福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

スイスの住宅には核シェルターがある
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

スイスの住宅には核シェルターがある  



スイスの住宅には核シェルターがある

http://www.kachispo.com/k/1163/

実は遅れている!?
日本のシェルター事情とは
まず「核シェルター」という言葉自体は、ほとんどの人が知っているだろう。特に最近では、テレビや
雑誌などでその言葉を目にした人もいるかもしれない。

実際に核シェルターの設置等を手がけている、「織部精機製作所」に話を伺ったところ、それだけ
有名な言葉ではあるものの、実は日本にある核シェルターの数はほんのわずかだという。
もちろん、核シェルターの規模は5~6人用のものから、300名収容できるものまで幅があるという
が、織部精機製作所の方によれば、「核被爆国である日本が、実はその危険性を感じていない」
という。

一方、永世中立国であるスイスは、核シェルターの設置率は人口に対して100%以上なんだそう
だ。現在では、核シェルターの設置なくしては、建築許可が下りないとさえいわれるほど。
そして、スイスには及ばないものの、アメリカでも核シェルターは多く取り入れられている。
そう考えると、日本はこれからの時代に向けて、徐々に遅れを取り始めているのかもしれない。
時代を先取る意味でも、まずは知識をつけていく必要がありそうだ。



シェルター生活は2週間乗り切ることが重要

ところで、核シェルターと聞くと、分厚い扉に、打ちっぱなしコンクリートの壁、殺風景な内部……
というイメージをどうしても持ってしまうが、実際の核シェルターもその様なシンプルなものが
ほとんどのようだ。
しかし、これはスイスが国家として究極の安全を追求して作成した基準で、現在世界で採用
されているシェルター基準なのである。平和を当たり前のように享受している私達にとっては
殺風景に感じられるかも知れないが、この打ちっぱなしコンクリート壁にも理由がある、という
ことを知ると納得できる。


さて、実際に核爆弾が投下された、あるいは放射能の降下があった場合に核シェルターに逃げ
込むわけだが、この中で生活するのは食料などの問題も含めてせいぜい2週間程度となる。
中には、高いお金を払って核シェルターを用意したのに、たったの2週間生き延びてどうするん
だ?と考える人もいる。
しかし、核爆弾などによる大気の汚染は、2週間たてば1,000分の1に減衰する。
つまり、核投下後2週間を乗り切れば、放射能症などの様々な生死に関わる症状を回避し、
生命を維持できるということなのだ。逆に言えば、その2週間を乗り切ることができなければ、
その先の人生もなくなってしまう訳で、本当の意味で人生の勝ち組と言われるためには、
この2週間はなんとしても乗り切りたい。





スイスには何十万という核シェルターがあり、その設置が法律で義務付けられている。
そして、冷戦が終結した今もその建設は続いている。

この驚くべきスイスの事情にコメンテーターは、「これは世界の常識である」と語ります。
スイスは、国民皆兵制の武装国家。
永世中立国であることは、どこにも守ってもらえないということ。

平和や美しいものを守るために、国民がどれだけの覚悟と犠牲を払っているのか、
そして、それに耐えられるだけの人々が集まっているのがスイスという国。
核シェルターの存在は、ヨーロッパの防衛に対する精神的な伝統とも関係があると解説します。

http://world-really.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-c7e0.html







世界の核シェルター普及率、スイス100%、アメリカ82%、日本0.02%

無題114



日本核シェルター協会のデータによると、日本の核シェルター普及率は0.02%と極めて低いことが判る。
世界の中で最も核シェルターが普及しているのは中央ヨーロッパのスイスで、新築や改築の
際にシェルターの設置が法的義務とされているため普及率は100%で全人口をカバーできる
状況だ。
核シェルターがどのような構造かあまりイメージが沸かないですが、らばQというサイトが共産党
の政治指導者とその側近のために建造されたユーゴスラビアの核シェルターの様子を伝えてい
ます。

http://infosecurity.jp/archives/2103




関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/163-10f44dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。