福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

 



【東電会見要約】
埼玉さんが起こしてくれました。

(東電:松本氏の発言部分のみです。)
通常の状態の核分裂です。
大規模な臨界じゃない。
少しというか、たまたま核分裂反応が起きている。
核分裂が起きていたとしても、量が大きいとは考えられない。
冷温停止に関しては、すこし保安院と議論が必要だけれど、冷えてると
いう状況に関しては、そうである。

損傷した燃料の中で希ガスという非常に検出されやすいものが検出され
ている。

圧力温度の上昇からみて、臨界してる条件とは考えられないが、多少臨
界しているかもしれない。

臨界の判断は、圧力容器の圧から判断するが、まぁこの程度の圧力で
あれば、臨界とは考えられない。
損傷した燃料の形状を推定するのはむずかしいが、どのような形になっ
ているか、いわゆるクラスター、いわゆる溶岩のようになっているかは、
これは推定できない。

クリプトン、キセノン131、133,135の発生状況については、事故発生時
のものが現在検出されたものと考えられ、以前からあったものと判断す
る。

一定時間、温度低下がおきているため、臨界条件が整って、一部の燃料
が臨界ではございませんが、核分裂をして生成物として今回検出された。

冷温停止に関しては、冷温停止の条件となる100度未満を維持できてい
るので、今回の件は影響を与えないと考えている。

東電としましては、今回の件について、保安医院、政府と相談しまして、
今後の対応をご相談したい。

ただし今回のようなケースが判明したので1~3号機に関してもどうする
か対応を考える必要がある。

この核種が見つかった意義ですが、希ガスとしては、他の物質と反応す
るものではないので、ダイレクトに大気にでてくるので、いわゆる損傷した
燃料から漏れてきていると考えているが、キセノン133の半減期が約5
日、135が9日、クリプトンが10年なので、3月の時点で発生したのであれ
ば、減衰されていると考えられるが、比較的近い時期に核分裂がおきたと
考えられる。


核分裂に関しましては、自然現象として、核種が生成されていると思う。
念のため、原子炉建屋の周りの測定を行っています、中性子は測定限度
以下もしくは未満であります、これまでの測定している状況から、有意な
状況ではない。

中性子に関しましては、以前、浮遊していたウラン、プルトニウムを検出し
たことがありますが、中性子が無いということは防守線とは考えられな
い。

たまたま、キュリウムが自発核分裂を起こしてキセノンを発生させることも
あるが、そこを今評価しておりますが、損傷燃料から、炉停止後から、
格納容器のなかで拡散されると、このような状況になるのか?

あるいは、局所的な状況になっているのか、評価しているところだが、
いずれにしましても温度を冷やす状況ではない。

私どもの評価は、一時的に核分裂反応が一般的な見地から起きていると
考えております。

水素爆発を抑止するために窒素をいれておりますが、格納容器のフラン
ジやら、シール部位から漏れていると思われますが、放射性物質の抑制
から、STEP2の環境への配慮から、ガスを外部に漏れるを防ぐようにガス
管理システムへ流すように今回の希ガスを検出できる状況になりました。

今後の対応にしましては、ホウ酸水、ホウ酸の袋状のものを臨界と判断し
た場合は、注水ポンプから、注入するように考えている。今朝に注入は480kgを投入。

1、3号機にかんしては、このようなガスの検出は起きていない。

ただ、可能性に関しましては、2号機で起きていることは、1,3号機で起き
ていることも想定しております。

小規模な臨界といいますか、核分裂が起きておりますが、JAEAと相談し
たいと考えております。
いろいろな現象を想定しておりますが、今後に関しましては、臨界が起き
ることは低いと評価しておりますし、したがいまして、今後さらに冷えていく
としましても、臨界の可能性が増えますが、それほどまぁいわゆるコント
ロールできない状況ではなかろうと思います。

今後は早く見つけて対応をとれる手段が必要と考えられ、よく議論する必
要があると考えてます。

コントロールの根拠にしましては、モニタリングを通じまして原子炉の状況
を監視可能ですので、臨界を押さえることはできると思っております。

キセノンの量としましては、多いのか少ないのかは判断できておりません
が、現在この量が、どのくらいの核分裂反応で出てきているのか評価して
おります。

短半減期核種でありますので、臨界につきましては、再評価中。

キセノン133と135はほぼ同量が出ていると思われるが、きちんと評価し
たい。

13:51サンプリング開始、14:20、15:54(2000秒測定)
サンプリングについては、昨日、13:51~14:20サンプリングし、2000秒
測定しております。

今後のサンプリング予定は、今回のをもう一度測定しなおすのと、ホウ酸
いれた後の落ち着いた状況でのガスをサンプリングして測定するが、
今後の予定は未定。

局所的な臨界は、ガス管理システムを設置したことによって、サンプリン
グできるようになりましたが、もともとあったか、今回新たなガスなのか、
臨界条件がそろったのか、内部の状況が変わったのかと思っておりま
す。

冷温停止に関しては、追加的な対策はガス管理システムにより、検知の
仕組みを強化すると考えておりますが、物理的に他のいい手を加えること
はないです。

温度・圧力をモニタリングしておりますので、再臨界がおきても、ホウ酸注
入で対処できると考えている。

8月中のサンプリングで、検出可能だったのであるが、格納容器の圧力
や、温度からみても検出されるものではないと考えている。

再臨界を起こす条件として、冷やしすぎてしまうことがあるので、注水量
に関してのコントロールについては、よく検討する必要がある。


原子炉の原理‐核分裂
(主要な核分裂生成物の核分裂収率・半減期のリストがあります。)
http://www.geocities.jp/atom2314/kisogenri
/untenbougai.html.
関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/116-b057ccf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。