福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

【11/05・18:00開始】東京電力 記者会見 まとめ
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

【11/05・18:00開始】東京電力 記者会見 まとめ 



【11/05・18:00開始?】東京電力 記者会見 まとめ


東電「たまり水処理キュリオン、サリーで処理継続。1~3号機原子炉注水継続
3号機原子炉建屋上部でダストサンプリング行なった結果は取りまとめ次第 道筋会見で放出放射能量評価」

東電「ダストサンプリング西門2FMP1いずれもND。海上は転校の関係で行われていない。
海水沿岸部4カ所沖合各地点 経時変化大きな変動なし。取水口付近変動なし。
サブドレン1~6号機と構内深井戸大きな変動見られていない」

東電「3号機原子炉建屋通路上干渉物移動と移動後の線量測定
ウォリアーとパックボットで実施 格納容器ガス管理システム設置時にじゃまになるものロボットで片付け
 作業前作業後の状況写真 左側が北東機器ハッチ前右側南側通路」

東電「西側通路、南西機器ハッチ前 通路上の小石、砂を取り除いた
それぞれの場所の資料動画での説明で参考で使う
線量測定結果今回格納容器ガス管理システム設置は線量215と書いてあるあたり
近くに620書いてあるが以前入ったときは見つかっていないので評価必要」

東電「215mSv/h確認された機器ハッチ9/24には370mSv/hの状況だった
北東エリア150と書いてある箇所は9/24では190mSv/h干渉物移動に伴い若干線量低減」

動画再生中 東電「パックボットにつけたジグで柵を持ち上げて左側にあるウォリアーブルドーザーの
ようなもの付いているので右から左に押していく状況 柵を少し持ち上げてブルドーザーの
押し付けるようなものでずっと押していく」

東電「11・3作業 ウォリアーマニピュレータの先にブラシを持たせて床面に溢れている砂、
小石類を片付けている 東から西に向っている 右側制御棒駆動ユニット 」

東電「滞留水回収処理行なっているが先週は高濃度汚染水処理方法ご説明したが
本日は淡水化処理についてお話。淡水化システムROと蒸発濃縮の仕組み、
高濃度汚染水をキュリオンサリー除染装置使ってセシウム取ったあと見ずに含まれている
塩分取る必要 二種類運用」

東電「塩分取り除かれた水は貯水タンクに移送して原子炉へ使われる。
SPT(B)タンクに集められてまずRO淡水化 バッファタンクで処理水として使われるものと
蒸発濃縮、淡水 逆浸透膜方式海水から真水作る装置として一般的に使われているもの
海水と淡水を浸透膜ではさむと海水側へ淡水側動く」

東電「圧力をかけて海水側から淡水のみを動かす 水1Lからだいたい400cc程淡水出来る
4種類設備RO1A270m3/d 1B300 2,3がそれぞれ1200 メーカーは水処理エースさん
日立 本日は3番使っている」

東電「白い筒のところに塩分流してろ過装置通して濃縮塩水と淡水へ
現在の運用では処理水、濃縮塩水タンク容量見ながら処理量変更行なっている。
塩分除去装置は蒸発濃縮式も持っている 塩田と同じような仕組み
塩分含む水蒸発させて淡水抽出 残った濃縮塩水を廃液へ」

東電「RO空出てきた6割の濃縮塩水を蒸発濃縮で蒸留してさらに淡水搾り出して
濃縮廃液発電所の中で保管 8台用意3A3B3C最近できて東芝製 7割が淡水で抽出できる 」

東電「2A建設中の状況真ん中に蒸発濃縮装置横型ボイラーのようなもので加熱して塩分残す
蒸発濃縮750m3/d運用できるがバランス見ながら運用考えている」

東電「RO工事先行 1A1B2番水処理装置運転させたが7月からは逆浸透膜3できて
処理量十分できている 塩分除去能力逆浸透膜方式、蒸発濃縮とも塩化物0.024 0.0001で
低減能力 最近は4000ppm程度の塩化物 淡水化装置出たあとは凡そ50ppm以下に抑えられている」

(フジいくの ロボットによる作業 この線量で人での作業できるのか)
東電「使用したロボットは3台 干渉物撤去はウォリアーというロボット
操作監視のためパックボット2台 北東エリア機器ハッチ上部に可燃性ガス
濃度制御系取り出し口ある 215とか150mSv/hという状況で人で困難」

(朝日つぼや 入り口イオン濃度下がって行ったら装置要らなくなると思うが)
東電「津波で海水大量に侵入した結果塩素イオンかなり多い状況だったが
地下水雨水流入で徐々に薄まっている 処理水循環でも薄まっている
4000ppmあるのでまだ相当高い状況 まだ相当時間かかる」

(時事神田 215の場所は)
東電「ハッチから1、2m範囲可燃性ガス濃度制御系のモノそのものは床面から数mはしご登っていった先」

東電「ヴェッセル交換予定何回かお知らせしていたがAGHヴェッセル動かしていたが
ヨウ素少なくなっていてHヴェッセルに中身は切り替わっていた
AGHはヨウ素だけの目的 AGHヴェッセル交換あることは知っていたが現場で
廃棄物低減作業したいとAGHはHヴェッセルでいいと改善していた」

東電「うまく伝わっておらずヴェッセル交換のみお伝えしていた 中身まで情報伝わっていなかった
広報の方でも日々の作業予定はもらっているので実際にはどういうことやっているか問いかけ
必要かとおもっているがアンテナもう少し高くしないとヴェッセル交換作業にどういうもの含まれるか不明だった」

(フジいくの 600という場所検出されなかったことについて)
東電「今回考えられるのは干渉物移動してはかれた状況
以前は柵があって近くまでいけておらず測れてなかったかも
以前からあったものではと考えているが何故飛び地のような形で高線量のところあるかははっきりわかっていない」

東電「除染は洗い流すか剥ぎとるかたち 掃除機で吸い取る事考えられる どんなものでやるかは決まっていない」

(フジふじわら 北東エリアガラ撤去すめば設置作業行うのか?)
東電「必要な箇所はこのエリアで配管引き回して二重扉経由してタービン建屋へ
本体排気ファンフィルター設置 建屋全体のがれき撤去が終わってないと進まないものではない」

(朝日小堀 2号機ガス管理システム水素濃度どのくらいになるのか?)
東電「2.6% 最新値17時現在2.7 評価しているが1%程度あると
濃いところを吸い込んでいるために比較的高い濃度に鳴っているのではと
格納容器内に窒素どのくらいあるか評価 放熱器で水蒸気凝縮させてフィルターにいれるため」

東電「水蒸気失われる 水素ガス濃度が増えることとなる 2%、2.5%で妥当なのかは評価したい」

東電「4号機使用済み燃料プールでは循環冷却行なっているがその中の一部の水を
塩分除去装置で塩分除去している
10/27 200ppm 当初1944  2,3号機でも同様の塩分除去必要と考えているが
2,3号機は放射性物質量が4号機より4桁高い RO膜使用するには放射能濃度下げる必要」

東電「2号機使用済み燃料プール放射性物質除去のためゼオライト使った除去装置運用したい
装置そのものが設置場所の問題あり車載式でセシウム吸着塔据え付けて循環冷却している
水を導いてプールへ戻す運用したい これまで車載型セシウム吸着塔、
配管接続工事準備できたので明日から放射性物質除去」

東電「1-7.8 2-3 7.2 3-2.3 8m3/h 格納容器圧力1-123 2-118 3-101.5
使用済み燃料プール1-22.5 2-26 3-24.3 4-32度 2、3→雑固体廃棄物減容処理建屋移送
6号機移送なし 明日タービン建屋→仮設タンク10~16時」

東電「プロセス主建屋3776 OP2559 45↓ 雑固体廃棄物減容処理建屋2579
OP1853 137↑ サイトバンカ4348 5↑ トレンチ1-DS 2-3019 10↑ 3-3222 3↓
タービン建屋1-3991 132↓ 2-3038 9↑ 3-2983 6↓ 」

東電「4-3018 11↓ 原子炉建屋1-4406 16↑ 2-3122 10↑ 3-3169 5↓ 4-3040 3↓
 循環型海水浄化装置はメンテのため停止 3号機原子炉ウェル上でダストサンプリング
1~4号機使用済み燃料プール水サンプリング実施 」

東電「RO累積生成量61030t ヴェッセル交換なし キュリオンHヴェッセル2塔」

会見終わり(*ΦωΦ*)


関連記事
スポンサーサイト
会見 文字起こしの関連記事

category: 会見 文字起こし

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/150-e82bbb0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。