福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

TPP賛否拮抗 世論調査 78%、説明不足に不満
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

TPP賛否拮抗 世論調査 78%、説明不足に不満 



TPP賛否拮抗 世論調査 78%、説明不足に不満

2011年11月7日 07時07分

共同通信が五、六両日に実施した全国電話世論調査で、環太平洋連携協定(TPP)参加
問題をめぐり「参加した方がよい」は38・7%、「参加しない方がよい」は36・1%と賛否が
拮抗(きっこう)していることが分かった。
参加した場合の影響を政府が「説明していない」との回答は計78・2%に達し、
「説明している」の計17・1%を大きく上回り、政府の姿勢に強い不満をうかがわせた。


野田内閣の支持率は47・1%で、前回十月調査より7・5ポイント減。50%を割ったのは
九月の政権発足後初めて。
不支持率は34・3%で6・5ポイント増。野田佳彦首相はTPP交渉参加を正式表明する
方向で調整しているが、一層の説明責任が課された格好だ。民主党の支持率は25・1%、
自民党は20・5%だった。


東日本大震災の復興増税に関し「期間を長くしても毎年の増税額を抑えるべきだ」が
45・1%で、「毎年の増税額が多いとしても短期間で終えるべきだ」の22・2%の二倍以上
となった。
「増税するべきでない」も26・8%と根強い。消費税率引き上げは賛成派が計50・4%、
反対派が計48・1%と意見が割れた。

衆院解散・総選挙はいつがよいかとの問いには「任期満了に近い二〇一三年夏の衆参
ダブル選挙」との答えが44・8%と最も多く、「来年前半までのできるだけ早い時期」が
25・4%。

衆院選挙制度改革では「一票の格差是正と定数削減に取り組むのがよい」と答えた人が
43・7%で最も多く、「現行の小選挙区比例代表並立制を抜本的に見直すのがよい」も
38・0%だった。
現行制度を前提に「一票の格差是正に取り組めばよい」は4・6%にとどまった。

政府が急激な円高に対応して「対策を取っている」と評価する声は計32・6%で、
「対策を取っていない」の計63・6%を大きく下回った。


民自両党以外の政党支持率は、みんなの党6・8%、公明党3・3%、共産党2・3%、
社民党0・9%、国民新党0・4%、たちあがれ日本0・4%、新党改革0・1%、支持政党なし
38・4%だった。(東京新聞)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011110790070708.html


関連記事
スポンサーサイト
TTPの関連記事

category: TTP

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/166-af42d4f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。