福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

11月11日に巨大地震が来る!?-震源が海域から内陸へと移っている?
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

11月11日に巨大地震が来る!?-震源が海域から内陸へと移っている? 



東日本大震災以降毎月11日前後に大きな地震が起きていること。
そして、内陸部に向かって震源が移動していることを指摘している。

65bf750b63ccf69dfc1cc3b9c8d89293.jpg


■不気味なデーター
房総半島のプレートに関しては、房総沖でプレートの「スロー地震」が起きているという
観測結果も出ている。

(参考:首都圏大地震の可能性!?房総半島沖で「スロー地震」再来 )

そのため、プレートのひずみによる「直下型大地震」も要注意状況であるという指摘もある。

また、北海道大学 地震火山研究観測センターでは「VHF電磁波」の地震エコーの観測によ
り、マグニチュード9クラスの地震が再来する危険性を指摘している。

(参考:マグニチュード9クラス!第二次東日本大震災が2012年1月に!?-北海道大学
地震火山研究観測センターが警告!)


■11月11日をターゲットに震源は移動しているのか?
今回指摘されているような首都圏直下型地震が11月11日に来るのであろうか?

8月11日

af136ed0796346c1f29b8bbb607fd966.jpg


9月11日

4b008fdc1008a5625f42af84ffecd484.jpg


10月11日

4b008fdc1008a5625f42af84ffecd484.jpg


この震源地の地図を見る限り、過去3カ月の11日の時点で発生した地震の震源が首都圏
に向かって移動しているいわれれば、確かに海の方で発生していた地震より、内陸に近い
部分で発生している地震の方が多くなっているように見えないこともない。


夕刊フジで「震源地がだんだん海域から内陸へと移っている。」とコメントしているのは
武蔵野学院大特任教授(地震学)の島村英紀氏である。
果たしてこの予測は当たるのであろうか?


http://www.best-worst.net/news_NDmiTQY1e.html


関連記事
スポンサーサイト
地震、災害の関連記事

category: 地震、災害

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/172-20e46ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。