福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

世田谷・八幡山の高線量 まとめ
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

世田谷・八幡山の高線量 まとめ 



世田谷・八幡山の高線量 地中に試薬の瓶

朝日新聞 2011年11月1日18時10分
http://www.asahi.com/national/update/1101/TKY201111010480.html

東京都世田谷区八幡山1丁目のスーパー付近で検出された高い放射線量に
ついて
文部科学省などが1日に調査したところ、
ラジウム226が原因物質の可能性が高いこと
が分かった。


ラジウムが崩壊してできる物質に特徴的な放射線が検出された。
東京電力福島第一原発の事故で放出されたものではないと考えられる。

文科省や世田谷区などによると、高線量が見つかった2カ所のうち、店の敷地内
の毎時110マイクロシーベルトの地点を掘削した。
土壌から放出されるガンマ線のエネルギーを測ると、ラジウムが崩壊して
生まれる別の物質が検出されたという。




世田谷 ラジウム226の可能性

11月1日 18時42分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111101/t10013659511000.html

東京・世田谷区のスーパーの駐車場などの地表で高い放射線量が検出された
問題で、地面を掘り返して調査した結果、ラジウム226という放射性物質が
原因である可能性が高いことが分かりました。
地表から40センチの深さの場所からは試薬の瓶が見つかり、文部科学省が
瓶の中身を調べることにしています。

この問題は、世田谷区八幡山のスーパーの駐車場と、隣接する歩道の合わせ
て2か所の地表で、1時間当たり最高で170マイクロシーベルトの高い放射線
量が検出されたもので、アスファルトの下に何らかの放射性物質があるとみら
れていました。

現場では1日から原因を特定するため、文部科学省の立ち会いの下、専門の
業者が2か所のうち駐車場側を掘り返す作業を始めました。その結果、
深さ30センチの土壌からラジウム226という放射性物質が崩壊した時にできる
物質が検出され、今回の放射線はラジウム226が原因である可能性が高い
ことが分かりました。

ラジウム226は、先月12日に世田谷区の別の場所で高い放射線量が検出され
た際、近くの住宅の床下から見つかったものと同じ物質です。
以前はがんの治療に用いられていたほか、時計の文字盤を光らせる夜光塗料
の材料などとして使われていました。

文部科学省によりますと、1日行った調査では、さらに土を掘り進めた深さ40
センチの場所で試薬の瓶が見つかったということです。
また、その場所で計測した放射線量は1時間当たり40ミリシーベルトとかなり
高い値で、その真上の地表でも1時間当たり1ミリシーベルトを計測したという
ことです。
現場付近は、放射線を遮る遮へいを行い安全を確保しているということで、
文部科学省は2日以降、見つかった試薬の瓶の中身を調べることにしていま
す。




<高放射線量>掘削準備始まる 東京・世田谷のスーパー周辺

毎日新聞 11月1日(火)12時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111101-00000030-mai-soci

東京都世田谷区八幡山のスーパー「パワーラークス世田谷店」周辺で
最大毎時170マイクロシーベルトの高い放射線量が検出された問題で、
店の委託を受けた専門業者は1日午前、アスファルトの下にあるとみられる
線源を掘り起こす作業の準備を始めた。

【写真特集】高放射線量が計測された場所、地図など


高線量が見つかった2カ所のうち、毎時110マイクロシーベルトが計測された
店舗入り口から約6メートルの地点で作業を始めた。同店によると、放射性物質
の飛散防止のために現場を覆ったシートの中でアスファルトをはぎ、核種を
調べながら手で土を掘り進める。線源が判明して撤去できれば、周辺の土壌改
良をして埋め戻す。

業者によると、170マイクロシーベルトが計測された店舗脇の歩道も核種が
同じとみられ、敷地内の作業を終えてから除染に取りかかる予定。




世田谷 “放射性物質”撤去作業へ
11月1日 7時56分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111101/t10013642241000.html

東京・世田谷区のスーパーの駐車場などの地表で高い放射線量が検出された
問題で、アスファルトの下にあるとみられる放射性物質の撤去作業は、1日午前
中から行われる予定で、作業が完了するには2週間程度かかる見通しです。

この問題は、世田谷区八幡山のスーパーの駐車場と隣接する歩道の合わせて
2か所の地表から1時間当たり最高で170マイクロシーベルトと高い放射線量
が検出されたもので、文部科学省は、アスファルトの下に何らかの放射性物質
があるとみています。

スーパーの土地は全国農業協同組合中央会が所有していて、アスファルトを
掘削して放射性物質を撤去する作業が1日午前中から行われる予定です。
作業は、放射性物質や土などが飛び散らないよう、現場付近をシートで覆った
うえで行われます。
駐車場での作業には数日かかり、その後、歩道の作業に取りかかるため、
撤去作業がすべて完了するのは2週間程度かかる見通しだということです。
世田谷区は「放射性物質の種類は特定できていないが、文部科学省は周辺の
住宅地には影響はないとしているので、冷静に対応してほしい」と話しています。




東京・世田谷で110マイクロシーベルト スーパー敷地


東京都世田谷区は28日、同区八幡山1丁目のスーパー敷地内で、最大で
毎時110マイクロシーベルトの放射線量を測定したと発表した。

同日午後1時半ごろ、区民より「高い放射線が測定された」と通報があり、
午後6時50分、文部科学省が測定した。特に高い地点が2カ所あり、うち1カ所
は地表面で毎時約110マイクロシーベルト、もう1カ所は毎時約30~40マイク
ロシーベルトという。

問題の場所以外の周辺では、特に高い数値は検出されていないという。


2011年10月28日21時47分 asahi.com




東京・世田谷で110マイクロシーベルト スーパー敷地

東京都世田谷区における現地調査について(文科省)

原因となる放射性物質の核種は、特定できなかったが、以下の点を踏まえると、
高い放射線量の原因として、東京電力(株)福島第一原子力発電所由来の放射
性物質による可能性は低いと考えられる。


・特に放射線量の高い2地点は、それぞれ狭い範囲のアスファルト上であるこ
と。

・当該2地点は、東京電力(株)福島第一原子力発電所由来により比較的高い
放射線量が測定されると予測されるような雨水、泥・土などがたまりやすいとこ
ろではないこと。

現地調査等を踏まえた文部科学省の対応

○世田谷区役所等に立入禁止等の安全確保措置を引き続き講じるよう要請た。

○今後、土地の管理者、世田谷区等とともに原因究明及び対策を進める予定。



関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/110-a17dbbf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。