福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

 



放射線関連の単位について

放射線の単位の種類

放射線  Bq(ベクレル)
 Ci(キュリー) 
 1Bq = 1dps(崩壊数/秒)
1Ci = 3.7 × 1010Bq
比放射能(放射能度)       kBq/mg または MBq/ml                            
照射線(exposure)      C(クーロン)/kg
 R(レントゲン)     
 1R = 2.58 × 10-4
1C/kg = 3876R
吸収線量(absorbed dose)  Gy(グレイ)
 rad(ラッド)
 1Gy = 1J/Kg = 100rad
線量(dose equivalent)  Sv(シーベルト)
 rem(レム)
 1Sv = 1Gy × Q × N = 100rem
Q:線質係数(X線,ガンマ線:1,中性子線,アルファ  線:5~20)   
N:その他の因子(~1)





放射能[Bq(ベクレル),Ci(キュリー)

単位時間あたりに放射性核が崩壊する(=放射線を放って別の核種に変わる)数が放射能です。
単位はBq(ベクレル)を用います。
1Bqは1秒間に1 個の核が壊変する放射能です。
ベクレルの由来は放射能を発見したフランスの物理学者・Henri Becquerel
(アンリー・ベクレル)(1852-1908)です。

SI単位系導入以前の放射能の単位はCi(キュリー)でした。
1CiはRa(ラジウム)1gから1秒間に放射される放射線の量、3.7×1010=370億と定義されています。
キュリーの由来はポロニウム、ラジウムを発見したフランスの物理学者
Marie Curie(マリー・キュリー)(1867-1934)です。

比放射能[kBq/mg,MBq/ml]


放射性物質の単位重量(単位容量)当りの放射能を比放射能と呼びます。
単位はkBq/mgまたはMBq/mlを用います。



照射線量[C/kg,R]

単位質量当りの空気の容積内から入射光子によって生じた電子が完全に停止するまでに
空気中に作った正負いずれかのイオンの全電気量を照射線量と呼び、
単位は1C(クーロン)/kg、または1R(レントゲン)を用います。

1Rは空気1kg中に2.58×10-4Cの電気量を生じるX線,ガンマ線の線量で、1C/kg=3876Rです。
単位R(レントゲン)の由来はX線を発見したドイツの物理学者
Wilhelm Conrad Roentgen(ウィルヘルム・コンラッド・レントゲン)です。



吸収線量[Gy,rad]


放射線によって、物質の単位質量あたりに吸収されたエネルギーを吸収線量と呼び、
単位はGy(グレイ)を用います。1Gy=1J(ジュール)/kgと同じです。
SI単位系導入前はX線、ガンマ線 rad(ラド)という単位を用いてました。1Gy=100radです。



線量[Sv,rem]


放射線防護の領域で用いられている線質係数Qを考慮した吸収線量のことを
線量と呼びます(以前は線量当量と呼ばれていました)。単位はSv(シーベルト)です。

1Sv = 1Gy×Q×Nです。線質係数Qは生物学的効果比(RBE)とほぼ同じ値であり、
X線、ガンマ線では1,中性子線、アルファ線では5~20の値が用いられます。
係数Nはその他の因子ですが、通常1とみなされます。

核医学検査では主にガンマ線を利用しますので、核医学検査においての
1Svと1Gyは同じ値になります。

通常は1Svという単位では利用しにくいので、mSv(ミリシーベルト)
(1mSv=0.001Sv)で用いられることが多いです。

SI単位系導入前はrem(レム)という単位を用いてました。1Sv=100remです。
remとは"roentgen equivalent in man"に由来します。





参考文献:

 「核医学ハンドブック」鳥塚莞爾監修/小西淳二編,金芳堂 1996 ISBN4-7653-0832-4 C3047 p16-17,21







関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/131-8b273a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。