福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

玄海原発4号機、1日午後11時頃に運転再開へ
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

玄海原発4号機、1日午後11時頃に運転再開へ 



玄海原発4号機、1日午後11時頃に運転再開へ
(2011年11月1日19時53分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111101-OYT1T01047.htm?from=tw

九州電力は1日、福岡市の本社で記者会見を開き、復水器系のトラブルで
10月に自動停止していた佐賀県玄海町の玄海原子力発電所4号機
(加圧水型軽水炉、出力118万キロ・ワット)の運転を午後11時頃に再開
すると発表した。

東京電力の福島第一原発事故以降、定期検査やトラブルで停止した原発
の運転再開は初めて。4号機は定期検査に入るため、12月中旬から再び
運転が停止する見通し。

九電の山元春義副社長は1日昼、玄海町の岸本英雄町長と隣接する唐津
市の坂井俊之市長と面会し、運転再開に理解を求めた。
発表などによると、夕方には長崎県など周辺自治体に連絡。
一部の自治体からは「性急すぎる」との声が上がったものの、
「地元の理解は得られた」として再開を決めたという。



佐賀新聞 ひびのニュース佐賀のニュース
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2058753.article.html

2011年10月04日更新
玄海原発4号機自動停止 復水器に異常
九州電力は4日、東松浦郡玄海町の玄海原発4号機20+件
(118万キロワット)が午後1時40分に自動停止したと発表した。
蒸気を冷やして水に戻す復水器で異常信号が作動した。
九電によると、放射性物質漏れはない。
福島原発事故後、トラブルで停止した原発の再稼働についての規定はな
く、運転再開の見通しは立っていない。
九電の原発6基のうち稼働しているのは玄海1号機(55・9万キロワット)
だけとなったが、「当面は電力需給に支障はない」としている。

復水器は、タービンを回した蒸気を水に戻し、蒸気発生器に送る設備。
タービンを効率よく回すために真空状態を維持している。
同日午後1時半から関連機器の補修作業をしていたところ、維持できなく
なったことを知らせる信号が作動した。

復水器の真空状態は停止後に回復し、原子炉は高温停止状態で維持して
いる。
今回のトラブルで、非常用炉心冷却装置(ECCS)は作動していない。
九電は「補修作業との関連も含め、原因を突き止めたい」としている。

4号機の自動停止は2008年6月以来。
復水器の異常停止は1985年8月、1号機で空気抽出機の目詰まりが
原因で手動停止している。

4号機は12月中旬にも定期検査に入る予定だった。
九電はこのまま検査に入る可能性について
「原因を調査している段階で、先のことは分からない」と説明。
国は定期検査で停止中の原発再稼働については安全評価など再稼働の
手順を示しているが、トラブルによる停止からの再稼働は定めてない。
経産省原子力安全・保安院は
「原因究明を行い、事故内容を踏まえた上で具体的対策を検討する」として
いる。
福島原発の事故以前は、原因と対策の報告を受けた保安院が内容を評価
して再稼働を許可していた。

4号機の停止で、九電の電力供給力は1577万キロワット
(発電所内使用分含む)となるが、九電は需要が減る10、11月に火力発
電の点検を予定しており、実際の供給力は約1370万キロワットに落ち込
む。

今年3月に作成した計画上の10月と11月の最大需要は1200万キロ
ワット台で、九電は「10月は問題ない。11月は気温次第だが、今のところ
大丈夫ではないか」と見通す。
玄海1号機も12月には定期検査に入り、供給が計画上の需要を下回る
冬の需給対策については現在検討している。

九電から報告を受けた佐賀県は、徹底した原因調査を行い、対策に万全を
期すよう要請。玄海町の岸本英雄町長は「作業に怠りがあったとすれば相
当遺憾。2、3号機の再稼働のハードルも高くなった」と話した。

関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadrifoglio347.blog.fc2.com/tb.php/109-8b2ef6b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。