福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

2011/11/8・18:00開始 東京電力 記者会見
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2011/11/8・18:00開始 東京電力 記者会見 



2011/11/8・18:00開始 東京電力 記者会見 まとめ



東電「蒸発濃縮装置停止時間長かったためぬめり発生 今夜再起動。
2,3号機からの移送本日一旦停止 ROケーシングからの水漏れ 
液体拭きとって警報リセット塩分除去装置は運転再開行わず来週15日から2号機に
移動 11/5サンプリングした際のph 主要3核種 本日からBq/Lの単位に」


東電「4号機塩化物イオン濃度8/8 1944 11/5 150ppm 塩分除去装置降下十分
あったと 2号機へ移動するが 今後4号機イオン交換樹脂設置 
10ppmまで目指したい 4号機は一桁下がっている 
塩分除去装置で取り出した分淡水入れている関係 ヒドラジンにより若干アルカリ」


東電「西門2FMP1はND 沖合サンプリングは昨日は中止 
海水 南放水口昨日100Bq/Lまで指示値上昇気味だったが下がってきている 
茨城県沖海水 沿岸5カ所ND 取水口海水大きな変動なし 高濃度汚染水海洋中へ漏出
していないと判断」


東電「深井戸はポンプ故障で採取できていない 修理予定。集中廃棄物処理施設周辺
サブドレン水通常変動範囲内 建屋敷地周辺サーベイ1,2号機あいだSGTS配管以前報
告の1万mSv/h超えている所 その他建屋周辺数mSv/h」


東電「3号機原子炉建屋南側ふちの所で赤外線でとったとき30~40度熱源あったところに
サンプリング装置下ろした 四角いのが3号機機器ハッチ 
画像左上に水面見えるのが使用済み燃料プール 右上ドラムとモーター天井クレーン
落下して落ちているものと考えている」


動画再生中 福島第一原子力発電所3号機原子炉建屋ダストサンプリング風景

http://t.co/AXEVIrQJ


東電「映像確認する限りは湯気がモヤモヤ出ている状況は見られなかった 」


NHK野上 放射性物質除去装置

東電「4号機は稼働させていない2号機に設置する予定 4号機は塩分除去装置で塩化物
イオンとることしていた 150ppmまで低減」


午前中監視カメラ不具合 今後電源通信系統確認

東電「原因は調査中と申し上げたが分電盤のヒューズブレーカー落ちていた 
ブレーカー不良も考えられrので評価行う 
基本的にこうした不具合あるので1つずつ潰したい 
現場計器そのものは使用可能なので現場計器使用していきたい」


共同佐分利 1~3号機原子炉圧力容器温度どの程度まで下げる
のか?

東電「目標値そのものは持っていない 
圧力容器底部温度おおむね100°C以下ほぼ満足している 
温度下がれば下がるほど放射性物質放出量も低下する 出来るだけ下げたい 
今のところ注水の量に従って下がっている」


東電「温度計信頼度も評価していきたい」

Xe関係ホウ酸水入れ続けない理由臨界可能性少ないと 酸による腐食影響も入っている
のか?


東電「弱酸性なので若干腐食する可能性 現在入れている濃度なら腐食進む可能性はな
いと 配管途中で温度下がる所ありホウ酸析出し詰まることは注意しなければ」


東電「現在臨界リスク相当低いと思っていて温度、圧力で検知可能と」

3/14 空間線量率上昇

東電「3/14 21:37 ちょっと確認する」

ニコニコ七尾 今日配布された資料のサーベイマップは現在何回かに分けて測定されて
いるが空白のエリアは?

東電「基本的には作業ない限り測定だけのためにいくことはない 測定あらゆる場所何
mSv/h状況 作業その場所でやる必要あるときに事前サーベイ行いたい」



東電「4号機の周りは建物もあり大型重機解体作業行なっているので最新データには
近づけていない」


2号機原子炉建屋クインスは?

東電「まだ回収できていない 3階可燃性ガス制御系のそばに 色々遠隔操作できない状
況なので遠隔操作復旧して近づかないで自力走行回復させて回収がベスト 
無理なら2,3人行って抱えて連れて帰る」

つくば市ベンチャー企業サイバーダインタングステンの防護服きたまま作業できるパワー
スーツについて


東電「情報存じ上げている もともと介護用ロボットときいていると 原子力発電所高線量
エリアとなると重いタングステンベストきる必要あり きても力サポートできるものと 
有効性確認できれば使いたい」


リチウムイオン電池1.5時間だか?

東電「時間として問題ないと スペック値と実働どれ位差があるかは確認必要」

パワードスーツは何着くらいあれば有効か?

東電「具体的作業は思いつかないが高線量地域での作業なら2,3人1チーム作業 
最低でもその程度の数は必要」


NHK花田 3号機建屋映像から新たにわかったことは?

東電「新たに分かった点としては引き続き湯気発生無かったこと継続して確認できた 
映像的にはこれまで撮影したものから大きな変化認められていない」

今回の狙い

東電「これまで3号機サンプリングに関してはクローラークレーン関係上炉心北半分での
サンプリング行なっていたが南側可能になった ウェルのふちにポツポツ赤い点あったが
高温の部分あるとサンプリング行なった」


北側の映像もあったが爆発で落下した鉄骨と

東電「爆発で北側南側大きく破壊されている状況は同じ」

4号機塩分除去装置 2号機に持って行くと

東電「4号機は今日配布したサンプリング結果に示すとおりほぼ150ppm程度まで
下がってきている 今後この装置ではなくイオン交換タイプつける」


東電「この関係で今回使用しているROタイプは2号機で使いたい」

10^2Bq/cm ^3 まで下げる必要

東電「ゼオライト通水してセシウムイオン濃度下げる処置している」


施設運営計画でタービン建屋に注水ポンプおくという話

東電「具体的工事は進んでいないが復水貯蔵タンク水源にしてポンプ設置 
注水距離短くなる 11月からとりかかる」


朝日こん 原子炉からの放射性物質放出量評価について

東電「何回か1,2,3号機とも上空でのダストサンプリングしている 
来週道筋会見で細心評価結果お示ししたい」


海外研究者の評価妥当性

東電「今やっているのは現在原子炉建屋からどれ位放射性物質出ているかを把握したい
今後避難されている方々帰宅される際追加的に放出されている放射性物質低減するために
必要年間1mSv以下を目標にしている 炉心温度下がっていることもあり順調に低減」


東電「今回の事故にあたって放射性物質どれ位でたかきちんと評価する必要ある 
フランス、国内研究機関評価してくださっている 事故当時の放出量評価行なっている 
私どもとしてどう評価したか」

東電寺澤「プラントデータ来ていない後ほど記者ルームで」 


東電会見終了 


関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/183-e06eca26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。