福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

原発周辺4人に1人“戻らず”
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

原発周辺4人に1人“戻らず” 



原発周辺4人に1人“戻らず”
11月8日 13時16分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111108/k10013809091000.html


東京電力福島第一原子力発電所周辺の8つの町と村のすべての世帯を対象にした
アンケート調査で、回答した4人に1人が「自宅に戻る気はない」と考え、特に若い世代
でこうした傾向が強いことが分かりました。

福島大学復興支援プロジェクトのグループは、福島第一原発周辺に位置する双葉郡の
8つの町と村の協力を得て、ことし9月、すべての世帯の避難先などにアンケート用紙を
送り、ほぼ半数のおよそ1万3500世帯から回答を得ました。

このうち、避難している人に自宅に戻るかどうか尋ねたところ、「戻る気はない」と考えて
いる人は26.9%で、30代前半までに限ると52.3%に達するなど特に若い世代でこう
した傾向が強いことが分かりました。

町村別では、大熊町と富岡町、それに双葉町で30%を超え、警戒区域の中にあり、
放射線量が特に高い地域で多くなっていました。
今後の生活上の困難については、60%近くが「避難の期間が分からない」と答え、
生活設計を立てられない現状が改めて浮き彫りになりました。

このほか、自由記述欄には「ふるさとの人々や風土すべてが大好きで早く戻りたい」と
いった地元への愛着がうかがえる記述も多く見られました。
調査を担当した丹波史紀准教授は「深刻な結果だが、自由記述では本当はふるさとに
帰りたいという思いがにじみ出ている。

国や行政は住民の思いに応える施策を示す必要がある」と話しています。
福島大学では、今回の調査結果を今後の復興計画づくりに役立てたいとしています。


関連記事
スポンサーサイト
ニュースの関連記事

category: ニュース

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/177-0ab8035e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。