起こしをしました。


放射能に汚された福島の土を何とかしなくては。
ダッシュ村で7月に種を撒いたヒマワリを8月に採取。

除染に有効か放射性物質の吸収量を厳密に分析。

JAXA 長谷川研究員「このデータだけを見ると、ヒマワリが、すぐに効果的という事は
言えない」

だが、まだすべきことはある。
10月の終わり紅葉盛る福島に達也はJAXA宇宙科学研究員 長谷川克也さん、山下雅道 
名誉教授とともにダッシュ村へ向かった。

山口 「植えた以上は自分達で全部」

この日の作業は、まずヒマワリの回収。分析に使った物以外多くは、あのまま成長している。

汚染させてしまった植物は、責任をもって処理しなければならない。
また、その処理に有効と思われる「高音好気堆肥菌」での有機物分解。
その実用化のための実験や原発事故から7ヶ月あまりの新たなデータ集めなど目的とする。


20111109092837.jpg




ただし、8月の時点で村は計画的避難区域の中でも特に放射線量が高く、今でも大きく放射線
量が下がっているとは考えられないため、浪江町の手前、川俣町でいつもの準備。

スタッフ含め13名

山口 「まさか自分が生きてる中で防護服を着るなんて人生になるとは考えていなかったな 
すごく変な感じ」

しかもこれが3度目 2回の調査で分かったことがある。

JAXA研究員 長谷川研究員「今までずっと入る前からフェイスシールドしてたんですけど 
あまり神経質になる事はない」

長谷川さん独自の分析結果 村では土に直接触れないまでも放射性物質が舞い上がる恐れが
あるとされていたが、防護服の腰より上では、放射性物質の付着はみられなかった。
さらに顔を覆うシールド内に外気を浄化して送るフィルターも毎回調査後に全員分を分析



20111109111527.jpg



村の大気中を舞う放射性物質は、ほぼなく作業で内部被曝する可能性は極めて低いという。

「普通の(簡易)マクスでも大丈夫」
だが、その際油断は禁物

JAXA長谷川 「もう一つ重要な研究のデータがあってフェイスシールドのフィルターには入って
なかったんですけど、簡易式のマスクをしてもらった人のマスクはすごく汚れている」
それは、「土を触った後で(マスクを)手で動かす」
そうすると「手に付いた土がマスクに付いて汚れている」

山口「ずっと付着して残ってしまうという事ですね」

JAXA長谷川「口の周りなので内部被曝に繋がる マスクが動いても触らない」

作業中、それは無意識の行為 簡易式マスクになれば常に意識し続けないと、
より頻繁に触ってしまうもの。

JAXA長谷川「自分で心配だったら (簡易式マスクは)自主的にするのは全く問題ない 
手で触るぐらいだったら簡易式マスクはしない方が被曝は少ない」

実働を重ねる事でしか見えてこないポイントを押さえた放射能との向き合い方 
マスクを触らないよう徹底し、2ヶ月ぶり 被災後3度目となる村へ。

辺りは都市部よりさらに空きは深まっていた。

達也「普段 こんなに道路に葉っぱは落ちてる事ってないんだけどね 埋もれ始めてるもんね
落ち葉で道路が」

JAXA長谷川「落ち葉って放射線量の高い可能性が高いので」

それは7月の時点で目の当たりにしたこと
里山ふもとに溜まっていた落ち葉に近づくと、
周辺の地表付近 15毎時マイクロシーベルトを遥に超える線量率


20111109091951.jpg




更に南東の高台 雨水が流れる溝に溜まった落ち葉は35.2マイクロシーベルト(Sv/h)


20111109092007.jpg

この日計測した中で最大値を示した。

JAXA長谷川「かなり高いので近づかないほうがいいですね」

とはいえ、その状況 研究には貴重だという

JAXA長谷川「車が走ると落ち葉って飛ばされちゃう」

そんな人為的な変化が起きないまま村では保たれ分析に適したデータが取れる。

ちなみに村のすぐ手前の空間線量は5.17マイクロシーベルト(Sv/h) 2ヶ月前よりやや下がった数値だが

誰もいない村12度目の秋 景色は一変していた。

ダッシュ村3度目の調査と作業立入る13名全員で肝に銘じることは

達也「もうマスク触っちゃダメですね」

美しい紅葉の先には誰もいない 
短時間で汚染させつつ成長したヒマワリを全て回収するため、そして、いつか帰るべく除染を目指してのデータを取るために

8月以来二ヶ月ぶりの その場所へ

達也「砂とか砂利にたいな道だったんだけど ほぼ枯葉に覆われたね 元々の自然な形に戻りつつあるな」

JAXA長谷川「原野ですね これは線量高いのかもしれない」

達也「今11μSv/hです」
村の入口付近、落ち葉は多いが数値は前回とほぼ同じ

気から葉が落ちて日が浅い それと関係があるのか?

達也「山の感じはいつものダッシュ村ですよ
紅葉が進んでいて」

季節の喜びも区切りの思いも抱けない12度目の秋

達也「ヒマワリ 花咲いたんですね」
JAXA長谷川「膝丈1mあるか ないかぐらい」

わずかに種をつけた所で枯れていた
前回の分析結果から微量ではあるが、それぞれ放射性物質を吸い上げる役目は果たしたはず
そして、その傍ら

達也「米 育ってるもんね」
どうやら新男米2枚目 去年の稲刈りの際 落ちた米粒が種となって成長した



20111109092434.jpg



切ない実り やるせない現実

達也「数値高いですね」
JAXA長谷川「あまり変わらないですね」

田んぼの空間線量は2ヶ月前と同じレベル
未だこの地には多くの放射性物質が存在するという事

田んぼで育った 計300株のヒマワリ まずは安全に回収しなくては

JAXA長谷川「真っ直ぐ上に抜いていきます」

溜まった水も跳ねないよう注意して

達也「なるべくここにいる時間を少なくしないとね」

スタッフ含め13名 おのおの手でマスクや顔の周りに触れないよう注意して

無意識な行動を阻止するため専門家長谷川さんは敢えて言葉に出して繰り返す。

JAXA長谷川「手袋に付いた土を体の周りに付けないように」

速やかな作業の一方 研究者としてある植物をほっておけなかったのは山下先生だった


山下「品種の断定出来ないんですけど 田んぼで地面を這って伸びていく」


匍匐性植物 匍匐茎を伸ばし地面を這う

山下先生「イボクサというのが 放射性セシウムを吸うことが他の調査で判ってまして 福島ではポピュラーな雑草」

達也「初めて見た」

村の田んぼでは、ここまで成長するまでに合鴨達が啄んできたらしい

達也「これもある程度は吸ってくれてるのかな?」
山下「品種は専門の人に聴いてみないと判らない」

達也「一応採っておきましょう」

除染へ向け探る可能性 JAXAでは様々な植物による効果を引き続き分析している 
未知なる部分が多い、放射性物質の動きのさらなる解明と共に

種を撒いたのは、もう一箇所 南東の高台でも、回収を急がなくては

達也「牧草地のヒマワリの方が育ってるな」
田んぼのものとは違い、殆どがたち枯れもおらず 見守り続けることも出来ない植物たちの営み
そして秋の草むらには久々に出会えた村での嬉しい命

達也「カマキリとバッタ」

回収したヒマワリをビニールシートで移動と 今度は
山下先生「おっトノサマカエル」

長谷川「山下先生はカエルを宇宙に送った事がある」

回収したヒマワリは東側の高台へ 屋根のある資材置き場に一時的に保管する

既に各地で問題になり始めている汚染されたものの処理
これに関しJAXAが提案するのが高音好気堆肥菌による方法

生ゴミを発酵、分解する仕組みでヒマワリなどの有機物の量を
1/100程度に 放射性物質自体は減らないが保管の負担が大きく軽減される



この時点でヒマワリの線量は15.1μSv/h


20111109092858.jpg


ただし殆どが付着した土からの数値

長谷川「一本だったら触っても大丈夫 100本200本と増えていくと(集積後の線量はどうしても高くなりなす」

達也「それこそ手作業では無理って事ですよね」
長谷川「そこからはプロの領域になる」
「ロボットを使ったり遠隔操作をしたり そういう事が必要になってきます」


20111109092927.jpg



その処理実験から目指すは大規模な施設で放射能に汚染された物を大量に安全に処理する
こと

長谷川「実験をするために持って帰ります」

放射性物質の吸収量を改めて分析し除染と処理のためのデータを取る

達也「今後の処理に関してヒントになると良いかな」

後のヒマワリは自治体の指示に従いビニールシートでしっかりと梱包する

達也「中が腐って退席が下がってくるけど、放射線の濃度というのは変わらない」

屋根の下似一時保管

回収処置を果たした所で、一行は、あの異常な数値を示した場所へ

秋の村、染めた線量なお深く 秋は盛り 静まり返るダッシュ村で3度目の調査は最も警戒すべ
き場所へ


20111109175838.jpg


それは3ヶ月前 里山ふもとの坂道のわき 落ち葉溜りの2ヶ所が極めて高い放射線量を示していた 今はどうなのか?

畑や田んぼの数値は大きな変化はなかったが・・・

達也「この辺落ち葉が溜まってる」

長谷川「この地形だと、ここに集まって来ていますね」

夏から秋にかけ落ち葉は また増えている


43.5μSv/h 以前は22μSv/hを示していたポイント 
2倍になっていた

20111109093132.jpg



達也「危ないですかね」
長谷川「下がってください」
達也「40μSv/h超えてんだよ ここは危ない」
達也「でもちょっと離れただけで13μSv/h」

長谷川「今の状態は前よりも葉っぱがグチャグチャで」
達也「もう土に半分なりかけている」

枯れた葉は古いほど放射性物質を吸収しやすいとも言われ、分解され凝縮されたか?

長谷川「こうやって水の流れた跡とかもあるんで、セシウムって落ちてくるのかもしれない」


20111109093207.jpg


20111109093219.jpg



落ち葉や土などに付着した放射性セシウムは水に溶けて流れることは、なかなかないとされてきたが、状況から見て雨水の影響は大いに考えられると言う

長谷川「この前見た時に20μSv/hだった葉っぱの溜りが40μSv/hになったということは 
20μSv/hに相当するセシウムが下に落ちていった」


見えない敵の動きを推理しながら、里山の入り口
最も高い数値を示していた登り窯のわきのポイントへ

地形に変化が・・・
達也「かなりえぐられているな」

夏の終わりの大雨の影響か?

長谷川「今12μSv/hです 前回一番高かった場所を見てきます

長谷川「今32μSv/hです 前回(夏)と殆ど変わらないですね」


20111109182623.jpg

その場を見れば下に比べて溜まっている落ち葉も多くない
見えないやっかいな敵の動き 長谷川さんは、こう読んだ


長谷川「ここの溝の深さが決まっていて 溜まれる落ち葉の量って決まっているんだと思うんですよ」

達也「ある程度 溜まってきたら雨とか風で流されたり」

長谷川「そうそると大体ここは30μSv/hくらいにしかならない」

長谷川「下の方(井戸前)はいきなり広くなるので あそこは割りと落ち葉が溜まりやす地形なので」
長谷川「ここにあった物が下まで落ちていって
あそこで線量が高くなっているんじゃないのか」

長谷川「落ち葉がなかったら、ずいぶん違うと思います」

達也「この里山に 今現在ある葉っぱにも付着してるだろうし
これが冬になって全部落ちて これを何とかしないといけないのか」

長谷川「ものすごい量なんで処理できるものでもないし30μSv/hを超える枯れ葉を集めると
どれくらいの放射線量になるかって、想像つかないですね」

困難なステップだが次に備える独自の方法がある

長谷川「これはテストの模型的に家のようにして」
以前達也が見せてもらった、あの材料だった

長谷川「バリウムを胃に入れると放射線を遮断してくれる能力があるので胃の形が判る」
長谷川「硫酸バリウム」


20111109093534.jpg



20111109093544.jpg


それを混ぜて固めた特殊コンクリートパネル X線は通さないが放射性セシウムに対する
効果はJAXAが慎重に分析していた
厚さ3.5cmの山荘構造、そして明らかとなった遮蔽効果


表面付近の線量率14μSv/h
バリウムパネル内での下がり方を検証

20111109093514.jpg



長谷川「これだけで どんどん下がってる」
達也「すごい下がった あっという間ですよ」


20111109093618.jpg



長谷川「50%は落ちてますよね」
鉛ほどではないが建材としては、こちらの方が向いている

長谷川「これでヒマワリを囲っておけば国がここに集めてくださいって言う時まで置いておける」
長谷川「周りの歩いている人間があまり被曝しませんよという事になる」


山下先生「そんな提案を国にしていきたい」

これでヒマワリを保管できる小屋を現在製作中

長谷川「大規模なものになるとしたらきちんと設計をして安全ものを作っていかなけれないけない」

村はその実用化実験の場ともなる
訪れるたびに知る厳しい状況と見えない敵の動き
この自然の中 手探りでしか得られない僅かなヒントを希望に
村は冬に近づく







関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/186-e21d2313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。