福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

2011/11/7・11:00開始 東京電力 記者会見 まとめ
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2011/11/7・11:00開始 東京電力 記者会見 まとめ 



2011/11/7・11:00開始 東京電力 記者会見 まとめ

東電「プラント状況 2号機格納容器ガス管理システム出口での水素ガス濃度10時現在
2.5%ほぼ安定した状況 使用済み燃料プール循環冷却順調に行なっている 
お手元に2号機放射能除去装置設置についての資料 
昨日概要ご説明しているが実際の設備の写真できましたので御説明 」

東電「円筒型セシウム吸着塔水処理設備同様中にゼオライト 
20m3/h水を流して中に入っているセシウム除去しようという計画 
オモテ面ヴェッセルユニット 裏面弁ユニット実際に水出し入れする際の弁入っている 
場所は原子炉建屋西側FSTR建屋 オモテ面は西側 裏面は大物搬入口内部」

東電「3号機使用済み燃料プール循環冷却システム一次系ストレイナー低下について 
これまで使用済み燃料プール循環冷却システム一次系ポンプ吸込圧力次第に下がってい
るということ判明している 
ポンプ入り口のストレイナー フィルターのようなものに物詰まっているのではと逆洗行う 」

東電「MO-F001から水流してフィルター詰まっている異物をフローグラスで分岐してタンク
に押し戻そうと 冷却3時間とまる 温度上昇約0.6度と判断 」

東電「2、3→雑固体廃棄物減容処理建屋 1号機タービン建屋→2号機タービン建屋
9:41一旦終了 6号機タービン建屋→屋外仮設タンク移送は予定なし 
プロセス主建屋3578 75↓ 
雑固体廃棄物減容処理建屋3138 215↑ サイトバンカ4365 7↑」


東電「トレンチ2-3020 12↓ 3203 7↓ タービン建屋1-3803 35↑ 2-3038 13↓ 
3-2960 7↓ 4-2990 6↓ 原子炉建屋1-4477 30↑ 2-3133 8↓ 3-3147 10↓
4-3021 6↓」

東電「循環型海水浄化装置本日運転再開 
クレーン再発防止対策検討していたが対策完了し労働基準局に報告書提出 
10:10解体作業再開 水処理関係キュリオンサリー水処理継続 RO淡水化3系列目使って
水処理行なっている
蒸発濃縮式全第停止中 3B3C停止したがこちらは本日午後運転再開」

東電「RO塩素濃度3000ppm→3ppm 濃縮塩水9000→2所定性能発揮」


NHK花田 3号機使用済み燃料プールストレイナーはフィルターのようなものとご指摘あり
ましたがどういうものか?
東電「配管の中に入っている ポンプに付属品と言うよりも配管途中に金網のようなもの
設置されていてポンプ吸い込みに当たり異物流れこませないようにする仕組み」

東電「スキマーサージタンクから吸い込んで1次系タンクへ流れるが フィルター目づまり
起こしてしまい吸い込み圧力低くなる 
今回ピンクのラインで逆向きに水を流して異物押し流してしまおうという物」


3号機特有の理由あるのか?

東電「この装置は1,2,4号にもあるが確認できている状況からすると3号機水質、
瓦礫 コンクリート破片 細かい砂というか粉のようなもの詰まり気味なのではと思うが
詳しい状況はわかっていない ポンプ吸込圧力で監視している」

東電「スキマーサージタンクに水がある程度あると圧力で問題ないが水があっても弱くなる
と感知」

(来年以降のタンク設置計画について)
「今の設置ペースで年内14万tタンク設置運用 最終的にどういうふうに処理処分するかは
未定 場合によっては来年以降もタンク増やすこともある」

(現状12月までのぶんでたりそうか)
東電「OP3mで水は回せると」

東電「第一ではないが第二でタービン点検 対象4号機 準備ととのったら4号機から
地震後設備の点検の一貫としてメインタービン開放してみていく」

朝日すぎもと タービン点検目的について
東電「2Fは地震の時に1~4号機定格出力運転 スクラム後津波で一部海水系での冷却で
きなくなった事故状況だがその後設備点検進めている 
タービン車軸回転していたので今後内部よく見ていきたい」

東電「中越沖地震でも車室開放した際回っていた7,4号機タービンシュラウド擦れ摩耗痕
出ているのでそうしたところあわせてみていきたい」

(運転再開視野に入れたものか)
「地震後の設備の点検が目的 車室は点検に時間かかるのである程度計画的に実施して
いきたい これまで原子炉中心点検」

東電「タービン側でもどういう被害あるかきちんと把握する必要ある」

東電会見おわた


関連記事
スポンサーサイト
会見 文字起こしの関連記事

category: 会見 文字起こし

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/173-278325da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。