福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

尿検査で7%の子ども 内部被ばく
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

尿検査で7%の子ども 内部被ばく 



尿検査で7%の子ども 内部被ばく
11月5日 4時50分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111105/k10013753271000.html

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、福島県南相馬市の乳幼児が
放射性物質を体内に取り込む内部被ばくをしていないか、尿を検査したところ、
7%の子どもから放射性セシウムが検出されました。

検査を行った会社では、健康に影響が出るような内部被ばくはなかったとしてい
ます。
福島県などが行っている内部被ばくの検査は、ほとんどが専用の装置で姿勢を
維持できる小学生以上を対象にしていることから、福島第一原発に近い地域で
は、検査を受けられない乳幼児のいる家庭から不安の声が上がっています。

このため、東京の医療コンサルタント会社「RHCジャパン」は、南相馬市内の
6歳以下の子どもを対象に、尿に放射性物質が含まれていないか検査しました。

その結果、これまで分析を終えた1500人余りのうち、7%に当たる104人から
放射性セシウムが検出されました。
ほとんどは検出限界を僅かに超える1リットル当たり20から30ベクレルの範囲
で、最も値が高かったのは1歳の男の子で187ベクレルでした。生涯に受ける
放射線量は最大でも0.37ミリシーベルトと推定されるということで、検査を
行った会社では、健康に影響が出るような内部被ばくはなかったとしています。

今回の結果について、放射線医学総合研究所の明石真言理事は、
「検証が必要だが、一つの目安にはなる。チェックを受けた食品をとれば今後も
被ばくが大きく増えることはないと思う」と話しています。





飯舘村で除染説明会 不安の声
11月5日 5時42分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111105/k10013753381000.html


東京電力福島第一原子力発電所の事故で、全域が計画的避難区域に指定され
ている福島県飯舘村で、国が主体となって始める除染のモデル事業の説明会が
開かれましたが、放射性物質を含んだ土などを保管する仮置き場を、
村の中の国有林に設置する案について、住民から不安の声が相次ぎました。


飯舘村では、国が主体となった除染のモデル事業が、一部の地区で始まる
計画で、4日夜は、国と村による住民向けの説明会が福島市内の移転先の
役場で開かれ、およそ60人が出席しました。この中で、菅野典雄村長は、
放射性物質を含んだ土などを保管する仮置き場を、村の東部にある国有林に
設置する案を初めて明らかにしました。これに対して住民からは、
「仮置き場から放射性物質が漏れ出して周辺の環境に影響を与えることは
本当にないのか」といった不安の声が相次ぎました。

このため、国と村は、モデル事業について住民の納得が得られていないとして、
疑問に答えるため、早い時期に改めて説明会を開くことになりました。
避難先の東京から説明会に出席した68歳の男性は、
「除染は急がなければならないが、これまでに誰も行ったことがないので、
話し合いをさらに積み重ねる必要があると思う」と話していました。

関連記事
スポンサーサイト
被曝の関連記事

category: 被曝

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/145-1f461169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。